« September 5, 2004 - September 11, 2004 | Main | October 24, 2004 - October 30, 2004 »

Wednesday, September 22, 2004

marunouchi oazo

 仕事帰りに marunouchi oazo に寄ってみた。
丸の内オアゾ/Marunouchi oazo

 8月頃から気にはなっていた。中央線快速が東京駅に近付くと、右手にビルが見え「丸善」がその中にオープンすることが予告されていたから。記憶違いでなければ、このあたりは元々国鉄本社ビルが建っていた。
 オープンしたのが9月14日だったから、ちょうど1週間たったことになる。OAZOって、ひとつのビルかと思ってたら、そうではなくて、そのブロックにあるいくつかのビルの集合体をOAZOと呼んでいるようである。
 店舗のメインはやはり書店の「丸善」か。4フロア分の売り場があり広い。あまりゆったりした感じは無いが、その分、在庫している品数は多そう。慣れていないとレジもすぐには見つからない。9月23日まで、森山大道写真展をやっているようなので、行けたら見に行きたい。

森山大道オフィシャルサイト

 10月1日には、丸の内ホテル(7F~17F)がオープンする。シングルで23300円から、ツインで31385円からというのは、場所の割にはリーズナブル。

 ところで、中を歩いていて気付かなかったのだが、「東京自転車生活」の記事 オアゾの謎 によると、oazo 1階の床一面にマンホール上の蓋があるとのこと。それも蓋の模様が四種類あるらしい。ビルの床一面にマンホールというのは、たぶん必要ないだろうから、これは、もしかしてゲージュツなのだろうか。マンホールの蓋は、マンホールの蓋であるが故に鑑賞の対象となりえるようなところがあって、ゲージュツとして設けられたマンホールの蓋(のようなもの)に、例えば林丈二氏ならばどのような態度で接するのだろうと、すこし考えてしまった。


(追記: Good Rhythm: 丸の内・オアゾにも書かれています)

| | Comments (2) | TrackBack (1)

新庄剛志 サヨナラ満塁ホームラン、のはずがシングルヒット

北海道日本ハムファイターズの新庄は、9月20日に札幌ドームで行われた対ダイエー戦で、9回裏二死満塁で打席に立った。この日の試合では、一時は6点差でリードされていた北海道日本ハムが、一旦は逆転したものの、再逆転され、さらに9回に3点を取って12-12の同点としいてた。そこで、二死満塁で新庄。初球を振り抜き、打球は左翼席へ。劇的なサヨナラ満塁ホームラン! のはずだったのが、さすがは新庄。それだけでは終わらない。何と、一・二塁間で前を走っていた一塁走者の田中幸を追い越してしまいアウト(喜びのあまり新庄と田中幸とが抱き合ったらしい)。一塁には到達していたので記録はシングルヒットとなった。新庄がアウトになる前に三塁ランナーがホームに生還していたため、この得点は認められ、結局13-12で北海道日本ハムが勝利した。

プロ野球選手にとっても、サヨナラ満塁ホームランなんか生涯にそう何度もあるものではないが、新庄の存在は完全にそういう価値観さえ超越している。

ちなみに、スポーツコラムニストの玉木正之氏は、「過剰な無意識」とうまく表現している。
新庄剛志讃江 過剰な無意識より抜粋すると、

 人間は、誰でも、どんなときでも、すぐに考えてしまう。考え込み、悩んでしまう。そこから考えに考えて、解決法を見出し、その解決法によって成功すれば、イチローのような「自意識過剰」な人間になるのだろう。が、新庄は、考えない。悩まない。考える前に、手が動き、身体が動き、口が動く。そして、ホームランを打ったり、敬遠の投球に飛びついてヒットにしたり、とつぜん野球をやめるといいだしたり、アメリカに行くと言ったり、フェラーリを買ったり、売り飛ばしたりする。

うーん、深い。この玉木氏の記事は、2003年12月に掲載されたものであるので言及されていないが、新庄は、2004年夏のオールスターゲームで、オールスター史上初の単独ホームスチールを成功させたりもしている。

今、プロ野球は、合併とか、リーグ再編とか、選手会によるストとかでいろいろともめている。そういったニュースにも興味があるのは確かだが、それはそれとして、やはりグランドの上で見せてくれるプレーに一喜一憂できるのは、スポーツ観戦者としての最大の喜びである。

ところで、パシフィックリーグは今年から(来年も? もしパ・リーグがまだあるならば)、プレーオフ制度を導入しておりレギュラーシーズンで3位のチームまでリーグ優勝の可能性が残されている。今、北海道日本ハムと千葉ロッテとが、まさにその最後のプレーオフ出場枠を得るために、僅差の3位争いをしている。

先週までは千葉ロッテのほうがやや優勢かと思われたが、日本のプロ野球史上初の選手によるストライキが行なわれ、18日(土)と19日(日)のゲームが中止となった。これらストによる中止試合の再試合は行なわれないことになっており、その結果、20日の試合が終わった時点で、北海道日本ハムの残り試合は3、千葉ロッテのそれは1。両チームのゲーム差は0.5で、北海道日本ハムがリード。ストが微妙に影響して、この20日の試合は北海道日本ハムにとっても落とせないゲームとなっていたわけである。

この日の入場者数は4万2千人で、今期最多。地元チームがリードされても帰る客はおらず、9回まで応援していたそうである。やっぱり、経営がしっかりしていれば、フランチャイズ展開によるファンの獲得って可能なんだろうなと再認識した。

新庄剛志に関する本
新庄語録
ドリーミングベイビー / 新庄剛志 著

(c) 2004, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 5, 2004 - September 11, 2004 | Main | October 24, 2004 - October 30, 2004 »