« 関東からは法政大学が甲子園へ (Clash Bowl決勝) | Main | プリンタ (Canon PIXUS iP4100) »

Sunday, December 05, 2004

IBMのPCについて

IBMがPC事業を売却へ(2004年12月4日)

英国に住んでいた頃、現地で日本語の使えるPCを調達しようとすると東芝のラップトップしかなかった。日本においてもNECのPC98シリーズという特殊な機種が幅をきかせていて、日本が世界の標準的なPCの状況から徐々に遅れていくのを感じていた。IBMがDOS/Vを開発したとき、IBMの人たちが英国まで来てその説明をしてくれるのを聞いて、妙に興奮していた(これでやっと世界の仲間入りができるぞ、みたいな)のをかすかに記憶している。

|

« 関東からは法政大学が甲子園へ (Clash Bowl決勝) | Main | プリンタ (Canon PIXUS iP4100) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48719/2164839

Listed below are links to weblogs that reference IBMのPCについて:

» □■IBM、パソコン事業売却へ…相手先は中国企業 [英国徒然写真日記]
IBM、パソコン事業売却へ 東芝に売却を打診したが断られ、中国のパソコンメーカー*が「買う」そうです。 車では英国MGローバーも事実上、中国企業に買... [Read More]

Tracked on Sunday, December 05, 2004 at 23:18

» 終わりの始まり、始まりの終わり [fRagments]
 ITMediaに「 IBMとLenovo、PC事業で合弁へ。ThinkPadは [Read More]

Tracked on Wednesday, December 08, 2004 at 05:49

» これが始まりの終わり [zig zag road (ビジネス編)]
先日も書いたIBMのPC事業の売却が正式に決まったようであり、2004年12月8日、そのことを各メディアが報じていた。そしてその日、あっちのほうのブログに書いた... [Read More]

Tracked on Thursday, December 09, 2004 at 01:56

» ThinkPadの魂 [fRagments]
 先週、大きな話題になったのがIBMのPC事業売却のニュースである。  このブロ [Read More]

Tracked on Monday, December 13, 2004 at 06:07

« 関東からは法政大学が甲子園へ (Clash Bowl決勝) | Main | プリンタ (Canon PIXUS iP4100) »