« January 2, 2005 - January 8, 2005 | Main | January 16, 2005 - January 22, 2005 »

Saturday, January 15, 2005

古田敦也/Atsuya Furuta

プロ野球ヤクルトスワローズの古田敦也捕手が、来シーズン(2006年のシーズン)から監督を兼任する可能性が出てきた。

ヤクルト球団の多菊善和球団社長が、2005年1月13日、私見とした上で古田選手について「来年も現役一本というのは難しいのではないか。うちで一番有名だし、選手兼任監督も選択肢のひとつ」という主旨の発言をしたとのこと。

古田選手は、1965年生まれで今年8月6日には40歳になる。立命館大学を卒業後、社会人のトヨタ自動車を経て(トヨタ自動車では野球の活動のほかに社内の特許関係の仕事をしていたと、ある関係者から聞いたことがある)、1990年にドラフト2位でプロ入りし、ヤクルトの中心選手として活躍してきた。ヤクルトで監督をしていた野村克也氏が、彼に捕手としてのインサイドワークを叩き込み、古田選手はそれをしっかりと吸収した。今では違和感はなくなったが、古田選手の入団当時、プロ野球の捕手で眼鏡をかけているのはやや珍しかった。プレーをする上で眼鏡をかけていることが活躍の範囲を制限するのではないかと言う見方もあったようだが、そのような雑音を気にせず跳ね返して実績を築いてきた。

2004年のシーズンで古田選手が存在感を出したのは、選手としてよりも、プロ野球選手会長としてのほうが大きかったかもしれない。球界再編の動き(「プロ野球再編問題」も参照)の中で、選手として試合に出場する合い間に、選手会長として経営側との交渉を行い、プロ野球史上初のストライキを実行したりもした。我々一般人側からは舞台裏は完全には見えないが、単なるストライキ戦術だけではなく、ライブドアあるいは楽天という新規参入希望企業が出てきたりしたことによって球団数削減をとりあえず防いだのは、古田選手会長と彼のブレーンの力によるところも大きいのではないか。

そのような古田選手であるので、遅かれ早かれヤクルトの監督に就任するであろうことは数年前からの既定路線となっている。あとはその時期の問題だけだった。

ところで、ここからは全くの私見なのだが、古田氏を単に一球団の監督にしてしまって良いのだろうか。彼のキャリアの通過点としてはそれも必要かもしれないが、監督(つまりマネージャ)に就任するということは一時的にせよ彼の球団経営者側に対する発言力が今よりも低下することになる可能性もある。今、日本のプロ野球が改革を必要としていると言うことは、昨年、さんざん論じられてきた。楽天とソフトバンクという資金源が確保されたということだけで問題が解決したわけでは決してない。古田氏には、単にヤクルト監督としてより、それ以上のプロ野球全体の活性化つながる動きのキーパーソンのひとりとしての活躍も期待したいと個人的に思う。

そういう古田氏が、2004年12月25日から、So-net上で、「古田敦也公式ブログ」(URLは下に記載)を開設している。本人はまだ「ブログ初心者の僕が何を書いていいかわからず」とか書いているが、頭の良い彼ならば遠くないうちにブログというメディアが持つパワーやその特性を理解することだろう。野球の現場や、選手会や、プロ野球機構のことなど、古田氏の視点からいろいろ書いてもらえることを期待したい。

※ 古田敦也公式ブログ
※ ブログ
※ 日本プロ野球70年史(ベースボールマガジン社)


(c) 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (6)

Friday, January 14, 2005

D2X 発売日,価格

Nikonデジタル

Nikon D2Xの関連記事

D2Xの発売日が正式に決まったようである。

Nikonからの報道発表を見ると、発売日は2月25日。月産8000台とのこと。「デジタル一眼レフカメラ『ニコン D2X』は、2005年1月発売予定とお知らせしておりましたが、2005年2月25日発売に変更させていただくことになりました。商品をお待ちのお客さまにはご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ちいただけますようお願いいたします。」とも書かれている。

1月発売予定が延期されたのは、まあ、予想通り(?)

なお、米国でも、2月25日発売ということがNikonから発表されているようである。

気になる実売価格のほうだが、日本では、非公式な情報として大手量販店で498,000円という噂がある。
米国では、「Nikon推奨の小売価格は$4999」という情報もある。小売店で価格を出しているところはまだみつからない。欧州では、4500ユーロという線が出ている。この4500ユーロは、現在の為替レートを考えればやや高めか。

いずれにしても、12月25日の記事を書いた時点では「実売価格が50万円を少し切るくらい」という線を希望的観測として書いていたのだが、上に書いたような様々な情報を見る限りでは、この商品をNikonはかなり本気で売るつもりであることがうかがえる。

(c) 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Thursday, January 13, 2005

Keyword Ranking (2005/01/13)

最近の来訪者の検索語ランキング(2005/01/07-2005/01/13)

1位(→) インドネシア・スマトラ島沖地震
2位(↑) Nikon D2X
3位(↑) Koda,倖田來未
4位(↑) 木下典明
5位(↑) Twenty four

番外(↑) Softbank Hawks
番外(↓) Tillmans

(c) 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, January 10, 2005

[NFL] Minnesota Vikings 31-17 Green Bay Packers

1月9日のもうひとつのワイルドカードゲームは、Minnesota Vikings(ミネソタ・バイキングス)対Green Bay Packers(グリーンベイ・パッカーズ)。Green BayはNFC北地区優勝チーム、Minnesotaは同地区2位で同地区対決。

結果は、Minnesota Vikingsが31-17で勝利。

個人的にはGreen Bay有利かと思っていたのだが、Minnesota守備陣はGreen BayのクォーターバックBrett Favreからのパスを4度インターセプト。一方、MinnesotaのクォーターバックDaunte Culpepperはこのゲームで被インターセプトなし、そして4つのタッチダウンパスを決めた。

Green Bayはホームフィールドアドバンテージを得ながら敗戦。Green Bayのホームフィールド(Lambeau Field)でのプレーオフ敗戦は、ここ最近3年間で2度目。

勝ったMinnesota Vikingsは、1月16日のディビジョナルプレーオフでPhiladelphia Eaglesと対戦する。

--

次週のゲーム予定は次の通り(日時は米国東部時間)。

Saturday, Jan. 15
4:30 p.m. : N.Y. Jets at Pittsburgh
8:00 p.m. : St. Louis at Atlanta

Sunday, Jan. 16
1:00 p.m. : Minnesota at Philadelphia
4:30 p.m. : Indianapolis at New England

(c) 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (3)

[NFL] Indianapolis Colts 49-24 Denver Broncos

ワイルドカード2日目の1月9日、AFC南地区優勝のIndianapolis Colts(インディアナポリス・コルツ)と同 西地区2位のDenver Broncos(デンバー・ブロンコス)との対戦は、49-24の大差でIndianapolisが勝利した。

IndianapolisのクォーターバックPeyton Manning(ペイトン・マニング)は、この試合で33回のパス試投のうちの27回を成功させ、457ヤードをパスで獲得した。この457ヤードは、プレーオフ史上2位。

ゲームは、前半、Manningの3つのタッチダウンパス、Manning自らのキープによる1ヤードタッチダウンランなどで、35-3とIndianapolisがリードを奪い試合を決定付けた。

勝ったColtsは、1月16日のディビジョナルプレイオフでNew England Patriotsと対戦する。

(c) 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Sunday, January 09, 2005

The Lord of the Rings / ロード・オブ・ザ・リング

The Lord of the Rings

ロード・オブ・ザ・リング
スペシャル・エクステンデッド・エディション トリロジーBOX セット

J.R.Rトールキン原作によるファンタジー小説の金字塔「指輪物語」を、ピーター・ジャクソン監督が壮大なスケールで映画化した大ヒットファンタジー作品「ロード・オブ・ザ・リング」。その3部作それぞれの本編に未公開シーンを追加し、さらに膨大な特典映像も満載した『~スペシャル・エクステンデッド・エディション』3タイトルのセットが、2005年2月16日に発売される。

収録内容は、下記3作
『ロード・オブ・ザ・リング ― スペシャル・エクステンデッド・エディション』
『ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔 スペシャル・エクステンデッド・エディション』
『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 スペシャル・エクステンデッド・エディション』

それぞれの作品に同梱されている「中つ国パスポート」 「モルドール特別通行許可証」 「中つ国住民手帳」も、このセットに同梱されている。数量限定品。

Amazon.co.jpのレビューより; 

 劇場公開版は、もちろん充分楽しめたが、「せっかくの超豪華な絵本をゆっくり眺めたいのに、ものすごい速さでページをめくられてしまった」という印象が残るのは否めない。(特にいろいろ詰まった一部は顕著)しかしこのバージョンでは継ぎ目のないCGを駆使した豪華な映像をゆっくりと堪能できる編集になっている。
 また公開されなかったのが本当に惜しい数々の未公開のエピソードの中でも、特にボロミアの登場するシーンにこの場を借りて触れたい。
 架空の世界を舞台にするファンタジー映画は相対的に俳優陣がいくら豪華であろうと、その演技力をで披露できる機会が少ない。本作も、賞を総なめにした第76 回アカデミー賞で俳優陣だけがノミネートされなかった事からも伺えるように、全体的に演技の見せ場がその他の要素のすばらしさに比べ少し弱い。
 モーテンセンが演じたアラルゴンの役も例外ではなく、実年齢が?歳と言うのも納得、人間ではあるが悟りの境地に入ってしまった超人。尊敬すべき人格者だが、何でもできるスーパーヒーロー故に演技で魅せる場は限られてしまうのだ。
 しかしボロミアはこのジャンルの映画には珍しい、自分の理性と指輪の誘惑との葛藤に苦しむ複雑な演技を要する等身大の人間の役だ。
 ベテランのショーンビーンがこの人間臭さを見事に演じきり、この作品にただのファンタジ-映画では切り捨てられない、深みとリアリティを与える大きな要素となっている。
 いわゆるファンタジー映画のファンではないのだが、話題作なのでとりあえず劇場で見た一作目でボロミアに代表される登場人物の内なる葛藤の部分に共感を覚え、この作品にぐいぐい引き込まれてしまった。その劇場公開版でも葛藤を体現したまま死んでゆく演技には息をのんだが、カットされたシーンが多い結果、弱い印象を受けるシーンばかりが多くなってしまったのが残念だった。
 このバージョンを見ると、ボロミアが弱いどころか、人間界では強く、誇り高く、誰をも魅了してやまない特別な存在だった事が認められる。そんなボロミアでさえその魔力に勝てなかった指輪を破棄する自分との戦いの物語なのだ、と改めて襟を正したくなるような感銘を受けた。今ではボロミアがこの作品と、観客との心理面での接点であり、さらに作品への理解を深める影なる目安でもあるとさえ感じている。
 二部のゴンドールでの演説で始まるシーンは必見だ。
このバージョンではこのように様々な見地から、作品をより楽しめる特典映像が盛りだくさん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

阪神・薮投手がOakland Athleticsへ

Oakland Athletics

プロ野球阪神タイガースの藪恵壹 投手(36歳)は、このオフシーズンにFA(フリー・エージェント)宣言をして大リーグ入りを目指していた。

一時はAnaheim Angels (アナハイム・エンジェルス,来シーズンより、Los Angeles Angels of Anaheimに改名?)への入団が有力視されていたが、1月8日、Oakland Athletics(オークランド・アスレチックス)との契約が確実になったとのこと。Athleticsは、先発投手の補強を必要としており、マット・キーオ特別GM補佐(1987年から4年間阪神タイガースに在籍)とケン・モッカ監督(元・中日ドラゴンズ)の後押しによって入団が実現しそうだ。

先発投手としてAthleticsに入団することになると、同一リーグの松井秀樹(New York Yankees)やイチロー(Seattle Mariners)と対戦する可能性も高く、楽しみである。

関連記事:
阪神の藪投手、Anaheim Angels入りか?(2004年11月18日)

| | Comments (0) | TrackBack (5)

記事索引

zig zag road の記事索引ページ ← クリック

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nikon D2H

Nikon D2Xの発売日は未だ発表されていないようである。
ところで、D2Hのほうは、かなり安くなってきた。
Nikonの開発責任者の人が言っていたが、D2Xが発売された後も、D2Hの需要は続くと読んでいるようである。
確かに、D2Xに比べて半分以下の価格であれば、また異なるユーザ層がD2Hを買って使うということは充分にありそうである。

Nikon D2H

Nikon D2H デジタル一眼レフカメラ ボディ単体
ニコン 
[ エレクトロニクス ] 2003-11-30   
Nikon EN-EL4 D2H専用Li-ionリチャージャブルバッテリー
ニコン 
[ エレクトロニクス ] 2003-11-30
エツミ E-1322 プロ用液晶ガードフィルム (ニコン D2H用)
エツミ 
[ エレクトロニクス ] 2004-06-14
Nikon ファインダースクリーンB型(D2H用)
ニコン 
[ エレクトロニクス ] 2004-02-14
Nikon ファインダースクリーンE型(D2H用)
ニコン 
[ エレクトロニクス ] 2003-10-30

(c) 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (1)

[NFL] New York Jets 20-17 San Diego Chargers

1月8日(米国時間)のワイルドカード第2試合が先ほど終わった。

結果は、20-17でNew York Jets(ニューヨーク・ジェッツ、AFC東地区2位)が、San Diego Chargers(サンディエゴ・チャージャーズ、AFC西地区優勝)を破った。

試合は、17-7の10点差でJetsがリードして第4クォーターを迎えた。追うSan Diegoは、4分12秒にキッカーN.Kaedingの35ヤードのフィールドゴールを成功させて17-10。そして14分44秒(残り16秒)にD.BreesからA.Gatesへの1ヤードのタッチダウンパス(TFPはキック成功)を決めて17-17に追いついた。

オーバータイムでは、まず、San DiegoとNew York Jetsがそれぞれ1回ずつパントで攻撃権を放棄。次の攻撃でSan Diegoは約8分のドライブでファーストダウンを4回獲得、敵陣22ヤードまで攻めこんだが、そこからの40ヤードのフィールドゴールをN.Kaedingが大きく外して失敗。最後は、San Diegoの10ヤード地点まで攻めこんだNew York JetsがD.Brienの28ヤードのフィールドゴールを決めて20-17で勝利した。

レギュラーシーズンで12勝4敗の好成績を残したSan Diego Chargersがこれで姿を消した。

関連記事:
St. Louis Rams 27-20 Seattle Seahawks
barry雑言:PLAYOFFS WILDCARD
マクファーレン・スポーツ コレクターブログ:NFL 一発勝負のプレーオフ

(c) 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (5)

[NFL] St. Louis Rams 27-20 Seattle Seahawks

アメリカンフットボール NFL で、スーパーボウルに向けてのプレーオフが始まった。

まず、2005年1月8日(土)、ワイルドカードゲームの第1試合は、NFC西地区所属チーム同士の対決。この試合では、同地区2位のSt. Louis Rams(セントルイス・ラムズ)が同地区優勝のSeattle Seahawks(シアトル・シーホークス)を27-20で破り、次週のディビジョナルプレーオフへ進出した。

スタッツ的にはほぼ互角。獲得ヤード数は、St. Louisが396ヤードに対してSeattleは413ヤードとリード。攻撃所有時間は、逆に、St. Louisが31分06秒と、Seattleの28分54秒を少し上回った。

Seattleは、第4クォーター残り2分11秒、自陣36ヤード地点から最後の攻撃を開始、8プレーで59ヤード前進したが、St. Louisの守備が守りきった。

--

New York Jets 対 San Diego Chargersのゲームは、現在、第4Q残り約5分、Jetsが17-10でリードしている。

(c) 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« January 2, 2005 - January 8, 2005 | Main | January 16, 2005 - January 22, 2005 »