« PCの終わりの始まりは・・・ | Main | ラリー・エリソン氏のフットボールチーム買収 »

Friday, December 10, 2004

Bill Evans

今日聴いたCD。
これは、私がジャズを聴き始めた割と初期の頃、ある人から勧められて買った。
「初心者でも聴きやすいから」とその人は言っていた。

録音は、1959年12月28日、ニューヨークで。
2曲目の Autumn Leaves (枯葉)は超有名曲(CDでは3曲目も別テイクのAutumn Leaves)。
1曲目の Come Rain or Come Shine もいい。

Portrait in Jazz / Bill Evans Trio

* Bill Evans - Piano
* Scott LaFaro - bass
* Paul Motian - Drums

私の持っているCDは、1987年発売。

Bill Evans

Portrait in Jazz / Bill Evans Trio


© 2004, zig zag road runner.

|

« PCの終わりの始まりは・・・ | Main | ラリー・エリソン氏のフットボールチーム買収 »

Comments

確かに聞きやすいんですが、何度聞いても新鮮な発見があるアルバムだと思います。
トリオということを忘れてしまうくらいに、音が厚いのが衝撃でした。

エヴァンスの繊細なピアノタッチがとても印象的です。

Posted by: disegno | Saturday, December 11, 2004 06:32

disegno さん、コメントありがとうございます。
そう! 「音が厚い」まさにその通りですね。

Posted by: zig zag road runner | Sunday, December 12, 2004 18:27

Bill Evansが好きなひとを見つけると嬉しくなってしまいます。
はじめまして、af_blogのfuRuともうします。
TBさせていただきますね。

Posted by: fuRu | Tuesday, January 25, 2005 12:14

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Bill Evans:

» Bill Evans「ポートレイト・イン・ジャズ」 [hyuma]
エバンスのなかで最も好きな一枚です。ジャズに入ったきっかけです。ともかく、音楽、ジャケットともに最高で、僕にとってクールの代名詞。一曲目の「Come Rain ... [Read More]

Tracked on Saturday, December 11, 2004 03:51

» ビル・エヴァンスについて思うこと [disegno blog]
本当にジャズ初心者なので、本来ならば名前を口にすることすらおこがましいのですが、ビル・エヴァンス。ウェールズ人の父とロシア系移民の母を持つ彼。 なんか、もうそ... [Read More]

Tracked on Saturday, December 11, 2004 06:25

» Portrait in Jazz--Bill Evans [af_blog]
Portrait in Jazz--Bill Evans →amazon 1959年12月28日の録音 黒メガネにスーツ姿で、髪の毛は7-3というか9-1くら... [Read More]

Tracked on Tuesday, January 25, 2005 12:24

» Bill Evans [DAI-NO-BLOG]
あなたに聞いて欲しいDAI的ベストJAZZアルバム 「Portrait In Jazz」〜 1959 RIVERSIDE 〜 Bill Evans(p),Sc... [Read More]

Tracked on Monday, February 14, 2005 01:02

» Tommy Flanagan [zig zag road]
今日聴いたCD。 Tommy Flanagan (トミー・フラナガン) Something Borrowed, Some [Read More]

Tracked on Tuesday, February 22, 2005 00:15

» おはよう・ジャズ。 [バーテンダーな日記]
今日は、ピアノの音で目を醒ます・・。近所で、誰かピアノを弾いているのか?・・・すぐに違うと気づく。オーディオの目覚ましの機能で流れていた・・。それは、ビル・エヴァンスの『ワルツ・フォー・デビイ』だった。布団の中で、寝ぼけながら・・その優しく、美しいメロ...... [Read More]

Tracked on Thursday, April 28, 2005 19:55

« PCの終わりの始まりは・・・ | Main | ラリー・エリソン氏のフットボールチーム買収 »