« November 7, 2004 - November 13, 2004 | Main | November 21, 2004 - November 27, 2004 »

Thursday, November 18, 2004

阪神の藪投手、Anaheim Angels入りか?

Anaheim Angels

阪神タイガースの藪恵壹投手(36歳)がFA宣言して大リーグ移籍も視野に入れていることは、10月の時点で既に日本のメディアでも紹介されているが、具体的な球団名として、Anaheim Angelsの名前が出てきた。

2004年11月16日(7:57 PM ET)付のMLB Newsの記事によると、

The Japan Times reported that longtime Hanshin Tiger Keiichi Yabu returned from the States on Monday and is interested in pitching in the Major Leagues. The Times said rumors have surfaced that Yabu -- a 36-year-old who has filed for free agency -- has drawn interest from the Angels, among other clubs.

とのこと。

Anaheim Angels #1
Anaheim Angels #2


© 2004, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

15歳のプロ野球選手

ドラフト

ダイエーホークスを、その興行権とともにソフトバンク(現在、社名変更検討中)が買収する方向で固まってきて、球界再編もとりあえずは一段落ついてきた(西武ライオンズはまだ不透明だが)が、そんななかで11月17日、ドラフト会議が行なわれた。

「裏金問題」で注目された一場靖弘投手(明治大学)は自由枠で東北楽天ゴールデンイーグルスに、「超高校級」と言われたダルビッシュ有投手(東北高校)は意外と無抽選で北海道日本ハムファイターズに1位指名された。

驚いたのは、阪神タイガースの第8巡目指名の辻本賢人投手。この辻本投手は、何と15歳で、日本プロ野球のドラフト史上最年少の被指名選手だそうである。日本の学校に在学していれば、ドラフト対象には規則上ならないのではないかと思うが、辻本投手は12歳のときに自ら野球留学の道を選んで現在は米国のマタデーハイスクール在学中(但し、休学中)とのことで、それで指名可能だったのだろうか。

それにしても、「15歳」というのはインパクトがある。「源五郎丸洋」以上にインパクトがある。

さらに驚くのは、この辻本投手、2000年の映画「岸和田少年愚連隊 岸和田少年野球団」に、11歳のときに少年野球選手役で出演。この映画出演をきっかけとしてテレビCMにも出演済みとのこと。

辻本投手に現在マンツーマンでコンディショニングを指導しているトレーナーの立花龍司氏は、元々、ロッテと近鉄でもコンディショニングを担当していた人で、プロ野球界でも信奉者が多いそうだが、その立花氏もが、辻本投手のことを将来有望で「スゴイ」と感じているそうだ。現時点で、時速141キロの球を投げるが、将来は160キロをマークする可能性もあるとか。

活躍を期待したい。

なお、規則については、スポニチの記事に記載されている。
http://www.sponichi.co.jp/baseball/kiji/2004/10/30/02.html によると、

 1991年以降、ドラフト外入団は廃止され、新人選手はすべてドラフト指名か、自由獲得枠での入団に限られる(野球協約133条の2)。
 新人選手とは日本の中学、高校、大学の在学者(または経験者)で日本の球団と契約したことのない選手を指す。日本の中学、高校、大学に在学経験はなくとも、日本国籍を有する者は新人選手とする(同133条)とあり、今回の辻本選手のケースが該当する。
 ただ、今回の同選手は米国の高校を休学中で、入団契約する場合、退学した上で行うことになる。日本で在学中の選手は卒業見込み(同135条)か、同年度の4月1日以前に退学した選手(同135条の2)でないと選択(指名)できない。外国の場合、退学の規定がなく、特例と言える。

--

げんまつWEB タイガース歴史研究室~猛虎歴研~

ドラフト2004 ドラフト候補選手顔写真名鑑
NIKKAN SPORTS GRAPH


(c) 2004, bskklog.

| | Comments (1) | TrackBack (14)

Tuesday, November 16, 2004

infumiaikumiai (韻踏合組合)

今日、たまたま、大阪をベースに活動するグループ韻踏合組合(いんふみあいくみあい)のサイトを初めて訪れた。そこで視聴試聴できるようになっているのだが、「ジャンガル」という曲に妙にはまってしまって、ほぼ一日中聴いていた。いい曲だ。癒しっぽいのだが、何だか脳を直接刺激してくるような感じの音。ちなみに、「ジャンガル」とはヒンドゥー語で「ジャングル」を意味する言葉だそうだ。あと、「揃い踏み」という曲も、何か迫ってくるような音。いい。

ちなみに、サイトで試聴できるのは、1.揃い踏み、2.ジャンガル、3.グリーン車の3曲で、1.はファーストフルアルバム「クリティカルイレブン」に、2.と3.はセカンドフルアルバム「ジャンガル」に入っている。

オフィシャルなディスコグラフィ(http://www.infumiaikumiai.com/disco_cd.html)によると、「ジャンガル」は、

 CHIEF ROKKA、HEAD BANGERZ、NOTABLE MC、ILL MINT。IFK結成時からのメンバーが揃った第一期IFKの集大成。
リリック、トラックともに格段の進化を遂げ、一種の完成形をみせる。各誌の年間チャートにメジャーアーティストと並んでランクインするなど絶大なる評価を得るとともに、IFKの名をシーンに刻みこんだ。

とのこと。

とりあえず「ジャンガル」を買ってみることにしよう。

韻踏合組合

1stフルアルバム「クリティカルイレブン」

2ndフルアルバム「ジャンガル」

(c) 2004, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

木村カエラの「Kaela★Blog」

木村カエラのblog 「Kaela★Blog」で、地震の発生が予告されていた。

2004年10月19日の記事「地震」に掲載されている地震雲が撮影されたのがおそらく10月18日。そして、新潟県中越地方地震(震源地付近で震度6強)が発生したのが10月23日(土曜)の夕方。

KAELA / 木村カエラ

2004/12/08発売

(c) 2004, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Monday, November 15, 2004

Blogに関わる著作権 (2) ~ Niftyの場合

今朝、Blogに関わる著作権という記事を書いたのだが、今、このblogの管理画面を見ていたら、Cocologを管理しているNiftyから、「ココログの利用規約に著作権についての記述を追加しました。」というアナウンスが出ていた。
(http://info.cocolog-nifty.com/info/2004/11/post_7.html)

http://www.cocolog-nifty.com/enter.htm に記載されている利用規約第11条を参照すると、

第11条(ニフティによる利用)
ユーザーが作成したホームページに係る著作権は、原則ユーザーに帰属しますが、ニフティは、サービスの広告・宣伝、利用促進の目的に限り、メタデータ(RDF Site Summary形式など)で配信されたblog上の情報を、ニフティが管理・運営するWebサイトに掲載することが出来るものとします。

(下線は引用者が引いたものであり、今朝の時点から追加された箇所を示す)


となっている。タイミング的に考えて、明らかにlivedoor blogの規約変更騒ぎを意識した追記であろう。
尤も、利用者が書いたテキスト等の著作権は利用者に本来原始的には帰属するはずのものであるから、本日追加された内容は、単なる確認のための明記であると解釈してよいだろう。

それにしても、対応の早さにちょっとだけ感心した。

ここにも、やや詳しい解説が載っている。:
バーチャルネットアイドル 更紗姫11歳のイチゴ畑日記!:livedoorの件の続き・・・

(c) 2004, bskklog.

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Blogに関わる著作権

dawnというblogにblogに於ける著作権という記事が書かれている。

これによると、livedoor Blogの規約が改正され、

第8条 (ウェブログの公開について)
(変更後)
本サービスにて作成されている全てのコメントおよびトラックバックを含むウェブログについて、弊社は、利用者への通知なしに無償で利用することができるものとし、利用者は、弊社及び弊社の指定する者に対し、著作権等(著作者人格権の行使も含む)を行使しないものとします。

となったそうである。「無償で」という言葉が追加されたのと、「弊社及び弊社の指定する者に対し、著作権等(著作者人格権の行使も含む)を行使しない」という一文が新たに入ったらしい。これでは、利用者の権利が過度に制約されていると考えざるを得ない。

因みに、ニフティのblogサービス「ココログ」の2004年3月16日付の利用規約では、

第11条(ニフティによる利用)
ニフティは、サービスの広告・宣伝、利用促進の目的に限り、メタデータ(RDF Site Summary形式など)で配信されたblog上の情報を、ニフティが管理・運営するWebサイトに掲載することが出来るものとします。

となっており、livedoorに比べると、利用者の権利が尊重されている。一利用者としても現時点では許容できる規定となっている。

また、fc2 blogの利用規約(http://blog.fc2.com/kiyaku.html)では、

■BLOGの公開について
FC2BLOGにて作成される全てのウェブログについて、FC2運営において必要とされる宣伝等を目的として利用者への通知無しに自由に利用する事が出来るものとします。その場合、意図的な削除等は禁止いたします。

(中略)

■財産権について
ユーザーはFC2ブログ内において自己が作成したテキスト・画像等の内容について著作権を有するものとします。
テンプレートに関する著作権はFC2が有します。
変更後のテンプレートも同様にFC2が著作権を有します。
FC2はユーザーが作成したコンテンツを転載、要約する権利を有します。


と、ニフティとほぼ同様の規定であると考えられるが、「財産権について」の項において各著作物の著作権の帰属を確認的に明示している。

ちょっとlivedoor blogは、使いにくそうである。

関連blog:
Pon:ライブドア、規約改定問題
絵文録ことのは:LivedoorBlog以外にも権利侵害規定!ブログ著作権規約を全チェック

(c) 2004, bskklog.

| | Comments (1) | TrackBack (3)

写真を撮っていてふと想ったこと

同じく写真を撮るという行為をしているのに、お仕事として撮ると非常に疲れてしまうのは、なぜだろう。

(c) 2004, bskklog.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, November 14, 2004

アメフト 関東大学リーグの試合

2004年11月13日、川崎球場へ、アメフト関東大学リーグの試合を見に行ってきた。かつてプロ野球の大洋ホエールズ(現・横浜ベイスターズ)やロッテオリオンズが本拠地としていた川崎球場、さらに言えば阪神タイガースの佐野選手が外野フライを追ってフェンスに激突した川崎球場は、知っている人は知っていると思うが、現在はスタンドが撤去され、また新しい人工芝が敷かれており、アメフトの試合ではグランドレベルに降りて観戦することが可能となっているというある意味貴重な場所である。

今日の第1試合は、慶應義塾大学ユニコーンズ 対 日本大学フェニックス。日本大学は、第1Qにリードされたものの、その後、パスを中心とする多彩な攻めで、慶応の守備を切り崩し、結局42対25で勝利した。日大の勝利は一応予想通り。これで日大はリーグ戦の全試合を終了し、成績は4勝2敗となった。明日(11月14日)の専修大学対東海大学の結果次第では関東大学選手権(クラッシュボウル)準決勝に進出する可能性が残った。日大は、今年は日大三高出身者を含めて多くの新入部員を獲得したことなどをベースとして、着実にチーム再建を行ないつつあるように思える。

asahi.comの記事(http://www.asahi.com/sports/spo/TKY200411130234.html)によると、

 14日の専大-東海大戦で、(1)専大が勝つか引き分ければ専大(2)東海大が38点差以上で勝てば東海大が進出。(1)、(2)以外のケースは日大がプレーオフに進む。

第2試合は、立教大学ラッシャーズ 対 横浜国立大学マスティフス。先週までで、立教大学が1勝4敗、横浜国立大学が2勝3敗。この試合に負けたほうが2部との入替戦に出場しなければならず、両チームとも必死さの伝わる戦い方だった。思ったとおりの接戦となり、スタッツ的には立教のほうがほぼすべてにおいて上回っていたようだが、結果的には24対22で横浜国立大学が逃げ切り勝ち。横浜国立が前半終了間際に短時間のドライブで決めたTDが効いた。また、立教大学の前半のセンターライン付近からの4thダウンギャンブル失敗も、結果的に接戦になっただけに、立教にとっては痛かったと思う。横浜国立大学は、リーグ戦を終わって3勝3敗で来季も一部残留が確定した。WRの仲山恵都(23番)は4年生なので卒業するはずだが、QBの中嶋俊輔(17番)が2年生、RBの横川翔馬(29番)がまだ1年生で、来年も楽しみなチームである。

明日も横浜スタジアムで観戦の予定。

(c) 2004, bskklog.

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« November 7, 2004 - November 13, 2004 | Main | November 21, 2004 - November 27, 2004 »