« AgfaPhoto GmbH が破産 | Main | 「企業ミシュラン」とMyNewsJapan(渡邉正裕 氏) »

Sunday, May 29, 2005

D2X 使用レポート(クロップ高速 など)

前にも書いた通り、NikonのD2Xを購入した。

先週、さっそく試し撮りをしてみた。
ずっとD100を使っていたので、特にあらためてD2Xの説明書を読まなくても、だいたいの操作はできる。
シャッターを押した感触は、D100よりも良い。指の操作のレスポンスがしっかりと返っててきて、非常に撮りやすい。
あと、気付いたのは、本体背部の液晶モニタの色は、D100よりもD2Xのほうがちょっと派手な感じ。

試し撮りの結果わかったことは、あたりまえのことなのだが、
1)予備のバッテリーを買う必要あり
  ⇒ とりあえず、2パック追加購入。
2)記録メディアの追加が必要
  ⇒ 今まで、一日の撮影は多くても2GB~3GBに収まっていたのだが、D2Xになって、画像1枚のサイズが増えたため、2GBのコンパクトフラッシュを追加購入。これで足りなかったら、あと2GB買えば、なんとかなるだろう。

そして、この土曜日に、D2Xを初めて本格的に撮影に使った。
この日は、スポーツの撮影。

D2Xで最も使いたかった機能は「クロップ高速」撮影。
つまり、D2Xの撮像素子が有する画素数は4288×2848(12,212,224画素)なのだが、そのうちの中央部の3216×2136(6,869,376画素)だけで撮影することにより、画角が狭くなる(つまり、より長い望遠レンズを使ったときと類似の効果が得られる)、そして、記録データ量が少なくて済むために連続撮影コマ数が増え、連続撮影速度も8コマ/秒に上がる、というのが「クロップ高速」。スポーツ撮影には一石二鳥。

通常撮影と「クロップ高速」撮影を切り替える方法は、2つある。

第1の方法は、「撮影メニュー」の中の「クロップ高速」をOnあるいはOffに切り替えること。

第2の方法は、「クロップ高速簡易設定」を使う。つまり、「カスタムメニュー」の中の「f4 ファンクションボタンの機能」で、「クロップ高速簡易設定」をOnにしておく(製品出荷時はOffになっている)と、ファンクションボタンとメインダイヤルとの併用により「クロップ高速」のOn/Offを切り替えられる。

撮影途中で短時間で切り替えられると非常に便利なので、私は、第2の方法を使うことにした。

「クロップ高速」の設定がOn/Offのどちらになっているかは、わかりやすく表示されるので全く問題ない。

最初少し戸惑ったのは、「クロップ高速」のときに撮影される範囲がわからず、撮りたいものが切れてしまうこと。撮影範囲の枠は表示されているのだが、速い速度で動くものを追いかけながらフレーミングするため、長年の修正で、ファインダーで見えているものは写ると自分の頭が思い込んでしまっている。

まあ、でもそれは慣れの問題。1時間も使っていれば、慣れてきた。

そんな感じで使っていたのだが、1秒間に8コマ切れること、そして、最大で35コマ連続で撮影できることは、この上なく良い。

よく、この価格で、ここまでの性能のカメラが作れたものだと感心する。Nikonさん、ありがとう。

ということで、D2Xを使っていて気付いたことは、今後もこのブログに書いていくことにする。

zig zag road の カテゴリー「Nikon D2X」

--

D2X

Nikon D2X


Nikon D2X用 Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL4

コンパクトフラッシュ 2GB
コンパクトフラッシュ 4GB
マイクロドライブ

© 2005, zig zag road runner.

|

« AgfaPhoto GmbH が破産 | Main | 「企業ミシュラン」とMyNewsJapan(渡邉正裕 氏) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference D2X 使用レポート(クロップ高速 など):

« AgfaPhoto GmbH が破産 | Main | 「企業ミシュラン」とMyNewsJapan(渡邉正裕 氏) »