« タバコ問題 / ダルビッシュ投手とか | Main | 刑事コロンボ/Columbo »

Monday, February 21, 2005

Tommy Flanagan

今日聴いたCD。
Tommy Flanagan (トミー・フラナガン)


Something Borrowed, Something Blue / Tommy Flanagan

(Galaxy OJCCD-473-2)

* Tommy Flanagan - acoustic and electric piano
* Keter Betts - bass
* Jimmie Smith - drums

Tommy Flanaganのライブに初めて行こうと決めたのは、その当日の昼間だった。
ロンドンにTime Outという雑誌があり、それでライブのスケジュールを見つけて、電話で予約を入れた。
1991年頃だったと記憶している。
比較的小さなライブ会場なので、間近で彼の演奏を見てそして聴くことができた。

計算すると、彼は当時、61歳くらいだったことになる。
見た目では、もう少し老けているような感じだったが。

このCD(Something Borrowed, Something Blue)を買ったのは、そのライブの次の週末あたりだった。
録音は、1978年1月30日、BerkeleyのFantasy Studios。
Galaxy Recordsから出ている。
1990年にデジタル・リマスタリングされ、1991年7月1日、CDとして発売された。
プロデューサーは、Ed Michel。
シンプルなトリオ構成。
Flanaganの、アコースティックピアノとエレクトリックピアノ、両方を聴ける。
ライブのときの印象と同じような、暖かくて素朴な演奏。

曲は、
+ Bird Song
+ Good Bait
+ Peace
+ Friday the 13th
+ Something Borrowed, Something Blue
+ West Coast Blues
+ Groovin' High
の7曲。


Tommy Flanaganは、2001年11月16日午後6時(現地時間)、ニューヨークのマウントサイナイ病院で永眠。享年71歳。

(c) 2005, zig zag road runner.

|

« タバコ問題 / ダルビッシュ投手とか | Main | 刑事コロンボ/Columbo »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48719/3027467

Listed below are links to weblogs that reference Tommy Flanagan:

« タバコ問題 / ダルビッシュ投手とか | Main | 刑事コロンボ/Columbo »