« November 28, 2004 - December 4, 2004 | Main | December 12, 2004 - December 18, 2004 »

Saturday, December 11, 2004

ラリー・エリソン氏のフットボールチーム買収

OracleのCEOであるLarry Ellison氏の家に、一度だけ行ったことがある。

私が訪れたのは、Ellison氏が所有する複数(?)の家のひとつであり、広大な敷地に建てられた純日本建築のものである。建築に造詣が深いEllison氏は日本からわざわざ大工を呼び寄せてその家を建てさせたそうだ。家の中には数々の美術品が置いてあり、日本の中世の仏像(国宝級?)なども飾られていた。

彼は、欲しいものは何でも手に入れるタイプの人間のようである。噂によると、数十億円もする戦闘機も個人で所有していたとのこと。パイロットのライセンスも持っているとも聞くが、まさか自分で戦闘機を操縦するのだろうか。

そんなEllison氏でも中々手に入らないものは、People Softだけではない。自社が主催する展示イベント「OpenWorld」での講演中に、NFLチームの買収についての質問に答えたとのこと。CNET Japanの記事(※1)によると、

Ellisonは演説中に同チームについて問われ、「残念ながら(49ersは)公開企業ではないため、総会決議で(2人のオーナーを)辞めさせることはできない」と答えた。

(中略)

しかしEllisonは、49ersのオーナーに対する辛らつな言葉を用意していた。「(彼らが所有している間に、49ersは)リーグで最低のチームになり果ててしまった」(Ellison)

 Ellisonは、今シーズンに入ってわずか1勝しただけで、あとは連敗続きの49ersの成績に触れ、「1つ勝てれば上出来だろう」と語った。

S.F. 49ersの買収はうまくいかなかったが、2004年11月2日の記事(※2)でも書いたように、NFLのオーナー会は2008年にLos Angelesに新チームを設けることを検討しており、そのチームをEllison氏が所有する方向で調整が進められているようである。

もし彼がチームを所有することになった場合、OracleというIT企業とエンターテイメント産業であるNFLチームとの間のシナジーを追求する経営をするのか、全く別物として扱うのか、今から興味が湧く。

【アメフト】

Larry Ellison

※1:CNET Japanの記事:買収に苦労は付きもの

※2:2004年11月2日の記事:Larry Ellison とフットボール

(c) 2004, zig zag road runner.

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Friday, December 10, 2004

Bill Evans

今日聴いたCD。
これは、私がジャズを聴き始めた割と初期の頃、ある人から勧められて買った。
「初心者でも聴きやすいから」とその人は言っていた。

録音は、1959年12月28日、ニューヨークで。
2曲目の Autumn Leaves (枯葉)は超有名曲(CDでは3曲目も別テイクのAutumn Leaves)。
1曲目の Come Rain or Come Shine もいい。

Portrait in Jazz / Bill Evans Trio

* Bill Evans - Piano
* Scott LaFaro - bass
* Paul Motian - Drums

私の持っているCDは、1987年発売。

Bill Evans

Portrait in Jazz / Bill Evans Trio


© 2004, zig zag road runner.

| | Comments (3) | TrackBack (6)

Thursday, December 09, 2004

PCの終わりの始まりは・・・

Michael Dellが「IBM-レノボのPC事業合併はうまくいかない」とコメントしようがしまいが、IBMのリストラクチャリングは(そしてPC業界自身のそれも)進行していく。中国最大手のPCメーカーLenovo Groupは、IBMのPC事業を17億5000万ドルで買収すると発表した。

関連記事を、こちらに ⇒ これが始まりの終わり

(c) 2004, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Tuesday, December 07, 2004

プロ野球交流試合/Baseball

12月6日、日本野球機構(NPB)から、2005年プロ野球のセ・パ交流試合の日程が発表された。
http://www.npb.or.jp/schedule/2005inter.html

これによると、ゴールデンウィーク明けの5月6日(金)から6月16日(木)まで、ずーっと交流戦のみのスケジュール。この6週間、同リーグのチームとは一切対戦しないことになる。

何か、もう少し日程を分散させることは出来なかったのだろうか。

(c) 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (1)

シスコと富士通の提携

CNET Japan の記事などによると、2004年12月6日、シスコと富士通が提携を発表。

くわしくは、こちらに ⇒ シスコと富士通の提携

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, December 06, 2004

プリンタ (Canon PIXUS iP4100)

Canon PIXUS

そろそろ年賀状のことを考えなければならない。
と言いながら、結局いつものように、今年も12月31日頃にあわてて投函しているのだろう。
写真印刷用に安くて良さそうなプリンタがいろいろ出ている。

これなんか、特に、年賀状をプリントする分に良さそう。写真プリントの質も良さそう。
長谷川京子がCMやってるやつ。今年10月の発売。

Canon PIXUS iP4100

決め手になる特徴としては、
解像度 4800dpi×1200dpi
「ダブル・ブラック」
ChromaLife 100 で 「アルバム保存100年」
裏返さなくても自動両面プリント
DVDやCDにダイレクトプリント
サイレント・モード


VooVの日記。:プリンター届く
・・・BLOGって。: プリンター 欲しいです・・・の続き。
a3oの生態:年賀状にそなえて

| | Comments (3) | TrackBack (1)

Sunday, December 05, 2004

IBMのPCについて

IBMがPC事業を売却へ(2004年12月4日)

英国に住んでいた頃、現地で日本語の使えるPCを調達しようとすると東芝のラップトップしかなかった。日本においてもNECのPC98シリーズという特殊な機種が幅をきかせていて、日本が世界の標準的なPCの状況から徐々に遅れていくのを感じていた。IBMがDOS/Vを開発したとき、IBMの人たちが英国まで来てその説明をしてくれるのを聞いて、妙に興奮していた(これでやっと世界の仲間入りができるぞ、みたいな)のをかすかに記憶している。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

関東からは法政大学が甲子園へ (Clash Bowl決勝)

味の素スタジアムへ、アメフト関東大学リーグクラッシュボウル決勝戦(中央大学ラクーンズ対法政大学トマホークス)を見に行ってきた。結果は、30-6で法政大学の勝利。中央大学の6点は、試合終了2秒前にようやくあげたタッチダウンのみ。

終わってみれば、結局、今年も関東は法政大学。法政は初戦で横浜国立大学に敗れるという波乱はあったが、その後はショットガンフォーメーションを使ったバランスアタックに取り組みながら勝ちあがってきた。今日の試合では法政がやりたいことを自由にできていた感じ。決勝だけは1クォーター15分の計時で行われるのだが、中央大学にとってはこの点も不利な要因だったと思われる。

中央大学はシーズンとしてみれば健闘したと思うが、今日の決勝戦について言えば出場が決まってからの2週間弱で準備できることには限りがあった。

法政大学は2週間後の甲子園ボウルで昨年の屈辱を晴らすための準備がどこまでできているのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Livedoor

堀江貴文氏(ライブドア社長)のブログ いろいろ参考になる。要チェック。
あと、
ライブドア・デパートも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Twenty Four(シーズン3)

TWENTY FOUR (24) シーズンIII のDVDコレクターボックスが、12月22日に発売される。
以前、シーズン I をTVで深夜に見てしまい、見事に、はまってしまった。おかげで昼間、眠かった。
既にレンタルして見た人に聞くと、シーズン I , II よりも面白いとか。かなり気になる。

[DVD] TWENTY FOUR シーズン3 コレクターズ・ボックス

「Twenty Four」を検索

本編12枚+特典ディスク1枚のBOX。
大統領候補暗殺(シーズン1)、核爆発(シーズン2)に続く新たなるシーズン3の恐怖は「バイオテロ」。
午後1時過ぎ、ロサンゼルスの保健局前にウィルスに犯された遺体が置きざりにされる。同時に、麻薬カルテルのボスを解放しなければ、24時間で死にいたるというウィルスをロサンゼルスにばら撒くという脅迫が政府機関に届く。多くの人が死に至る状況を阻止すべく、Jack Bauer(Kiefer Sutherland)が奔走する。

| | Comments (1) | TrackBack (15)

« November 28, 2004 - December 4, 2004 | Main | December 12, 2004 - December 18, 2004 »