« 阪神タイガース、首位固めへ | Main | ココログ(Cocolog)の容量 »

Monday, July 04, 2005

ターミナル(The Terminal)/トム・ハンクス主演

映画「ターミナル」(The Terminal、2004年米国作品)を、DVD(2005年4月28日発売)で見た。

評価は、5点満点中、3.5。

スティーブン・スピルバーグ(Steven Spielberg)監督の作品で、主演はトム・ハンクス(Tom Hanks)。そして、相手女性となる航空キャビン・アテンダントのアメリア・ウォレン役には、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(Catherine Zeta-Jones)

クラコウジア(という設定上の国)から米国JFK空港に到着したビクター・ナボルスキー(トム・ハンクス)は、入国管理官から「You are a citizen of nowhere」と宣言されてしまう。つまり、米国に入国することも、祖国に帰ることもできない。

実は、このストーリーは、実在の人物がモデルとなっている。

イランと英国の混血で、イランを国外追放されたマーハン・カリミ・ナセリ(Merhan Karimi Nasseri)という男性が、1988年、英国に入国しようとしたが、盗難にあったためにパスポートがなく、英国入国を拒否された。

そこでナセリは、フランスのシャルル・ドゴール空港に向かったのだが、ここでも彼は、「無国籍」ということで空港から出ることを禁じられ、ターミナルに居続けざるを得なくなる。

そして、この実話に基づき、映画「パリ空港の人々」(1993年、原題は「Tombes Du Ciel」)が作られた。

今回のスピルバーグ監督の「ターミナル」は、この人物の置かれた状況を使いながら、それに、このビクターのアメリカに対するある「想い」(これが、ラストシーンの感動につながっていく)を絡めて、上手く作品としてまとめている。

スピルバーグ監督の言葉によると「Life is Waiting」(人生は待つこと)だとか。

--

到着当初、ビクターは、簡単な英語さえも理解できない。

それから、ガイドブックを読んだりしながら、段々と英語が上達していく。

空港ロビー内のカートを集めて小銭を稼ぐ術も覚える。

そうしているうちに、空港内で働く人々とも仲良くなり、空港内にビクターの「ファン」も増えていく。

インド系の清掃夫グプタ・ラジャン(クマール・パラーナ, Kumar Pallana)は、最初、ビクターのミール・バウチャーを「ごみ」として捨ててしまうが、最後には、自らを犠牲にしてビクターの米国入国に協力する。

面白いのは、機内食運搬係のエンリケ・クルズ(ディエゴ・ルナ, Diego Luna)と女性入国審査官のトーレス(ゾーイ・サルダナ, Zoe Saldana)との絡み。

ビクターは、米国入国のわずかな可能性にかけて、毎日毎日、トーレスのデスクを訪れる。トーレスに恋するが自分で声をかける勇気を持たないエンリケは、ビクターに食事を与えるかわりに、ビクターを通してトーレスのことを聞きだそうとする。

そこでわかったことは、トーレスはときどき「コンベンション」(日本語字幕では「大会」)に出かけるということ。コンベンション? エンリケは少しだけ考えて、そして叫ぶ「She's a Trekkie... She's a Trekkie! 」。

このあたりは、何故か、日本語字幕ではきちんと訳されていないのだが、ここは、TVシリーズ「Star Trek」が引用されている。

そして、最後のほうで、トーレスがエンリケのプロポーズを受けるシーンがある。

エンリケが待っていると、トーレスが現われる。

トーレスは、左手の人指し指と中指をくっつけて、薬指と小指をくっつけて、そして中指と薬指を話した状態(つまり、Star Trekの中で、バルカン星人が行なう挨拶である)で手のひらを掲げる。そしてその手のひらを返すと、エンリケから贈られた指輪がはめられている。

何故か、スピルバーグ監督は、この映画の中で「Star Trek」を引用した。「宇宙戦争」を撮るための布石だったのか?

それはともかく、ビクターが、なぜわざわざ米国にやってきたか。そして、何のために空港内で何ヶ月も待っているのか。

その秘密は、彼が持ってきた1個の缶の中に隠されている。最後には、ベニー・ゴルソン(Benny Golson自身が本人役で登場)との対面。

状況設定の面白さと、登場人物の人間模様、この映画のためだけに作られた空港ターミナルの広大なセット(空港ロケではない)が見どころ。あまり、感動を期待してはいけない。ビクターとアメリアとの絡みは、いまいちかも。

ターミナル(The Terminal)

Amazon.co.jpより;

 スティーブン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演というゴールデン・コンビによる3本目の作品。東欧のクラコウジア(本作のために設定された架空の国)からニューヨークを訪れた旅行者ビクターが、母国の突然のクーデターにより“無国籍”状態になってしまう。アメリカへの入国許可が下りないまま、彼は空港のターミナルで9ヶ月間も過ごすことに…。
工事中の区画に寝場所を確保し、小銭を集める方法を学ぶなど、ビクターのサバイバル生活がテンポよく展開。ハンクスの演技は、ときとして大げさだが、英語もまともに話せないビクターの喜怒哀楽を観る者に分かりやすく伝えてくれる。不倫に悩む客室乗務員と彼のロマンスや、フードサービスや清掃員など周囲の人々のエピソードにも心温まるが、本作で最も印象に残るのは、セットで作られたターミナルだろう。その巨大さはもちろん、細かい部分まで本物の空港に引けを取らないリアルさ。クライマックスには、スピルバーグらしい、ややクサめの感動が盛り込まれるが、全体を通して笑いと涙、シビアな現実と夢物語が巧みに交錯し、観ていて飽きない作りになっているのは、さすがだ。


主な出演者:
    トム・ハンクス Tom Hanks as Viktor Navorski
    キャサリン・ゼタ=ジョーンズ Catherine Zeta-Jones as Amelia
    スタンリー・トゥッチ Stanley Tucci as Frank Dixon
    チー・マクブライド Chi McBride as baggage carousel attendant
    ディエゴ・ルナ Diego Luna as Airport employee
    バリー・シャバカ・ヘンリー Barry Shabaka Henley
    ゾーイ・サルダナ Zoe Saldana as INS agent
    エディ・ジョーンズ Eddie Jones
    ヴァナ・ボンタ Vanna Bonta as Airline PA Agent
    バリー・ジュリアン Barry Julien as Co-pilot
    ボイド・ケリー Boyd Kelly as Pilot
    ダン・フィナティ Dan Finnerty as Cliff, the Discovery Store Manager
    マーサ・ニーヴィル Martha Neavill as Swahili Mom
    クマール・パラーナ Kumar Pallana as Gupta Rajan
    コンラッド・プラー Conrad Pla as CBP officer #
    メル・ロドリゲス Mel Rodriguez as Man in Cast
    ミック・スクライバ Mik Scriba as Worker
    ターニャ・ヴァン・ブロックランド Tanya van Blokland as Passanger #3 (Dutch)
    ベニー・ゴルソン Benny Golson as Benny Golson

関連ブログ記事:
Diarynote: 「ターミナル」
Diarynote:「ターミナル」に隠された意図 その1
Diarynote:「ターミナル」に隠された意図 その2
Diarynote:「ターミナル」に隠された意図 その3
利用価値のない日々の雑学: ターミナル

関連サイト:
Memorable Quotes from The Terminal
Trekkie


2005年7月6日 追記
上にも書いた ディエゴ・ルナ(Diego Luna) は、2005年7月9日に日本で公開される映画「ダンシング・ハバナ」(2004年米国作品;1958年のキューバが舞台になっている)で主演(キューバ人のハビエル役)している。

© 2005, zig zag road runner.

|

« 阪神タイガース、首位固めへ | Main | ココログ(Cocolog)の容量 »

Comments

トラバありがとうございました☆
さっそく私もトラバさせていただきました。
そうなんですよね~
これ実話なんですよね~びっくりです!
しかも確かこの実在の人って今も
空港にいるって聞いたのですが本当なんでしょうか?

Posted by: バブルス | Monday, July 04, 2005 at 17:48

スタートレックについての伏線。
そのような意味があったのですね。へぇ~。

Posted by: sohroh | Monday, August 15, 2005 at 03:12

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48719/4825673

Listed below are links to weblogs that reference ターミナル(The Terminal)/トム・ハンクス主演:

» 「ターミナル」 [楽しくいこう♪]
ターミナル DTSスペシャル・エディション角川エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る スティーブン・スピルバーグ監督 トム・ハンクス主演の映画です。 私の好きなトム・ハンクスらしいコメディ要素も入ってて笑えるし、 温かい人間関係も良かったです。 見た後に知ったのですがターミナルがセットだったというのにも驚きです! 祖国がクーデターによってなくなってしまい、国に帰ることもアメリカに入国することもでき... [Read More]

Tracked on Monday, July 04, 2005 at 17:45

» 『ターミナル』 [Rabiovsky計画]
『ターミナル』公式サイト 監督:スティーヴン・スピルバーグ 脚本:サーシャ・ガヴァシ 、ジェフ・ナサンソン 出演:トム・ハンクス 、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ 、    スタンリー・トゥッチ 、チー・マクブライド 、ディエゴ・ルナ 2004年/アメリカ/... [Read More]

Tracked on Monday, July 04, 2005 at 19:33

» ターミナル [シルバーの映画日記]
タイトルターミナル見た日にち1月12日(映画館)監督:スティーブン・スピルバーグ出演者:トム・ハンクス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ (あらすじ&感想)空港に降り立った、東ヨーロッパの小国出身のナルボスキーは、入国を許可されない。なぜなら、彼の国に、革命が起こり、パス... [Read More]

Tracked on Monday, July 04, 2005 at 20:29

» ターミナル [ OL映画進化論]
ターミナル DTSスペシャル・エディションスティーブン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演というゴールデン・コンビによる3本目の作品。東欧のクラコウジア(本作のために設定された架空の国)からニューヨークを訪れた旅行者ビクターが、母国の突然のクーデターにより“無国籍”状態... [Read More]

Tracked on Monday, July 04, 2005 at 22:18

» ターミナル [ぷいん/映画レビュー]
ターミナル DTSスペシャル・エディション 2004年 129分 ★★★☆☆ 監督:スティーブン・スピルバーグ 出演:トム・ハンクス/キャサリン・ゼタ=ジョーンズ/スタンリー・トゥッチ キョンシー大好きな藤本美貴さんが、ラジオで言っていました。 「えー、ま、最近というか..... [Read More]

Tracked on Tuesday, July 05, 2005 at 21:38

» ターミナル [続・U設計室web diary]
昨晩ビデオでトム・ハンクス主演の「ターミナル」を観ました。 古い映画の話で恐縮ですが これが結構笑えて、ちょっとキュンとして 現実離れした設定ですが、かなり楽しめました。 キャサリン・セダ・ジョーンズ演じるスチュワーデスとのやりとりが かなり切ないのです。 それはともかく、トム・ハンクスはほんとにうまい! そして、最後の主人公のセリフがまたいいんだよなあ。 思い出してジーンとしています。 ... [Read More]

Tracked on Wednesday, July 06, 2005 at 00:09

» 芸能人INDEX トム・ハンクス [芸能人INDEX]
芸能人INDEX トム・ハンクス [Read More]

Tracked on Saturday, July 09, 2005 at 16:42

» ターミナル [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
トムハンクス主演、スピルバーグ監督作品。 クラコウジアという欧州の国からニューヨークに来たビクター・ナボルスキー。しかし、空港に着いたとき彼の国はクーデターにより国が消滅状態になり、パスポートが無効になり入国出来ず、また帰国も不可能となり改装中の67番ゲー... [Read More]

Tracked on Tuesday, July 12, 2005 at 20:46

» ターミナル [Rudy's Kitchen]
ターミナル トムハンクスの得意な?役柄なのでしょうか。 とぼけた可愛いキャラクターで、思わず観ながら微笑んで しまう映画です。ストーリーはちょっと・・?と思うところが あるにせよ、まあまあ面白いかな?と言う程度です。(^_^.) 私が大好きな女優のトップ3に入るキャサリンゼ... [Read More]

Tracked on Wednesday, August 24, 2005 at 20:03

» ターミナル [Qtyhoney]
ターミナル DTSスペシャル・エディション 制作国:アメリカ 監督:スティーブン・スピルバーグ 主演:トム・ハンクス さすがスピルバーグ&トム・ハンクスって感じでトム・ハンクスの孤独っぷりが ちょっと『キャスト・アウェイ』入ってる?って感じ。 でも、切ない&お笑い・・・さすがトム・ハンクスって感じ[:ラブラブ:] ... [Read More]

Tracked on Tuesday, May 15, 2007 at 09:30

« 阪神タイガース、首位固めへ | Main | ココログ(Cocolog)の容量 »