« 堀江貴文氏のメディア戦略セミナー | Main | D2X 使用レポート(クロップ高速 など) »

Sunday, May 29, 2005

AgfaPhoto GmbH が破産

ドイツのAgfaPhotoが2005年5月27日に破産宣告したとのこと。

Forbs.comの記事によると、

Agfa Gevaert said there will be no 'material impact' on its business from the insolvency filing made by AgfaPhoto GmbH, a group to which it recently sold its consumer imaging business, despite ongoing links between the two.

つまり、アグファ・ゲバルトは、既に2004年11月2日にコンシューマ向けのイメージング(写真等)の部門を投資家グループに売却済みであり、その売却先の会社が、今回破産したアグファ・フォト。

両社は互いに独立であるので、アグファ・フォトの破産は、アグファ・ゲバルトには影響無しとのこと。

AgfaPhotoのサイトでは、プレス・リリースは5月23日のもの(ソフトウェアのアップデートに関するリリースであり、破産とは無関係)が最終で、その後更新されていない模様(日本時間の5月29日午前0時現在)。

カラーもモノクロも、結構個性的なフィルムを出していたAgfaだから、そのビジネスを引き継ぐ者が出てくるのかどうかは、結構気になる。

世界的に見るとフィルム/印画紙など、化学系のイメージング技術の会社の動きは次の通り。

富士フィルムやコダック(Kodak)は、早くからデジタル・イメージングのほうにシフトしている。
コダックの化学系は、他の分野に経営の軸を移している。
旧・コニカも、デジタル分野にシフトするとともに、ミノルタとの合併によって経営の効率化を行なっている。

アナログ写真自体が、今後は厳しそう。

これもひとつの文化の衰退の始まりなのか?

そういう私も、多いときには年間1000本近く撮っていたフィルムが、昨年(2004年)は100本以下、今年(2005年)は5月末の時点で30本までいってない(撮影量自体が減ったわけではなく、ほとんど、デジタルに移行している)から、その責任の一端はあるのだが・・・

そういえば思い出したけど、先月健康診断を受けた病院では、レントゲン写真もデジタルになったって書いてあったな・・・

© 2005, zig zag road runner.

|

« 堀江貴文氏のメディア戦略セミナー | Main | D2X 使用レポート(クロップ高速 など) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference AgfaPhoto GmbH が破産:

» アグファ(AGFA)、破産手続き申請 [じブんログ]
ドイツのアグファ・フォト(AgfaPhoto)が破産手続きを申請しました。 日本ではあまり有名でないのですが、写真フィルムとしては、富士、コダックに匹敵する世界的ブランドです。 現在、AGFAの日本語サイトには、まだコメントがないのですが、ドイツのニュースサイトには、記事..... [Read More]

Tracked on Sunday, May 29, 2005 02:45

« 堀江貴文氏のメディア戦略セミナー | Main | D2X 使用レポート(クロップ高速 など) »