« November 21, 2004 - November 27, 2004 | Main | December 5, 2004 - December 11, 2004 »

Saturday, December 04, 2004

立命館大学が関西学院大学を破り甲子園へ

アメフト関西学生リーグ、甲子園ボウル出場校を決定するためのプレーオフは、第4クォーター終了時点で14対14の同点。オーバータイムの末、24対21で立命館大学が勝利。

試合開始は17:00。試合終了は20:00頃?

| | Comments (1) | TrackBack (5)

IBMがPC事業を売却へ

現在、「PC」と呼ばれているものは、以前は「IBM PC」または「IBM PC compatible」と呼ばれていた。かつて、様々なPCが存在したが、それらの中でIBM PC(とそのコンパチ機種)がビジネス的に残っている(Macもあるが)。その「本家」に関するニュースである。

2004年12月3日の New York Times の記事によると、International Business Machines Corporation (IBM)が、PC事業を売却するとのこと。売却の範囲は、デスクトップ、ラップトップ、ノートブックのすべてのPCを含み、その売却額は10億ドル~20億ドルの範囲となる見込み。

IBMは、既にハードディスク事業を日立に売却済みである。例えば、一眼レフデジカメなどで使用されるMicrodriveは、従来はIBMブランドだったが、現在は「Hitachi」ブランドで売られている。

PCはコモディティ化しており、企業向けシステムおよびサービスを事業の中核に据えるIBMとしては、この売却は妥当な経営判断と言えるだろう。

(c) 2004, zig zag road runner.

| | Comments (1) | TrackBack (19)

Thursday, December 02, 2004

Blog界

ITmedia 「7分で分かる11月のBlog界」
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0412/01/news006.html
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0412/01/news006_2.html

1ヶ月間の動きが、網羅的且つ簡潔にまとめられている。

私が注目したのは、やはり、著作権関係だった。
参照:
Blogに関わる著作権
Blogに関わる著作権 (2) ~ Niftyの場合

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ビデオ検索技術

CNET Japan Blog の [渡辺聡・情報化社会の航海図]の中で、「戦場はビデオ検索技術へ」(※URLは下を参照)という記事を読んだ。

Google, Microsoft, Yahoo の3社が、ビデオ検索技術を開発中であることを紹介している。また、各社のアプローチについても述べられている。

Googleのアプローチは、TV番組とそのクローズドキャプションテキスト(つまり、TV番組放送時に流れている音声をテキスト化した情報)を記録し、このテキスト情報を索引化することにより、番組のテーマや関連キーワードを検索できるようにするようである。

Microsoftのアプローチは、記事内にはいろいろ書かれているが、その技術的本質は必ずしも明らかにされていない。が、まあメタタグを付与して、それを索引して検索する技術のようである。

Yahooのアプローチは、ビデオコンテンツのXMLフィードを収集して、そこに含まれる何らかのメタ情報を索引化するようである。

3社に共通することは、いずれも決して「ビデオ検索」そのものではないということである。つまり、画像ないしは映像そのものを解析あるいは解釈してそれを検索するのではなく、何らかの手段によって予め付与されたメタ情報(テキスト情報)を検索するものである。この限りにおいては、従来のテキスト検索技術の単なる延長線上に位置する技術であり、ビデオ検索のための本質的な変革をもたらすものではない。

上記のような各社のアプローチの次のステップとしては、やはり、画像あるいは映像そのものを検索する技術の開発が望まれる。


※ 「戦場はビデオ検索技術へ」
(http://blog.japan.cnet.com/watanabe/archives/001896.html)

SW's memo


(c) 2004, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Tuesday, November 30, 2004

バンド・エイド20 Band Aid 20


Do They Know Its Christmas? / Band Aid 20 [UK盤, 2004/11/29]

ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス? /バンド・エイド20 [日本盤, 2004/12/22]


何気なく今日の夕刊を読んでいたら、「バンド・エイド再び 飢餓救済CD 英国で発売」という小さな記事が目についた。

英国で2004年11月29日、スーダン西武ダルフール地方の飢餓などへの支援を目的にしたチャリティーCDが発売されたのとこと。ロンドン市内のショップでは、当日、開店時間を早める対応も行なったとか。

20年前の1984年、Bob Geldof が中心となった「バンド・エイド」がエチオピア飢餓救済を目的に「Do They Know It's Christmas?」を出した。今回の「バンド・エイド20」はその再現であり、29日に発売されたCDも、同じ曲「Do They Know It's Christmas?」である。このCDには、1984年のオリジナルバージョンと、1985年7月にWembley Arenaで行なわれたLive Aidでのバージョンも収録されているようである。

今回プロデュースしたのはナイジェル・ゴルドリッチ。参加したアーティストには、ダークネスのジャスティン・ホーキンス、ジョス・ストーン、ジャメリア、ジョス・ストーン、U2のボノ、ロビー・ウィリアムス、ポール・マッカートニー、ミス・ダイナマイト、デイモン・アルバーン、ディジー・ラスカルなどが含まれているようである。

ORICON STYLE(http://www.oricon.co.jp/music/news/041122_02.html)には、Bob Geldofへのインタビューが掲載されており、それによると、

彼は、「当時、バンドエイドを支持してくれた人たちは、今や影響力のある立場にいる」、そして「資金を調達するだけでなく、政治的な要求をする」と主張しているようである。

まあ、いいのだが、Band Aid以前の、The Boomtown Ratsの「I Don't Like Mondays」や「Rat Trap」や「Banana Republic」などを好んで聴いていた者としては、このような政治的動きにはあまり興味がないというのが、正直なところではある。

なお、日本盤も12月22日に発売されるようであるが、既に、Amazon.co.jpで英国盤が入手可能となっている。

Live Aid [DVD, 4枚入]


ボブ・ゲルドフ

Amazon.com(米国)では、The Boomtown RatsのCDが、まだいろいろと販売されているようである。
The Boomtown Rats

--

旬のイギリスでは、「Appleの iTuneではダウンロードできない理由」について、BBCのニュースが紹介されている。


(c) 2004, zig zag road runner.

| | Comments (1) | TrackBack (7)

Monday, November 29, 2004

少女レツナ

非常に不思議なものを見つけた。


少女レツナ 福島メグミコ・著

合法童話全集一
検閲済 小児向特別版

ってどういうこと?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

明治製菓本社ビル

明治製菓本社ビル(東京都中央区京橋2丁目)が完成している。しばらく前から工事中で、ときどき気になっていた。

1Fでは、フレンチレストランのシェ・イノ(chez inno)が12月1日に開店する。
京橋3丁目の第百生命ビルから移転してくるとのこと。

1Fには、「100% Chocolate Cafe」という名前のカフェも、現在開店準備中であり、こちらのほうは12月7日17時に開店するらしい。

(c) 2004, zig zag road runner.

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Sunday, November 28, 2004

Lee Morgan

今日聴いたCD。
これを買ったのも1990年代前半だった。
録音は、1957年11月18日と1958年2月2日。
プロデューサーは、あの Alfred Lion。
収録されている7曲の中では、3曲目の「C.T.A.」が好き。
4曲目の「All the Way」も味がある。
ピアノは、Sonny Clark。トランペットのいわゆるワン・ホーン・カルテット。

Candy / Lee Morgan

* Lee Morgan - Trumpet
* Sonny Clark - Piano
* Doug Watkins - Bass
* Art Taylor - Drums

Lee Morgan

Candy (キャンディ) / Lee Morgan

noppo's blogによると、この作品が作られたとき、Lee Morganはまだ19歳だったとか・・・

(c) 2004, bskklog.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

撮影すること

今日は、あるミュージシャンを撮影。
その合い間にいろいろと話をした。
そのミュージシャンも、写真のことをわかっている。
人の写真を撮っていると、その人が他人に対して置いている距離感がわかるとか。
撮られる側としては、自分でいろいろ考え抜いて撮影に臨む場合と、相手にまかせてしまう場合があるとか。
いろいろ参考になる。

(c) 2004, bskklog.

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Dexter Gordon

今日聴いたCD。
このCDも、1990年代前半に買った記憶がある。
録音されたのは1963年5月23日で、プロデューサーはFrancis Wolff。
ピアノに、Bud Powellがはいっている。
'60年代のジャズは、味わい深くてよい。
5曲目の A Night in Tunisia は、曲としては、最も好きな曲のひとつ。
この曲のイメージを確かめるために、わざわざ Tunisia まで行ったほど。

Our Man in Paris / Dexter Gordon

* Dexter Gordon - Tenor Sax
* Bud Powell - Piano
* Pierre Michelot - Bass
* Kenny Clarke - Drums


Dexter Gordon

Our Man in Paris (アワ・マン・イン・パリ) / Dexter Gordon

(c) 2004, bskklog.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 21, 2004 - November 27, 2004 | Main | December 5, 2004 - December 11, 2004 »