« May 15, 2005 - May 21, 2005 | Main | May 29, 2005 - June 4, 2005 »

Saturday, May 28, 2005

堀江貴文氏のメディア戦略セミナー

このブログでは、以前から、株式会社ライブドアおよび堀江貴文氏に注目しており、関連記事を書いてきているが、その堀江氏が、2005年6月8日に、「堀江社長のメディア戦略セミナー」と題するセミナーの講師を務めるようである。

今春の、ニッポン放送およびフジテレビを巻き込んだM&A騒動は記憶に新しいが、果たして、あれは単なるマネーゲームだったのか。

あるいはインターネットと既存メディアとの「融合」が、あらたなケミストリーを生み出すのか。キラーコンテンツとなり得るものは何なのか。

そのあたり、堀江氏だけでなくライブドアの役員3名を講師として、3時間半(休憩時間を含む)にもおよび盛りだくさんな内容になっているようである。

ITビジネスに関わる人にとっては、役立つセミナーかもしれない。

なお、「本セミナーについては報道関係者の方の取材は固くお断り」とのこと。


内容の概略

1. 「堀江社長の20兆円市場を開拓するメディア戦略」
  講師:堀江貴文
  株式会社ライブドア 代表取締役社長 兼 最高経営責任者

2. 「ポータルサイトを軸とした100億稼ぐメディア戦略」
  講師:伊地知晋一
  株式会社ライブドア メディア事業部 執行役員上級副社長

3.「新しい出版を提案するライブドア・パブリッシング」
  「フリーペーパーとインターネットの融合」
  「ジャーナリズムの原点回帰を実現したパブリック・ジャーナリスト」
  講師:岸謙一
  株式会社ライブドア・パブリッシング代表取締役社長 兼
  株式会社ライブドア メディア事業本部 執行役員副社長

講座の7つの特徴
1.堀江貴文氏がメディア戦略による20兆円市場開拓の展望を公開
2.新聞、出版、放送そしてインターネットとの融合ビジネスがわかる
3.『Livedoor』とブログの進化 これからのキラーコンテンツを紹介!
4.空前の大ヒット作「R25」制作者がフリーペーパーとインターネットの融合を語る
5.ジャーナリズムの原点回帰を実現したパブリック・ジャーナリストの実態を公開
6.ライブドアが時代を先取る大事な一歩を踏み出す理由がわかる
7.堀江社長ら講師との名刺交換の機会を提供!


参加申し込みは、下のリンク先から可能。

NS-Research セミナー 堀江社長のメディア戦略セミナー
20兆円市場を開拓する新聞、出版、放送そしてインターネットとの融合ビジネス


© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Wednesday, May 25, 2005

阪神6-6オリックス 延長12回引分け

阪神タイガース 6-6 オリックス・バファローズ

試合が終わったのは23時過ぎ。試合時間5時間超。

オリックスが1回表に5点を取ったが、その後、6-6で延長に突入。
阪神にもサヨナラのチャンスはあったが、結局6-6のまま延長12回終了し、引き分け。

なお、今岡は、ホームランによって通算1000本安打を達成。

阪神と1.0ゲーム差だった2位ヤクルトと3位中日がそれぞれ敗れたため(というか、本日は、阪神以外のセ・リーグのチームはすべて負け)、1位阪神と2位とのゲーム差は1.5に広がった。

パ・リーグ最下位の東北楽天ゴールデンイーグルスは、中日ドラゴンズ相手に連勝。

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (3)

石津謙介氏 (Kensuke Ishizu)

「VAN」ブランドのヴァンジャケット(Van Jacket)社創業者でデザイナーの石津謙介(いしずけんすけ)氏が2005年5月24日お亡くなりになったとのこと。93歳。

1970年代だったか、平凡出版(現・マガジンハウス)の雑誌などを通じて「神様」的な扱われ方をしていた。雑誌「POPEYE」も初期の頃は面白く、私の通っていた学校の教室でも読んでいる者が多かった。その頃、石津氏の年齢を考えてみたこともなかったが、逆算すると、当時50歳代だったということになる。それにしては若々しかった。

とにかく、影響力のある人だった。

訃報を伝えるメディアもそれほど大きな扱いはしていないが、それでもブログで取り上げている人が多いことが、その影響力を物語っている。

ご冥福をお祈りいたします。

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (3) | TrackBack (5)

Monday, May 23, 2005

System of A Down (システム・オブ・ア・ダウン)

System of a Down(SOAD, システム・オブ・ア・ダウン)

今日聴いたCD。

System of a Down(システム・オブ・ア・ダウン)の「Mezmerize」(メズマライズ)

ヘヴィなロック。東洋音階をも使った変則的メロディが混じる。ところどころ、メロディアスな部分。

全米初登場第1位となったアルバム「毒性」から3年半。

同時期に録音された曲を、この「Mezmerize」と、2005年秋に出る「Hypnotize」の2枚に分けているとのこと。


Mezmerize 収録曲
1.Soldier Side - Intro
2.B.Y.O.B.
3.Revenga
4.Cigaro
5.Radio/Video
6.This Cocaine Makes Me Feel Like I’m On This Song
7.Violent Pornography
8.Question!
9.Sad Statue
10.Old School Hollywood
11.Lost in Hollywood


© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (3)

Sunday, May 22, 2005

阪神タイガース単独首位へ (Hanshin Tigers)

セ・パ交流戦がはじまってから、2週間半。この間にセ・リーグの状況がかなり変わってきた。

交流戦が始まる時点(つまり、5月5日試合終了時)には2位阪神に5.0ゲーム差をつけていた中日ドラゴンズが、交流戦では5月22日(日)までに4勝11敗と大きく負け越し。通算24勝20敗となって、ついに首位の座から転落した。

一方、阪神タイガースは、交流戦10勝5敗。ロッテには1勝2敗と負けこしたものの、他の、北海道日本ハム、東北楽天、西武、ソフトバンクといったところに勝ち越した。5月22日(日)までで通算25勝19敗となり、単独首位に。

これまで(5月21日まで)のところ、阪神タイガースのチーム打率は2割8分1厘でセ・リーグのトップ。投手もいい感じで回転しており、チーム防御率は3.17とこれもセ・リーグのトップ。全体のバランスが良い。復帰した濱中もチャンスで打てている。

読売ジャイアンツは、4月の不調が今も響いているが、交流戦では10勝4敗1分。この週末の東京ドームでの対北海道日本ハム戦では3連勝。依然として最下位であることには変わりは無いが、首位阪神とのゲーム差は4.5ゲームとなっている。

パ・リーグのほうも、独走していた千葉ロッテマリーンズが交流戦ではややもたつき(ヤクルトに3連敗したのが痛い)、2位の福岡ソフトバンクと3.0ゲーム差になっている。

東北楽天ゴールデンイーグルスは、交流戦でも2勝12敗。通算9勝38敗と、勝率1割9分1厘。

5月24日(火)からは、交流戦前半の最後の3連戦がはじまる。


(追記)
「Kaleidoのblog」の記事に「貯金数グラフ」が表示されている。上に書いたセ・リーグの混戦化がきれいに表されている。


© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (6) | TrackBack (42)

Live Aid 2 ? / Bob Geldof の動き

ライブ・エイド2(Live Aid II)が行われるかもしれないとのこと。

ボブ・ゲルドフ(Bob Geldof)は、否定しているが。

BBC (http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/music/4554865.stm) によると;
(Tuesday, 17 May, 2005, 11:51 GMT 12:51 UK)

Live Aid II 'set for Hyde Park'
The Prince's Trust has cancelled its annual Party in the Park concert in London to make way for a possible Live Aid II event.
Live Aid organiser Bob Geldof has so far denied there would be such a concert, billed as Live 8.
But the BBC said it was in "discussions" with Geldof to screen the concert from Hyde Park on 2 July.

あと、英ネタGOGO!:Live 8 (Live Aid 2)にも詳しく書かれている。G8サミットにプレッシャーを与えるとか。やっぱり、Bob Geldofが中心的にオーガナイズしているの?

ちなみに、2005年5月2日の毎日新聞の記事「ボブ・ゲルドフさん=アフリカ支援を続けるミュージシャン」(執筆・山科武司)が、Bob Geldofの今夏に向けての考えを伝えている。

ところで、私個人にとっては、Bob Geldofは、特別。The Boomtown Rats"I Don't Like Mondays"は、音的にも歌詞も、衝撃を受けた。ずっと(2~3年間?)はこの曲ばかり聴いていたし、25年ほどたった今でも、つい口ずさんでしまう。英国に住んでいたときにひどい風邪でBob Geldofのライブに行く機会を逃したのは、一生悔やまれる。7月2日に向けて、いろいろ気になる。

The Boom Town Rats
Bob Geldof


zig zag road 内の関連記事:
Bob Geldof (2005年1月2日)
All Time Top 500 (2005年1月2日)
Band Aid 20 (2004年11月30日)

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« May 15, 2005 - May 21, 2005 | Main | May 29, 2005 - June 4, 2005 »