« Jeff Thomason 建設現場からスーパーボウルへ | Main | New England Patriotsがスーパーボウル連覇 »

Sunday, February 06, 2005

The Blues Movie Project

ブルース

ザ・ブルース ムーヴィー・プロジェクト コンプリートDVD-BOX

限定品。

全7タイトルの日本特別仕様 DVD BOX。2005年3月4日発売。

ヴィム・ヴェンダースの最新作を始め、映画界を代表する名監督たちが“ブルース”をテーマに撮った7作品が収められている。各作品、監督による音声解説がある。また、約50Pのブックレット(書き下ろしによる解説)や、ライブ映像などといった特典あり。監督インタビューや、海外版および日本版の予告編映像、「ライトニング・イン・ア・ボトル」の予告編映像が含まれている。


1.『ソウル・オブ・マン』


『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』でキューバ音楽の魅力を世界に発信したヴェンダース監督が、再び知られざるミュージシャン達の人生にフォーカスをあてた!
●2003年カンヌ国際映画祭特別招待作品
《監督》 ヴィム・ヴェンダース
《出演(アーカイブ映像を含む)》 スキップ・ジェイムス、J.B.ルノアー、ベック、ルー・リード、ボニー・レイット、ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン、ロス・ロボス他


2.『フィール・ライク・ゴーイング・ホーム』


『ギャング・オブ・ニューヨーク』 『タクシードライバー』 『ラスト・ワルツ』 の巨匠スコセッシがブルースの母なる地、西アフリカを訪れブラック・ミュージックのルーツに迫る。“アフリカのブルースマン”と呼ばれるアリ・ファルカ・トゥーレの熱い語りはファンには見所。
●2003年ヴェネチア国際映画祭特別招待作品
●本編約80分+特典映像約20分
《監督》 マーティン・スコセッシ
《出演》 アリ・ファルカ・トゥーレ、サリフ・ケイタ、タジ・マハール他


3.『レッド、ホワイト&ブルース』


ブルースが大西洋を渡らなければビートルズ、ストーンズ、クラプトンのUKロックは生まれなかった!『リービング・ラスベガス』 の英国監督によるブリティッシュ・ロックスター総出演の必見作。クラプトンやヴァン・モリソンなどの証言を元に、ロックのルーツとしてのブルースの役割を紐解く。
●2003年ヴェネチア国際映画祭特別招待作品
●本編約93分+特典映像約21分+監督コメンタリー約93分
《監督》 マイク・フィギス
《出演》 エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、トム・ジョーンズ、ヴァン・モリソン、スティーヴ・ウィンウッドB.B.キング他


4.『ロード・トゥ・メンフィス』


『ウッドストック』の撮影監督としてアメリカの音楽シーンを見つめ続けたピアース監督によるソウルフルなブルース・ロード・ムーヴィー!メンフィスから世界へ旅立った男たちの熱くホロリとさせられる生き様を、B.B.キングを始めとする伝説のミュージシャンたちの姿を通して描く。
●本編約89分+特典映像約25分
《監督》 リチャード・ピアース
《出演》 B.B.キング、ボビー・ラッシュ、ロスコー・ゴードン、アイク・ターナー


5.『デビルス・ファイヤー』


本プロジェクトただ一人の黒人監督が自身の体験を映像化。50年代のミシシッピを舞台にブルースとともに成長する少年を描いたハート・ウォーミング・ストーリー。50年代、同じ黒人音楽「ゴスペル」に比べ、「ブルース」がセクシャルで品がないとされていた時代を背景に、そんなブルースへ傾倒していく少年の姿を描く。
●本編約89分+特典映像約26分+監督コメンタリー約90分
《監督》 チャールズ・バーネット
《出演》 サン・ハウス、マディ・ウォーターズ、ライトニン・ホプキンス、ベッシー・スミス、W.C.ハンディ、ビッグ・ビル・ブルーンジー他


6.『ゴッドファーザー&サン』


ブラック・ミュージックの時代を超えたコラボレーション!ヒップホップとブルースの感動的な邂逅を『SLAM』の監督が鮮明に捉えた。ヒップホップとブルースのコラボレーションを通して、ブルースの歴史を紐解くドキュメンタリー。チャック・Dやオーティス・ラッシュ、サム・レイら、時代を超えたアーティストが一同に会す。
●本編約96分+特典映像21分+監督コメンタリー約99分
《監督》 マーク・レヴィン
《出演》 チャックD、コモン、オーティス・ラッシュ、ハウリン・ウルフ、マディ・ウォーターズ、ボ・ディドリー、サム・レイ、マジック・スリム


7.『ピアノ・ブルース』


『ミスティック・リバー』で自ら音楽を担当したイーストウッド監督がジャズやR&Bまで裾野を広げブルースの懐深さを伝える。レイ・チャールズファッツ・ドミノらが豪華ミュージシャンをフィーチャリングした作品。「ブルース」を題材に、ジャズやR&Bなど、現在のブラックミュージックのスタンダードなジャンルに与えた影響を伝える。
●劇場未公開作品
●本編約92分
《監督》 クリント・イーストウッド
《出演》 レイ・チャールズ、デイブ・ブルーベック、ファッツ・ドミノ、ドクター・ジョン、プロファッサー・ロングヘア 他

|

« Jeff Thomason 建設現場からスーパーボウルへ | Main | New England Patriotsがスーパーボウル連覇 »

Comments

同じ記事に3度トラバ頂いたが最初の2月のには返しておきましたが後の2つはしてません。 それに設定を変えたので表示されなくなった。 多分タイトルが英語だからスパムと認識された・・・ってことは自分にも言えるかも、私もトラバしたところから返事が無い!(笑) ところでアフィリエイトどうですか? 私も始めたが商品紹介が少ない上にトラバも打って無いからサッパリです。

Posted by: koukinobaaba | Friday, March 25, 2005 08:43

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference The Blues Movie Project:

» ジャズ・フリークのクリント・イーストウッド Clint Eastwood [Audio-Visual Trivia for Movie & Music]
Clint Eastwood 少年の頃からクラブでピアノを弾き糧を得ていたというクリント・イーストウッドは大のジャズ好きです [Read More]

Tracked on Saturday, February 12, 2005 20:05

» 2005年3月18日(金) [ひらげ日記]
マダガスカルのギターリスト、デ・ガリの演奏を聞きに、横浜Thumb's Upに行 [Read More]

Tracked on Saturday, March 19, 2005 22:32

» 2005年3月24日(木) [ひらげ日記]
今日のラーメン:「ラーメン」@三鷹『江ぐち』 いおちキングお薦めのラーメン屋。店 [Read More]

Tracked on Thursday, March 24, 2005 21:07

» 2005年4月3日(日) [ひらげ日記]
マーティン・スコセッシ監督のオムニバス映画『ザ・ブルース・ムーヴィー・プロジェク [Read More]

Tracked on Monday, April 04, 2005 18:00

« Jeff Thomason 建設現場からスーパーボウルへ | Main | New England Patriotsがスーパーボウル連覇 »