« Takashi Saito / 三色ボールペン と 斉藤孝 | Main | Art Blakey Quintet / A Night at Birdland »

Monday, January 17, 2005

[NFL] Philadelphia Eagles 27-14 Minnesota Vikings

2005年1月16日(米国時間)、ディビジョナルプレーオフの2日目、AFCとNFCの各1試合が行なわれた。

まずNFCのほうは、東地区優勝のPhiladelphia Eagles(フィラデルフィア・イーグルス)がMinnesota Vikingsと対戦した。

先制したのはPhiladelphia。第1クォーター、自陣47ヤードからの開始した攻撃。テンポ良くダウンを更新していき、最後は Donovan McNabb からワイドレシーバー Freddie Mitchell へのタッチダウンパスで7-0とリード。

続いて第2クォーター開始直後、 Donovan McNabb から今度は Brian Westbrook へのタッチダウンパスでPhiladelphiaが14-0とリードを広げる。

その後Minnesotaが1タッチダウンを返すが、その後のMinnesotaのキックオフのとき、Philadelphiaの J.R. Reedが48ヤードのキックオフリターンでボールをMinnesota陣まで戻す。好位置から攻撃を開始したPhiladelphiaは、Minnesotaの2回連続のパスインターフェアの反則で敵陣14ヤードまで前進。ここから Donovan McNabb から タイトエンドのL.J. Smithへの10ヤード程度のパスが決まるが、Smithがこれをキャッチした後でファンブル。しかしながらこのボールをFreddie Mitchellがエンドゾーン内でリカバーしてこの試合2つめのタッチダウン。21-7と再びPhiladelphiaが14点差をつける。

ゲームの流れが完全にPhiladelphiaに来ている状態で前半を終えた。

後半はPhiladelphiaが2つのフィールドゴールで加点し、最終得点は27-14でPhiladelphia Eaglesが勝利した。
Eaglesはこの試合ワイドレシーバーのTerrell Owensを欠いていたが、余裕(?)の戦いぶりで、4年連続のNFCチャンピオンシップゲームへの進出。

(c) 2005, zig zag road runner.

|

« Takashi Saito / 三色ボールペン と 斉藤孝 | Main | Art Blakey Quintet / A Night at Birdland »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference [NFL] Philadelphia Eagles 27-14 Minnesota Vikings:

» NFC ディヴィジョナル・プレイオフ [のぶたと南の島生活in東京]
ヴァイキングスVSイーグルスの試合をやっと見ました。それで、ちょっとだけコメントを記載します。この試合の分岐点は2Qにあったと思います。それは残り10分でイーグ... [Read More]

Tracked on Wednesday, January 19, 2005 07:42

« Takashi Saito / 三色ボールペン と 斉藤孝 | Main | Art Blakey Quintet / A Night at Birdland »