« March 27, 2005 - April 2, 2005 | Main | April 10, 2005 - April 16, 2005 »

Thursday, April 07, 2005

FIFAとソニー(SONY)がパートナーシップ契約

ソニーは、かつて誇っていたクールなブランドの地位を取り戻せるのか。エレクトロニクス製品(ハードウェア)ビジネスとデジタルコンテンツビジネスとの融合・シナジー創出が今後のソニーにとっての課題。

詳細は、ビジネス編(http://business.blog1.fc2.com/blog-entry-29.html)のほうをご覧ください。

(c) zig zag road runner, 2005.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, April 06, 2005

アリーナ・フットボール国際試合(af2)

2005年3月26日、米国サンディエゴ(San Diego)で、アリナーフットボール2部の「AF2(Arenafootball2)」に所属する地元チーム サンディエゴ・リップタイド(San Diego Riptide)が、日本選抜チーム サムライ・ウォリアーズ(Samurai Warriors)を迎えて、国際友好試合を行なった。

結果は67対32で、サンディエゴ・リップタイドが勝利。

日本選抜は、QB岡村孝太郎(おかむらこうたろう, 関学→IBM BigBlue)からWR冷水哲(ひやみずあきら, 立命館大→オール三菱ライオンズ)へのタッチダウンパスで先制したが、結果的には地力で勝るサンディエゴが圧倒した。NFLEL経験者の板井征人(いたいまさと, 京大→鹿島)が終盤に2本のタッチダウンを上げたが、勝敗には影響はなかった。

今回の日本選抜チームには、国内Xリーグから選抜されたプレーヤー25名で構成。その中には、3名のNFLEL経験選手と、2名のAF2経験選手も含まれている。

一方、サンディエゴ・リップタイド側にも、ひとりの日本人選手が入っていた。それは、鈴木孝昌(すずきたかまさ, Takamasa Suzuki)。日本ではXリーグのIBM BigBlueに所属、2004年シーズンの途中にAF2のハワイ・アイランダーズ(Hawaii Islanders)からサンディエゴに移籍してきたフルバック(FB)兼ラインバッカー(LB)の選手である。鈴木選手は、この日の試合でも、2本のランによるタッチダウンを記録したようである。

ちなみに、2004年のシーズンにAF2に参加した12名の「国際選手」の全員が日本からの参加選手だったとのこと。日本のアメフト選手および組織の国際的な取り組みには、注目すべきものがある。

結果的には、得点差を見れば大敗したものの、日本選抜チームの山田晋三ヘッドコーチは、SAMURAI WARRIORS BLOGの記事において、「思い描いていたものとは程遠く、私自身非常に責任を感じていますが、この敗戦から何を学び、次にどうのように具体的に手を打っていくかということが今は重要だと認識しております。」と述べている。また、「具体的にどういうことをしていけばこの差が縮まるのか、じっくり検証していかねばならないと思いますが、非常に根本的なところと細かい技術的なところを見直していかねばならない」とも述べている。

私自身は直接このゲームを見たわけではないが、この山田ヘッドコーチの言葉を読んで、近い将来、日本選抜チームがAF2のチームを破る日が来るのではないかと感じる。この日のゲームで何が得られたか、それをどう解釈し、そこからいかに積み重ねていくか、具体的な目標が形になってくることを期待したい。

関連記事:
砂時計: Samurai Warriors vs San Diego Riptide

(c) 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, April 04, 2005

地震

地震が来た。東京は震度1か2くらいの微妙な揺れ方。
2005年4月4日2時57分頃。

福島で震度4だそうです。

--
追記

この記事の情報によると;
震源地 福島県東方沖
発震時刻 2005/04/04 02:57:10.67
緯度 37.370N
経度 141.784E
深さ 38.2km
マグニチュード 5.1

とのこと。


(c) 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, April 03, 2005

ベジタリアン/Vegetarian

[ベジタリアン]

ベジタリアン(vegetarian)と呼ばれる人たちがいる。日本語では「菜食主義者」と訳す。

「主義者」というと何か宗教的・思想的な背景を背負っていそうである。私も以前はそういう何か「主義」を背負ったものかと漠然と思っていた。

実際は、かならずしもそうではないらしい。英国に居たころ、同じ職場にいた英国人女性(当時20歳)は、「I am a vegetarian.」と言っていた。但し、聞いてみたが、特に宗教的背景はないらしい。ベジタリアンであることは、若い女性にとって一種のファッションのようなもので、軽い感覚によるもののようである。宗教的背景というよりは、脂肪を取ることによって太ることを回避するという動機にも思える。

ある日、彼女はチキンサラダを食べていた。私は彼女に尋ねた、「ベジタリアンなのに、チキンは食べるの?」。彼女が答えるところによると、チキンや魚は食べても良いらしい。牛や羊はダメらしい。なぜ、チキンが良くて、牛や羊はダメなのか、論理的な答えはなかった。牛も少しなら食べられる、と言われると、さらにわからなくなった。量の問題なのか?

ブログ「英語生活ノおト+α」の記事にも、このあたりに関連する事情が書かれており、「ベジタリアンにも強いベジタリアンと弱いベジタリアンがあり、私はベジタリアンと公言する人も「弱い」ベジタリアンであることが、多いように思います。」とのこと)

職場の仲間でディナーに行くことになったとき、彼女がベジタリアンであることを考慮して、魚料理の専門店(フレンチ)へ行った。メニューに、「貝の盛り合わせ」みたいなのがあったので、それをスターターとして注文してみんなでシェアすることにした。大皿に山盛りの貝が出てきた。生の貝だった。日本人は、生の魚介類は食べなれている。フランスでも新鮮な魚介類は生で食べることもあると聞いたこともある。出てきた貝は、結構美味しかった。ところが、そのベジタリアンの彼女は、ひと口くらいしか口を付けなかった。調理された魚は食べるけど、生の魚介類は受け付けないらしい。結局、彼女はメイン料理が出てくるまで、ほとんど食べるものがなかった。

ベジタリアンと一緒に食事するのも難しいと思った。

(c) 2005, zig zag road runner.

| | Comments (1) | TrackBack (0)

最近気になった音楽

最近気になった音楽をランダムに・・・

Katie Melua
グルジア生まれ、ロンドン育ちの20歳。英国女王も絶賛。

Maximo Park
3月にUNITでライブ。ヴォーカルの調子が悪かったが。
参考記事:-violettethedrunkontheweb -: はちみつ飲むバンド Maximo Park

Scissor Sisters
2月にUNITでライブ。

nivea

Lacuna Coil
イタリアの「ゴシック調」ヘヴィ・ロック。男女ツインボーカルの6人組。

Tate & Markie

Tobaccojuice

ハルカリ
Halca(ハルカ,1988年4月21日生まれ,東京都目黒区出身)とYucali(ユカリ,1987年7月18日生まれ,東京都目黒区出身)で、Halcali(ハルカリ)。

paris match
デビュー5周年。

(c) 2005, zig zag road runner.

| | Comments (1) | TrackBack (0)

阪神が連勝/Hanshin Tigers

セ・リーグのほうも開幕した。

阪神タイガースは大阪ドームで対ヤクルト3連戦。4月1日の初戦はヤクルトが勝ち、2日・3日と阪神が連勝。
阪神・金本は、2日の試合で1500本安打と900打点を達成。この日金本はホームランも。
3日の試合では、4回の攻撃でスペンサーの1号ソロホームラン、シーツの1号スリーランホームランなどで逆転。6回には金本の2号ツーランホームランで加点。

読売ジャイアンツは、本拠地東京ドームで広島カープに3連敗。

中日ドラゴンズは、第1戦・第2戦と連続でサヨナラホームランによって勝利を収めたが、第3戦は横浜ベイスターズが大量14点で勝利。

(c) 2005, zig zag road runner.

| | Comments (1) | TrackBack (5)

Shall We Dance ?/周防正行監督

周防正行(すおうまさゆき, Masayuki Suo)

ハリウッド版の映画「Shall We Dance ?」が2005年4月23日(土)に日本でも公開される(米国では2004年公開)。

それに先立って、監督ピーター・チェルソムと主演男優リチャード・ギアが来日し、3月28日に新宿のパークハイアットで記者会見を行なった。リチャード・ギアも年を経て円熟味を増してきている。彼は親日家で、今回が7度目の来日とのこと。記者会見だけでなく、小泉純一郎首相と会談している場面などもTVで放送されていた。

リチャード・ギアは、この作品に出演するにあたって、3ヶ月間ダンスレッスンを行なったとのこと。そして、「日本のオリジナル版はパーフェクトだった。それにどのように変化を加えるかが大きな課題だった」と述べた。

ピーター・チェルソム監督も「私達が作ったこの映画はオリジナルと近いけれど、アメリカ文化のフィルターをかけている」と説明。

言うまでもなく、「オリジナル版」とは、周防正行氏が自ら脚本を書き、そして監督した作品「Shall we ダンス? 」(1996年)である。私も何度となく見た。リメークされるということは、日本映画が注目されているということ。オリジナル版のままでは米国市場に持っていくのは苦しいだろうから、ま、リメークも良いことなのだろう。


Amazon.co.jpより;

 平凡な中年サラリーマンの杉山(役所広司)は、通勤電車のホームから見かけた社交ダンス教室の美女・舞(草刈民代)に魅せられ、ダンスを習うことに。やがて彼は舞目当てではなく、本気でダンスに取り組むようになり、また舞もひたむきな杉山の姿から、見失っていた自分自身を取り戻すようになるが……。
周防正行監督が、社交ダンスの世界を舞台に描くハートウォーミングな大人のラブコメディー映画。時流からずれた世界をコミカルに、しかし愛情を込めて描く周防監督のテイストは本作によって完全に確立されたとみて思しい。主演ふたりの好演はもちろんのこと、竹中直人ら脇を固める面々の魅力を個性豊かに捉えているのも、この監督ならではの長所である。

そして、周防正行監督・脚本の3作品を収録したDVD-BOXも発売される。

周防正行 DVD-BOX

こちらの収録作品は、
1)Shall we ダンス? プレミアム・エディション 初回限定生産版 2枚組
2)シコふんじゃった。
3)ファンシィダンス

周防正行(すおうまさゆき)プロフィール
生年月日:1956年10月29日
出身:東京都
経歴:
大学在学中から高橋伴明(たかはしばんめい)監督のもとで修行を積み、若松孝二監督や井筒和幸監督らの助監督も務める。
監督作品:
1)狼/ディレクターズ・カンパニー(1982年,助監督)
2)神田川淫乱戦争/ディレクターズ・カンパニー(1983年,セカンド助監督)
3)スキャンティドール 脱ぎたての香り/にっかつ=N・C・P(1984年,助監督)
4)変態家族兄貴の嫁さん/国映(1984年)
5)マルサの女をマルサする (V)/伊丹プロ(1987年)
6)マルサの女をマルサする2 (V)/etイーティ(1988年)
7)ファンシイダンス/大映(1989年)
8)シコふんじゃった/大映=キャビン(1992年)
9)異常の人々 伝説の虹の三兄弟 (V)/日本テレビエンタープライズ=日本テレビ音楽=ケイエスエス(1993年)
10)大災難 (V)/大映(1995年)
11)Shall we ダンス?/大映=日本テレビ放送網=博報堂=日本出版販売(1996年)

(「周防正行」の読み方は、「すぼうまさゆき」ではなく「すおうまさゆき」。)

関連キーワード:
リチャード・ギア(Richard Gere)
ジェニファー・ロペス(JenniferLopez)
ピーター・チェルソム(Peter Chelsom)
役所広司
草刈民代

(c) 2005, zig zag road runner.

| | Comments (1) | TrackBack (6)

« March 27, 2005 - April 2, 2005 | Main | April 10, 2005 - April 16, 2005 »