« April 17, 2005 - April 23, 2005 | Main | May 1, 2005 - May 7, 2005 »

Saturday, April 30, 2005

W杯予選 北朝鮮vs日本は第三国で無観客試合

国際サッカー連盟(FIFA)は、2005年4月29日、チューリヒ(Zurich)で規律委員会を開き、6月8日の北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)vs日本の試合(北朝鮮のホームゲーム)を第三国で観客無しで開催させる処分を決定した。

これは、3月30日のワールドカップ(W杯)アジア最終予選 北朝鮮vsイラン(ピョンヤン)で観客が暴徒化したことに関して、北朝鮮に対する処分。

代替開催地は今後決定される予定。

この件に関して、日本サッカー協会の川淵三郎会長は4月30日に記者会見する予定。

先日、北朝鮮は、日本のサポーター約5000名を受け入れる意向を示していた。これに対応して、旅行会社等も日本からの観戦ツアーの企画を開始していた。

日本代表チームにとっては、第三国開催は、ピョンヤンでの開催よりは有利になるはず。ただ、無観客試合ということは、一般人のスタジアム観戦のチャンスがなくなり、サポーターにとっては残念かも。

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (1) | TrackBack (12)

Friday, April 29, 2005

Google広告の新機能

Googleは、かなりの勢いで広告収入を伸ばしている。
もちろんこれには、得意のキーワードマッチング技術を活用することによってウェブの特性を最大限に生かしたAdSense広告の広がりが寄与している。

そのAdSenseプログラムに新機能が追加されるとのこと。

まずは、「サイトターゲット広告」。従来、広告主はキーワードをターゲットとして広告を出稿していたが、この「サイトターゲット広告」を用いれば、特定のサイトを狙って広告をうつことができる。逆に言うと、キーワードマッチングだけではどうしても混入してしまう「ノイズ」サイトを除外することができる。広告主にとっては、待ち望まれていた機能かもしれない。

サイトターゲット広告が導入されると、サイト側は選別されることになる。集客力がある(あるいは広告主とのマッチングが良い)サイトには、より多くの広告収入がもたらされる可能性がある。また、そのようなサイトの広告枠は限られているため、場合によってはビッドによる広告料の吊り上げが起こることも考えられる。

キーワードマッチング広告からサイトターゲット広告への流れと言うのは、純粋技術的には退歩と捉えられなくもないが、ビジネス的には必然の流れと言ってもよいだろう。

あとは、広告ユニットいっぱいに表示されるテキスト広告(拡張テキスト広告)のテスト運用が行なわれている。

また、イメージ広告も増えるとのこと。

Googleのビジネスモデルは、シンプルでスッキリしている点が美しかったのだが、今後は更なる成長のために多様な機能が導入されていくのだろう。

Google(和書)
Google(洋書)

免許皆伝 Google アドワーズ道場/小山陽子・著

Google Hacks プロが使うテクニック&ツール100選

Mining Google Web Services:
Building Applications with the Google API

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (1)

祝日/ゴールデンウィーク

ゴールデンウィークが始まった。

今日は、4月29日、「みどりの日」である。
この4月29日は、元々、「天皇誕生日」という祝日だった。
「昭和」から「平成」に変わったとき、つまり平成元年(1989年)に、法改正により昭和時代の「天皇誕生日」が「みどりの日」という名前になって祝日として残った。

ところで、平成19年(2007年)から、4月29日は「昭和の日」という名の祝日に変わることになっている。そして、5月4日(現在は、憲法記念日(5月3日)とこどもの日(5月5日)に挟まれた日ということで「国民の休日」にとなっている)が「みどりの日」となる。

ややこしい。

英国に住んでいた頃、日本の祝日を英国人に説明するのは少し大変だった。まず、日本は英国に比べて(というかたいていの諸外国に比べて)祝日の数が多い。「なぜそんなに多いのか?」と聞かれても、私にはわからない。一応「日本人はワーカホリックだから、法律で休みの日を決めないと働きすぎになってしまうから祝日が多くなっている」と答えるのが模範的であり説得力があることになっていたのだが、自分自身、それは何か違うと思うので、そういう答えはしなかった。

次に大変なのは、祝日の意味の説明である。

元旦、建国記念日、憲法記念日、文化の日(これは、明治天皇の誕生日であることとは無関係に、1946年11月3日に日本国憲法が公布された日であるから祝日になっている)などは、説明がつきやすい。いかにも祝日らしい祝日である。

困るのは、春分の日、秋分の日。なぜこれが祝日になるのか、論理的な説明はできなかった。夏至や冬至は祝日ではないわけなので。

さらに言えば、「みどりの日」(4月29日)、これは、「前の天皇(昭和天皇)の誕生日」だというと一応はわかってもらえるのであるが、返ってくる質問は、「日本では天皇(Emperor)が替わる都度、祝日が増えていくの?」 まだ、昭和天皇しか例がないから、何とも言えない。10代後の日本では、「○○天皇の誕生日」という祝日が10個増えているのだろうか。

もっと説明に困るのは、「こどもの日」、「敬老の日」など。なぜそれが祝日になるのか、「こどもの日」があるのに何故「おとなの日」がないのか、など、聞かれても困る。

まあ、英国にも、「Spring Bank Holiday」(春の銀行休業日)とか「Summer Bank Holiday」(夏の銀行休業日)など、由来のよくわからないものもあるから、お互いなのだが。

ちなみに、今日4月29日は「羊肉の日」(ジンギスカン鍋の普及のため、ジンギスカン食普及拡大促進協議会が制定)でもあるらしい。それ何?
参照:http://ja.wikipedia.org/wiki/4%E6%9C%8829%E6%97%A5


とにかく、ゴールデンウィークは仕事もあまり入ってないので、心身をリフレッシュしよう。

Holiday


「国民の祝日」の由来がわかる小事典/所功・著)

ローマの休日(Roman Holiday)
オードリー・ヘプバーン主演

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Tuesday, April 26, 2005

安全と効率(JR西日本の脱線事故)

2005年4月25日午前9時20分頃、兵庫県尼崎市のJR西日本(西日本旅客鉄道)福知山線(宝塚線)尼崎―塚口駅間で、同志社前行きの快速電車(7両編成、乗客乗員約580人、高見隆二郎運転士、23歳)が脱線し、線路沿いのマンションに激突するという事故があった。

4月26日夜現在、死者73人、ケガ人456人に達している。

この電車は、事故直前に手前の伊丹駅で停車する際にオーバーランしたため、後退等によって遅れが生じていた。TVなどで話している乗客によると、この遅れを取り戻すためか、かなりのスピードで走行していたという。現場は半径約300メートルのカーブになっており、通過制限速度は時速70キロメートルであったが、4月26日に記録装置を解析した結果では、事故直前の走行速度は時速約100キロメートルだったとのこと。

本件は、表面的には一民間企業が起こした事故であるが、その意味はもっと深い。

社会が効率を求める余り、安全が後回しになっていると感じざるを得ない。効率の追求は、日本に限ったことではなく、現代における世界的な大きな流れである。効率と安全とは必ずしも二律背反の関係にあるものではないが、効率追求だけが優先されすぎているのではないか。

これは鉄道会社だけでなく、様々な業種において共通の根を持つ現象が起こっている。

報道によると、この運転士は、2004年にも運転していた電車をオーバーランさせて、社内で処分を受けていた。運転士になる前も、車掌として、不適切な行動により訓告処分を受けていた。入社約5年で、鉄道マンとして熟練度が高かったとは決して言えない。そのような熟練度の低い運転士であっても、単独で運転席に座り、通勤・通学時間帯の過密なダイヤの中で電車を運転しなければならない。人材に余裕の無いギリギリの状態で鉄道を運行しているのだろうか。

また、この運転士は、伊丹駅でのオーバーランの距離を偽って報告するように車掌と示し合わせていたという事実も報道された。嘘をついた上に制限速度を超えてまで遅れを取り戻さなければならないという社内事情が何かあったのではないだろうか。また、末端からの嘘の報告を管理者が見抜けないという体質を、この会社が内包していた可能性もあるのではないだろうか。

また、この福知山線(宝塚線)は、かつては列車頻度の非常に低いローカル線であった。通勤・通学客の多くは、競合する阪急宝塚線を利用していた。ところが、ここ数十年、列車本数の増加、走行速度の向上、そして大阪市内地下を通って京阪奈丘陵方面への直通運転をするなど、JR西日本は福知山線の利便性向上と収入増を図るための様々な施策を実行してきた。一方で、旧タイプの自動列車停止装置は設けられていたものの、列車の速度を調整するための自動列車制御装置は未だに設けられていなかったと言う。その技術自体は30年以上前には完成していたにも関わらずである。自動列車制御装置が設けられていれば、制限速度を超えた運転は不可能だったはずであり、このような事故を回避できた可能性が高い。

列車密度の高い都市型路線として収益を追求しながら、安全のための投資は後回しにされていたということだろうか。

疑問はいろいろと出てくる。

世界的な競争の中で、企業が生き残っていくためには、経済性の追求が不可避となっている。JR西日本のような国内市場だけで商売をしている会社にも、当然にこの影響は及ぶ。あらゆる企業で、「余裕」が少なくなってきている。

経済性を追及するときに、人間の、あるいは人間の集団の能力を超えるものが要求されているとは言えないだろうか。また、そのことを指摘すること自体が罪悪であるかのように捉えられていないだろうか。安全性を置き去りにした経済性の追求は、決して人類の幸福にはつながらないだろう。

最初のほうにも書いたように、鉄道に限らず、あらゆる産業において同様のことが言える。

安全を最優先するための大きな社会的枠組みが必要である。

--

関連ブログ記事:

al dente アル・デンテ:JR西日本 安全管理体制の軽視には、
「事故現場の先にある尼崎駅では4月上旬に、平日10日間にわたって1秒刻みの遅延状況調査を行っています。この調査結果は当然運転士の成績や処分の対象となり、無言のうちに強いプレッシャーを掛けていたものと思います。」と書かれている。

優美の気まぐれ日記★☆:JR福知山線大惨事・・には、
「時間の正確さで確かにJRは売っているかもしれないけれど、それでも安全第一なのが、当たり前じゃない? 安全を意識するならば、運転手の給料に響くのはおかしいだろうし、そんなんシステムの問題でしょ。」と書かれている。

ちいさなstool:1:29:300には、
「1件の重傷事故の下には29件の軽傷事故があり、さらにその下には300件のヒヤリハットがある。安全第一の作業をするということは、重症事故を防ぐことではなくて、ヒヤリハットを削減することによって間接的に重傷事故発生を回避することである。」と書かれている。

--

2005年5月14日追記
「たなか@さくらインターネット」(田中邦裕氏/さくらインターネット株式会社 取締役COO) に詳細かつ冷静な分析が記載されている。
列車事故
JR西日本社員
JR西日本 vs 大手私鉄
日勤教育
ダイヤは過密ではない
脱線するほどのカーブの理由
福知山線の復旧とATS-Pの設置
実は裏付けの無い最高速度


© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (1) | TrackBack (2)

インストール

[DVD]インストール コレクターズ・エディション

Amazon.co.jpより

 毎日に脱力し、学校へ行かなくなった17歳の朝子(上戸彩)は、自分が捨てたパソコンを拾っていった小学生かずよし(神木隆之介)と知り合い、人妻風俗嬢のエロチャットの代役を務めることになり…。
 史上最年少で芥川賞を受賞した綿矢りさが17歳のときに記した同名デビュー小説(第38回文藝賞受賞)を原作にした風変わりな青春映画。監督は『ウソコイ』などTV出身の片岡Kで、独特のポップなセンスを生かしながら、少し過激なネットワールドを軽やかに描いているが、映画独自の設定などに原作ファンはとまどう部分もあるかもしれない。17歳の女の子を等身大で演じる上戸のうまさは言うまでもないが、天才子役とも謳われる神木くんの存在感もすごい。

収録内容
《Disc: 1》
●本編
●予告編+TV・CF
《Disc: 2》
●from インストール to インストール(メイキング映像)
●A day in 上戸彩
●テレビ東京特番 「プリインストール」再編集版
●東京国際映画祭記者発表映像
●「ディレクターチェア事件簿」

原作: 綿矢りさ (第38回文藝賞受賞作・河出書房新社刊)
脚本: 大森美香監督:片岡K
オリジナルサウンドトラック:-記憶のカケラ- Rita iota(日本クラウン)
製作: 角川映画 テレビ東京 日活 ハピネット
出演: 上戸彩 中村七之助 神木隆之介 菊川怜(友情出演) 小島聖 田中好子


「インストール」オリジナルサウンドトラック 「記憶のカケラ」
Rita Iota


© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Sunday, April 24, 2005

古田2000本安打! 阪神・能見が初勝利(4月24日)

2005年4月24日(日曜)のプロ野球

阪神タイガースは、横浜スタジアムでベイスターズと対戦。前回の登板で好投しながら白星を得られなかった阪神の新人 能見投手が初勝利(1勝0敗)。スコアは、阪神8-3横浜。阪神は、11勝8敗で、首位・中日に1ゲーム差の2位をキープ。

読売は、ナゴヤドームで中日ドラゴンズと対戦。3-3で迎えた延長11回の裏、無死満塁から中日の英智が読売・久保から押し出しの四球を選び、サヨナラ。読売は借金4(8勝12敗)。

松山でのヤクルト・広島戦では、ヤクルト・捕手古田敦也が2000本安打を達成。古田選手の経歴は、川西明峰高 - 立命館大 - トヨタ自動車 を経て、1990年にドラフト2位で、ヤクルトスワローズに入団。以来、「眼鏡をかけた捕手はプロで通用するのか?」という周囲の声を撥ね退けて、ついに大記録を達成。大卒で社会人を経てプロ入りした選手の2000本安打達成はプロ野球史上初とのこと。おめでとう
試合は5-2でヤクルトの勝利。

ロッテ・東北楽天戦は、ロッテ6-0東北楽天。楽天は、5勝18敗。このペースのままいくと、軽く100敗を超えてしまう。

あとは、西武6-2福岡ソフトバンク、北海道日本ハム5-1オリックス。

古田敦也選手のブログ記事:
古田敦也公式ブログ:2000本打つことができました。

古田敦也選手に関する記事:
古田敦也/Atsuya Furuta
すっぴん:おめでとう!

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (5)

NFL Europe / Week 4 / 木下典明(Admirarls)

NFL Europe Leagueの第4週のゲームが行なわれた。

3勝無敗だったCologne Centurionsは、ホームゲームで2勝1敗のAmsterdam Admiralsと対戦。

結果は、37-24でAmsterdamの勝利。

さらに、Berlin Thunderも、30-28でRhein Fireに対して勝利を収めた。

これで、Cologne, Amsterdam, Rheinの3チームが3勝1敗で並んだ。

CologneのQB波木健太郎は今週も不出場。

Amsterdamの木下典明は、今週もスペシャルチームの一員として出場。3タックルを記録した(キックオフ時の2と、パント時の1)。これは、スペシャルチームのタックル数としては、この試合の出場選手中の最多。

先週の記事に対してRupuRupuさんからトラックバックしていただき、それによるとBerlin ThunderのC合田正和 選手(日本ではオンワード・スカイラークスに所属)が「Offense Lineとしての出場、日本人初!!!」とのことだったのだが、今週は欠場したみたい。

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ELLEGARDEN / RIOT ON THE GRILL

ELLEGARDEN (CD)
ELLEGARDEN (DVD)

ELLEGARDEN(エルレガーデン)の4thアルバム「RIOT ON THE GRILL」が発売になった。

RIOT ON THE GRILL / ELLEGARDEN

2005年4月20日発売

収録曲
1.Red Hot
2.モンスター
3.Snake Fighting
4.Marry Me
5.Missing
6.Bored Of Everything
7.TV Maniacs
8.虹
9.I Hate It
10.BBQ Riot Song


2004年に渋谷AXで行われた『Bad For Education Tour』を収録したライブDVDも同時(2005年4月20日)に発売されている。

BAD FOR EDUCATION TOUR LAST BOOTLEGIII

収録曲
1.Supernova
2.Pizza Man
3.TV Maniacs
4.No.13
5.Wannabies
6._(Can't Remember) How We Used To Be
7.Bare Foot
8.風の日
9.Sliding Door
10.Good Morning Kids
11.Missing
12.The Autumn Song
13.Surfrider Association
14.ジターバグ
15.バタフライ
16.Make A Wish

--

2004年5月26日発売の3rdアルバムはこちら。

Pepperoni Quattro / ELLEGARDEN

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (3)

« April 17, 2005 - April 23, 2005 | Main | May 1, 2005 - May 7, 2005 »