« December 19, 2004 - December 25, 2004 | Main | January 2, 2005 - January 8, 2005 »

Saturday, January 01, 2005

東京ヴェルディ1969が優勝 サッカー天皇杯決勝

2005年1月1日、東京の国立競技場でサッカーの第84回天皇杯全日本選手権決勝がおこなわれた。

試合は、東京ベルディ1969(Tokyo Verdy 1969)がジュビロ磐田(Jubilo Iwata)に2対1で勝利し、優勝をはたした。ベルディは、読売クラブ時代からあわせて5度目の優勝。前回の優勝はヴェルディ川崎時代の1996年度であり、それ以来8年ぶりの優勝。

得点経過:
35分 東京ヴェルディ1969 飯尾
53分 東京ヴェルディ1969 平本
77分 ジュビロ磐田 西

観客:50,233人

最新のサッカーDVDを見てみる

関連記事:サッカー天皇杯 決勝はジュビロ磐田vs東京ヴェルディ

(c) 2004, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Happy New Year 2005

あけましておめでとうございます。
今年も「zig zag road」をよろしくお願いします。

2005年1月1日

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Thursday, December 30, 2004

西武が2軍命名権を売却

プロ野球 西武ライオンズは、2004年12月29日、来季から2軍チームの命名権(ネーミングライツ)をIT系サービス業のインボイス(東京都港区)に売却することを発表した。西武鉄道グループの経営改善の一環である。

西武が2軍の命名権売却先を探していたところ、西武ライオンズ元監督の東尾修氏の橋渡しによりインボイスの木村育生社長との間で話がまとまったとのこと。契約額は、3年間で約6億円と見られている。西武ライオンズの2軍チームは、2005年のシーズンからチーム名「インボイス」を名乗り、ユニフォームにも「INVOICE」の名前が入る。

インボイスは、さらに、西武ドームの命名権の獲得も検討しているようである。

東北楽天ゴールデンイーグルスも、2軍チームの命名権売却を検討しており、山形県の企業を中心に数社と交渉中であることが既に明らかにされている。

なお、パ・リーグ チームの先例としては、オリックスが2000年から2軍の命名権を穴吹工務店(香川県高松市)に3年間6億円で売却(名称は「サーパス」に)したことがある。

また、日本の野球場の命名権売却に関しては、旧「グリーンスタジアム神戸」が、2003年3月から2005年3月31日までの2年間、2億円の契約金額で「ヤフーBBスタジアム」の名称となっている例がある。この「ヤフーBBスタジアム」の2005年4月以降の名称は未定。

スポーツ界における命名権売買は元々米国で開発されたビジネス手法であるが、日本プロ野球の各チームは今後益々経営資源を少しでも有効活用していかざるを得ない方向にあるため、その手法の利用が広がっていく可能性は高い。

球団の経営に新たな手法を持ち込むことは歓迎すべきことであると思う。が、単に、権利を切り売りするだけでなく、ファンの側を向いたマーケティング(例えばCRMの導入など)もまだまだ行なう余地はあると私は考える。

プロ野球

関連記事:
プロ野球再編問題(2004/12/25)
日本のプロ野球の今後は?

--

ちなみに、このインボイスという会社、2003年11月に1対21の株式分割、2004年6月に1:11の株式分割、2004年8月に東証1部上場と、派手な成長をしていることで証券の世界ではかなり有名になっている。

(c) 2004, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (3)

Keyword Ranking (2004/12/30)

最近の来訪者の検索語ランキング(2004/12/24-12/30)

1位(↑) Twenty four
2位(初) インドネシア・スマトラ島沖地震
3位(↑) Nikon D2X
4位(↓) Band Aid 20, バンド・エイド20
5位(↑) ライスボウル, ライスボウル2005


番外(↓) 明治製菓本社
番外(↑) Rachael Yamagata, レイチェル・ヤマガタ


(c) 2004, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, December 28, 2004

インドネシア/スマトラ島地震 日本赤十字社 義援金募集

日本赤十字社が義援金を募集している。

以下、「スマトラ島沖地震救援金募集中」より転載。

◆受付期間 平成16年12月28日(火)から平成17年1月31日(月)
◆受付方法 郵便振替 
 口座名義 日本赤十字社 
 口座番号 00110―2-5606

 振替用紙の通信欄に「スマトラ島沖地震救援」と明記してください。
 郵便局窓口での取扱いの場合振替手数料は免除されます。

| | Comments (1) | TrackBack (4)

Earthquake インドネシア・スマトラ島沖地震 続報

12月26日のインドネシア・スマトラ島北部 南西沖を震源地とする地震は、マグニチュード9.0に訂正された。

阪神・淡路大震災(マグニチュード7.3)の数百倍の地震エネルギーである。
この地震波が既に地球を3周したことが観測されたとも伝えられている。

初期の段階の報道では、死者数は2000人~3000人程度と伝えられていたが、被害状況が明らかになるにつれてその数は増え、現在のところ22000人を超えると言われている。インドネシアだけでなく、インド洋を隔ててスリランカおよびインドでもそれぞれ数千人の死者が出てしまっているようである。

死者のほとんどは津波による被害のようである。津波の高さは5メートル~10メートル。震源地からの距離にもよるが、地震が発生してから被害地(たとえばインド、スリランカなど)に津波が到達するまでにかなりの時間(2~3時間?)を要するはずであり、手段さえあればこの間に警報を通知して避難することが可能であったことを考えると、このような被害状況は残念である。


12月26日に書いた記事

| | Comments (0) | TrackBack (3)

Monday, December 27, 2004

About this blog ...

このブログのカテゴリー一覧

(c) 2004, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, December 26, 2004

Earthquake インドネシア・スマトラ島沖地震

各メディアが伝えるところによると、2004年12月26日(日)現地時間午前8時(日本時間同日午前10時)頃、インドネシアのスマトラ島沖で、マグニチュード(M)8.9の巨大地震が発生したとのこと。津波被害が周辺6ヶ国に及び、死者数は2000人とも3000人とも伝えられているが詳細はわからない。

ロイター(Reuter)の報道では、今回の地震は1900年以来5番目の規模であり、1964年以降では世界最大。津波は、スリランカやインド南部に大きな被害をもたらし、タイ、モルディブ、インドネシア、マレーシアの各地にも影響を与えた。

かなりの規模の災害だと思うが、日本のTV局はそれほど大きな出来事と捉えていないのだろうか。通常の番組を流している。

--

タイ在住の「かず。」さんのブログ「倭僑とガジェット」によると、プーケットなどでも死者が出て、バンコックでも地震を体感したとのこと。

| | Comments (1) | TrackBack (8)

機動新世紀ガンダムX DVDメモリアルボックス

ガンダム

機動新世紀ガンダムX DVDメモリアルボックス (初回限定生産)

「ガンダム」に新しいコンセプトを取り入れて再ブームの火付け役となったテレビ朝日系アニメ。10枚組メモリアルボックスとして、2005年1月28日に発売されるとのこと。ディスク10枚で全39話収録。120ページオールカラー解説書や、30ページイラスト集などの特製アイテム付。映像特典(番組スポット集ほか)も収録予定。アートボックスイラストはメカデザインの石垣純哉描き下ろし。数に限りのある限定品。Amazonだと予約タイトルが20% off。

Amazonのカスタマーレビューから抜粋すると、

  • 多くのキャラクターたちの群像劇、というのがガンダムの特徴ですが、「X」は主人公のガロードとティファの2人の関係に焦点を絞った、ストレートな青春ドラマ、成長ドラマとして描かれていて、とてもすっきりしています。オープニング、エンディングの構成もTVアニメ屈指の格好良さ。単なる道具ではなく、作品のテーマとして初代ガンダム、ニュータイプに真正面から向き合ったという意味でも重要な作品です。現在盛り上がっている「Z」以上に再評価が望まれる名作です。
  • 何より可愛いかつ魅力のあるキャラクター。キャラクター(特にガロードとティファ)が成長する所がいいですね。無意味に人が死なず恋愛関係も全くどろどろしておらず主人公とヒロインの愛の深さはシリーズ中1.2を争います。WやSEEDがダメだった人はぜひ見てみてください。
  • とにかくキャラの心理描写がものすごくしっかりしている。ちゃんと最後39話で綺麗に完結するので安心して見て欲しい。「なぜこんないい作品が打ち切りに!?」と想い叫ぶ人がかならずいるはず。
  • キャラも全員個性的で生きてましたし、何より主人公ガロードとヒロイン・ティファに関しては純愛過ぎるくらいで!観ているこっちが応援したくなる、そんな二人でしたよ。登場キャラ全てが話数を重ねるごとに成長していきますが、特にティファの成長は見物ですよ。ここまで成長するヒロインは結構珍しいかも。
  • それぞれの立場で戦いに参じ、そして「NT」を求める。「NT」とは何なのか… この疑問に答えを見つけられた方は、きっとXを評価できるはずです。
  • ガンダムと冠がつく作品の中で冨野監督以外で初のニュータイプをテーマに描いた作品である。もっともアムロやカミーユと言ったキャラクターのニュータイプとは作品そのものも含めて解釈が違う点が興味深いので、この作品を知らない人も機会があれば是非見てほしい。
  • Xの形に光り輝くリフレクターを展開するガンダムXのフォルムがすばらしい。機体の美しさはあのニューガンダムと肩をならべるくらいではないでしょうか。また十数機のビットモビルスーツをニュータイプ能力であやつるフラッシュシステムはXのファーストシーンでちょこっと出てくるのですが、見るとゾクゾクします。
  • 主人公機デザインもいいですし、月をクローズアップしているので画面的にもカッコイイです。音楽(BGM)もいいですし初代オープニングテーマも特に良いです。
  • ファンにとっては待望のDVD化!本当に長い年月待ちました・・・。Xに出てくるキャラとモビルスーツはどれも味があり、カッコいいかわいいものばかり!ぜひ見たことのない人は見てください!


ブログ「竜宮島発北極着~諸々雑記帖~」によると、『機動新世紀ガンダムX Web』で2005年1月10日までキャラクター人気投票を行なっているとのこと。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

NFL - Week 16, Green Bayが地区優勝

アメリカンフットボールNFLは、レギュラーシーズンの第16週に入ってきており、既に下記7チームが地区優勝を決めている。
AFC East : ニューイングランド(New England Patriots) 12勝2敗
AFC North : ピッツバーグ(Pittsburgh Steelers) 13勝1敗
AFC South : インディアナポリス(Indianapolis Colts) 11勝3敗
AFC West : サンディエゴ(San Diego Chargers) 11勝3敗
NFC East : フィラデルフィア(Philadelphia Eagles) 11勝3敗
NFC North : グリーンベイ(Green Bay Packers) 9勝6敗
NFC South : アトランタ(Atlanta Falcons) 11勝3敗

このうち、NFC North のグリーンベイ・パッカーズは、今週12月24日のゲームで同地区8勝6敗同士で同率だったミネソタバイキングス(Minnesota Vikings)と対戦し、第4Q終盤に76ヤードのドライブの末、残り0秒での逆転のフィールドゴールを決め34-31で勝利、地区優勝をもぎ取った。

残るNFC Westは、現在のところシアトル・シーホークス(Seattle Seahawks)が7勝7敗で1位を維持している。シアトルは26日(日曜)のゲームで、同地区現在3位のアリゾナ・カーディナルス(Arizona Cardinals)と対戦。同地区2位のセントルイス・ラムズ(St. Lous Rams)は、27日(月曜)にフィラデルフィアと対戦する。

ワイルドカード争いは、AFCではニューヨーク・ジェッツ(New York Jets)が一歩リード、NFCはやや混戦状態である。

関連blog記事:
Rupu Rupu: グリンベイ、地区優勝

(c) 2004, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Keyword Ranking

最近の来訪者の検索語ランキング(2004/12/17-12/23)
1位 甲子園ボウル,甲子園ボール
2位 Band Aid 20, バンド・エイド20
3位 Twenty four シーズン3
4位 明治製菓本社
5位 Nikon D2X

(c) 2004, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー天皇杯 決勝はジュビロ磐田vs東京ヴェルディ

2004年12月25日、サッカー天皇杯全日本選手権の準決勝2試合が行なわれ、ジュビロ磐田(Jubilo Iwata)と東京ベルディ1969(Tokyo Verdy 1969)がそれぞれ勝利した。両チームは、元日(2005年1月1日)13時30分から東京・国立競技場で行われる決勝戦へ進出した。

ジュビロ磐田はヤマハ発動機時代も含めれば過去2回優勝しており、2004年に続き2連覇を目指す。
東京ヴェルディは、ヴェルディ川崎時代以来8大会ぶりの決勝進出で、読売クラブ時代から含めれば過去4回優勝している。

準決勝の結果
○ 東京ヴェルディ1969 3-1 ガンバ大阪 ●
○ ジュビロ磐田 2-1 浦和レッズ ●


最新のサッカーDVDを見てみる


(c) 2004, zig zag road runner.

| | Comments (2) | TrackBack (2)

« December 19, 2004 - December 25, 2004 | Main | January 2, 2005 - January 8, 2005 »