« クーリエ・ジャポン(COURRiER Japon)講談社から創刊 | Main | D2Xの実売価格 »

Monday, November 21, 2005

デジタル情報クライシス デジタル写真の長期保存

3年ほど前からデジタル一眼レフカメラを使っている。

以前はNikonのD100。最近は同じくNikonのD2Xを使用。

今月発売された雑誌「月刊カメラマン」を見てもD2Xの評価は高く、私自身もほぼ満足しており、今はもうフィルムカメラ(Nikon F5など)よりもこのデジタルカメラのほうをメインに使っている。

それはいいのだが、問題は、撮った写真をいかに保存するかである。

今は、ハードディスクと、CD-Rとを併用している。CD-Rの枚数がだんだんと増えてきたため、近いうちにDVD-Rも導入する予定。

ハードディスクは、PC内臓のものと、外付け2台とをあわせて、総容量は約360GB(ギガバイト)。

多いときは、1回(1日)の撮影で1000枚から1500枚程度撮る。JPEG形式で保存しても、1日分の撮影データが2GBを超えることも珍しくない。

問題は、これらの媒体に保存したデータが使えなくなるかもしれないという恐怖といつも隣り合わせにいること。先日、ハードディスクのエラーにより、一部のデータにアクセスできなくなってしまった。同じデータがCD-Rにも保存されているため救われたが、ハードディスク装置が買ってから2年もたたないうちにエラーを起こすということは、非常に信頼性に欠ける。CD-RやDVD-Rなどの媒体も、保存状態によっては意外と早く(10年以内に?)読めなくなる可能性がある。

これは大問題である。

と思っているときに、1冊の本を発見した。

デジタル情報クライシス 情報を1000年残す方法
編集:中島洋
発行:日経BP企画
発売:2005年11月

 システム障害、磁気ディスク・テープの寿命、記録方式技術の陳腐化、ハードウェア・ソフトウェアの製造中止・・・・・・。デジタル情報への依存度が高まる現代社会に、唯一残された長期安全保存の方法を紹介する話題の書。

さっそく買って読んでみようと思っている。

© 2005, zig zag road runner.

|

« クーリエ・ジャポン(COURRiER Japon)講談社から創刊 | Main | D2Xの実売価格 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference デジタル情報クライシス デジタル写真の長期保存:

« クーリエ・ジャポン(COURRiER Japon)講談社から創刊 | Main | D2Xの実売価格 »