« 爆笑問題の検索ちゃん | Main | Steps 三池直子写真展 (アートスペースモーター) »

Sunday, October 02, 2005

阪神タイガース優勝

2005年9月29日(木)、甲子園球場での阪神タイガース 対 読売ジャイアンツの試合、前日までにマジックナンバー「1」としていた阪神が勝ったため、阪神の2年ぶりのセ・リーグ優勝が決定。

優勝を決めたこの試合は、阪神の今年のゲーム運びを象徴していた。

先発投手は下柳。被安打4で無失点ながら、6イニングの責任を果たすとさっさと降板。あとは、JFKトリオでゲームを締めた。

先制点を挙げたのは金本の安打。ウィニングボールとなるレフトフライを最後に捕ったのも金本。

岡田監督は、就任2年目。昨年の低迷などでいろいろと言われながらも思うようなチーム作りをして、きっちりと結果を出した。

TVでの人気や観客動員力においても、ホームゲーム/ビジターゲームとも、ライバルのジャイアンツを上回っていたと思われる。

--

2003年のシーズンは、阪神ファンは異様に盛り上がっていた。何せ、前回優勝の1985年から既に18年経過。その前の優勝が1964年。20年に一度程度しか経験できない優勝。1990年代の暗黒時代。「生きているうちに見られる最後の優勝かもしれない」という言葉は、半ば冗談で、半ば本気で、阪神ファンの間で交わされていた。

2005年、阪神ファンは、やや落ち着いてじっくりとタイガースの活躍を楽しんでいた。「生きているうちに見られる最後」と思っていたものが、また2年後にやってきたのだから、「熱狂」とは違う感じ。それを表していたのが、ネットオークション(Yahoo!オークションなど)での観戦チケットの相場価格。これが実際の需給バランスに基づいたマーケットプライス。2005年の価格は、2003年のだいたい30%~50%くらい。

2005年の勝ち方は、2003年とも2005年とも違った感じだった。

最も特徴的なのは、やはり通称「JFK」。藤川球児(F)、ジェフ・ウィリアムス(J)、久保田智之(K)のトリオ。藤川とウィリアムスは、従来の呼び方だと「セットアッパー」ということになるのだろうが、何となく「クローザー」。3人まとめて「クローザー」という感じ。

9月29日までの記録では、6回終了時にリードしていたゲームでは、最終的に71勝3敗2引分、勝率.959という驚異的な数字。

佐々木主浩(元・横浜ベイスターズ、元・シアトルマリナーズ)のようなひとりだけのクローザーではできなかった、終盤3イニングの組み立てをパターン化できたことは、野球というスポーツにとっても画期的なこと。

37歳の下柳は現在ハーラーダービートップの14勝だが、もしこのままいくと、17年ぶり2人目の規定投球回数に達しないシーズン最多勝投手となる。

打線では、フル出場の金本が4番に固定され、5番今岡が打点王を狙う。四球の多い金本が塁に出て今岡につなぎ、今岡が走者を掃くというパターン。打線のつながりができたことが大きい。今岡を2塁から3塁にコンバートしたことも、成功だった。

個々のゲームの采配だけでなく、シーズン開始前に描いたやや大胆なチーム構想が見事に当たったという点で、岡田監督は、野村監督とも星野監督とも異なる快挙を成し遂げたといえる。


V奪還! 2005年阪神タイガース全記録[DVD]

日めくり 阪神タイガース 2006年度 カレンダー

© 2005, zig zag road runner.

|

« 爆笑問題の検索ちゃん | Main | Steps 三池直子写真展 (アートスペースモーター) »

Comments

トラックバックありがとうござます。
色々勉強になりましたです。
何かあればまた好奇心赴くままに訪問します!

Posted by: tsuji | Monday, October 03, 2005 15:57

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 阪神タイガース優勝:

» 阪神優勝!! [ハル育ってます]
阪神優勝おめでとう!ありがとう! マジック1で迎えた阪神巨人戦、ハルと2人、タ [Read More]

Tracked on Monday, October 03, 2005 12:47

« 爆笑問題の検索ちゃん | Main | Steps 三池直子写真展 (アートスペースモーター) »