« James Blunt "Back to Bedlam" | Main | 日本シリーズ(Nippon Series) »

Sunday, October 23, 2005

アメフト 関東大学リーグ Aブロック

2005年10月23日(日)、アミノバイタルフィールドで、アメリカンフットボール 関東大学リーグのゲームを見てきた。

第2試合は、早稲田大学ビッグベアーズ 対 日本体育大学ゴールデンベアーズ。

今シーズンは負けが先行していた日本体育大学だが、このゲームでは攻撃のリズムが良い。ランプレーでのロングゲインもある。しかし、自ら墓穴を掘るような負け方。

7-14と7点ビハインドながら、モメンタムを得た日本体育大学が追い上げる場面。第3Q終盤に、敵陣ゴール前1ヤード以内(10cmくらい?)でFDを得る。クォータータイムをはさんでの4回の攻撃は、4回ともすべて中央を突くランプレー。結果は、早稲田大学守備がこれを止めて、7点差を維持。

どうして、関東の大学チームは、こういったプレーコールをするのだろうか。オープンに走るとか、パスを使うとか、せめて第4ダウンの攻撃ではFGを狙うとか、どうしてしないのだろうか。疑問。こういったおおざっぱな戦術で戦っている限りは、リーグ全体のレベルが上がらず、関西と互角に戦える日もなかなか来ないのではないか。

結果的には最終スコア14-17の3点差で日本体育大学が負けたのだが、僅差のゲームだけに、もうちょっとベンチも考えて欲しいな、と一観戦者として思った。

第3試合は、中央大学ラクーンズ 対 明治大学グリフィンズ。このゲームは面白かった。

明治大学は、試合開始直後、山崎公士(#45)のキックオフリターンTDで7-0とリード。

その後、中央大学がじわじわと逆転し、第3Q終了時点で、17-7と、中央大学が10点リード。このまま中央大学が勝つかと思われた。

が、第4Qの7分17秒、明治大学はRB山崎のランTD(TFP失敗)で13-17と4点差に迫る。その直後、明治大学のキッキングチームは浮かせたキックオフを自ら抑えて攻撃権獲得。そして、そのシリーズの最初のプレーで、また山崎が、今度はTDパスをレシーブ(第4Q 7分27秒)。20-17と逆転した。

つまり、それまで無得点だった明治大学オフェンスチームが、10秒で2つのタッチダウン。

中央大学は最後の反撃、明治のエンドゾーン近くまで攻め込むがTDを奪えない。FGを狙えるポジションで、第4Qの11分58秒(残り2秒)にタイムアウト。気温がやや低く、明治もタイムアウト(NFLみたい)。このタイムアウトが功を奏したのか、中央大学のFGは失敗。

最終スコアは、明治大学20-17中央大学。

4連勝で勝ち点12とした明治大学は、Aブロックの順列2位以上が確実となり、2002年以来3年ぶりのプレーオフ(クラッシュボウル)準決勝進出を決めた。

Aブロックの残りの一枠は、早稲田大学と中央大学が争う。

なお、Bブロックのほうは、10月22日(土)までの結果で、法政大学(4勝0敗)と慶應義塾大学(4勝1敗)が有利と思われるが、日本大学(3勝1敗)と専修大学(2勝2敗)にもまだチャンスが残っている。

追記:
関連記事 「関東学生アメフト第5節」
関連記事 「明大グリフィンズ がんばってるね」

© 2005, zig zag road runner.

|

« James Blunt "Back to Bedlam" | Main | 日本シリーズ(Nippon Series) »

Comments

今日は好ゲームが多かったんですね!
昨日Bブロックを見たのですが、日大の攻撃力・守備力は侮れません。次節の法政-日大が天王山と見ます。

Posted by: tim_morry | Monday, October 24, 2005 at 00:13

日体大の1stDown、ゴール前1ヤード。早稲田側客席で「左右は捨てていいから真ん中だけは止めて下さい」と祈っていた者です。本当に4回とも真ん中で来るとは。あそこで追いつかれていたら早稲田は負けていたでしょう。もしかしたらシーズン終了後、「あのプレーが・・・」と思い出されるシーンになるかも。

第3試合の明治は熱かったですね。「キッズフェスティバルで見に来ていた子供に良い試合を見せてくれてありがとう」という気持ちと「この熱いチームと次節で当たらなければならないのか」という気持ちが複雑に入り乱れながら帰途につきました。次節はABブロックともに天王山が来ますので両方見に行きたいところです。

Posted by: D-Mamiya | Monday, October 24, 2005 at 23:40

トラックバックありがとうございます。

明治vs中央の得点経緯の謎が解けてよかったです。

11月5、13日の試合も見に行かれるのでしたら、是非コメントを!

個人的にはクラッシュボウルでライバルである日大との対決を期待してたんですが、今日の法政戦に敗れてその夢もたたれたみたいですねもっとも、近年になく強くなってきたみたいですから、来年は期待できるとおもいますが、いかがでしょうか?

Posted by: 極私的視点管理人 | Friday, November 04, 2005 at 00:57

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48719/6536913

Listed below are links to weblogs that reference アメフト 関東大学リーグ Aブロック:

» 専修大、信じられない完封大敗 〜10/23の関東学生アメフト〜 [スポーツつれづれ観戦日記]
 実は今日が、今季のアメリカンフットボール初観戦。  ずいぶん遅くなってしまった。  今年はプロ野球にずいぶん傾倒していたからね。  それに、このくらいの時期にならないと好カードがないというのも一因。  本当に来年から2チーム増やすの?前半の組み合わせが今以上に…(以下自粛)  初観戦で、すごいものを見てしまった。  プレーオフ常連の強豪、昨年もブロック2位の専修大学が、ここ数年は下... [Read More]

Tracked on Monday, October 24, 2005 at 00:09

» 高校野球早実-堀越、大学アメフト早稲田-日体、中央-明治 [D-M HOUSE DIARY]
今日はアメフト早稲田-日体大(13:30アミノバイタルフィールド)に行く予定でい [Read More]

Tracked on Tuesday, October 25, 2005 at 00:04

« James Blunt "Back to Bedlam" | Main | 日本シリーズ(Nippon Series) »