« May 29, 2005 - June 4, 2005 | Main | June 12, 2005 - June 18, 2005 »

Friday, June 10, 2005

阪神タイガース、再度首位へ

2005年6月9日、大阪ドームでのオリックス・バファローズ対阪神タイガースの試合。

阪神の福原投手は、5月26日の甲子園でのオリックス戦に続き、対オリックス2試合連続の完封勝利。

5月26日 阪神 10-0 オリックス
6月9日 阪神 4-0 オリックス

この火曜~木曜の3連戦で、阪神はオリックスに3連勝。前日まで首位だったヤクルトが西武に破れたため、阪神タイガースは再度首位に立った。2位は、ゲーム差なしで中日ドラゴンズ。3位はヤクルトスワローズ、4位は横浜ベイスターズ。

セ・リーグの1位から4位までは、現在2.0ゲーム差。4強2弱の状態であり、まだまだ混沌としている。

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ワールドカップ予選 日本2-0北朝鮮

2005年6月8日(水)は、サッカー(ワールドカップ アジア最終予選 B組 日本vs北朝鮮)の試合をテレビで見た。

北朝鮮のホームゲームだが、ペナルティにより、第三国であるタイ・バンコクでの開催。しかも、無観客試合。

無観客試合にもかかわらず、日本のサポーターの応援の音がTV中継でも聞こえていた。

サポーターは、スタジアムの外で応援していたとのこと。北朝鮮のサポーターは、タイまでは来なかったはず。

日本にとっては、アウェイのゲームが、実質的にはホームゲーム的に。

チームの力では、日本のほうが勝っている。しかし、前半は、両チーム無得点で、北朝鮮も何本か鋭いシュートがあったりして、少しヤな展開。

だが、後半、FW大黒の素早い前線突破などで、結局、2-0で日本が勝利。ゴールしたのは、柳沢(後半28分)と大黒(後半44分)。

これで、B組での日本の2位以上が確定し、2006年のドイツワールドカップへの出場が決定。

ドイツの本大会への出場が決まったのは、開催国のドイツを除いては、日本が最初とのこと。

ジーコ監督は、運が良いのか、あるいはこれが彼の指導者としての実力の発揮なのか。少なくとも、日本チームは、トルシエ監督のときよりはまた別の方向に成長している。

日本サッカー協会は、ある目標を持っている。それは、2050年に日本で再びワールドカップ大会を開催し、そこで日本が優勝するというもの(だったと思う)。

目標というよりは、「ビジョン」と呼ぶほうが適切かもしれない。

なんとなく、米国のJ.F.ケネディ(John Fitzgerald Kennedy)大統領が1961年5月25日に行なった"Man on the Moon"の演説に近いものを感じる。あるいは、キング牧師(Martin Luther King Jr.)が1963年8月28日に行なった"I Have a Dream"の演説にも近いものを感じる。

着実に、成長している。

言葉の力は大きい。

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Wednesday, June 08, 2005

アップル・コンピュータが日本で音楽配信

「本質的に情報」である産業は、物理的制約を離れてネットワーク展開で変革用意というのが一般論。

金融は「本質的に情報」であるため、店舗という物理的制約を離れて、ネットワークに展開した。銀行にしても、証券にしても、その産業自体はまったく衰退していないが、リテール向きの「支店」は斜陽分野である。

同様に、音楽は、CDという物理的制約を離れようとしている過程にある。その過程の進行速度は、ブロードバンドネットワークの帯域(bandwidth)の変化と歩調をあわせている。どこかに出ていた統計によると、日本では、ブロードバンドの世帯普及率は現在約20%。機が熟してきた(ビデオ配信が、まだその先にある)。

2005年6月7日の日本経済新聞朝刊によると、米国のアップルコンピュータ(Apple Computer Inc.)が2005年8月上旬に、日本で、インターネットによる有料音楽配信サービスを開始するとのこと。

提供する楽曲数は、50万~100万曲程度の予定とのことで、実現すれば日本国内最大となる。

東芝EMI、コロムビアミュージックエンタテインメント、エイベックス・グループ・ホールディングスなどが楽曲を供給する予定。

ソニー・ミュージックエンタテインメントとは契約条件でまだ合意に至っていない。ソニー・グループとしては、日本ではネットワークウォークマンの売れ行きが好調で、もしかしたらこのあたりの戦略との絡みもあるのか。

価格は、1曲150円というのは気になる。同様のサービスで、アップルは、米国では1曲0.99ドル、英国では0.79ポンドで提供。現在の為替レートでは、日本での価格は、米国よりは高く、英国とほぼ同水準となっている。

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Monday, June 06, 2005

Sarah Connor / Naughty But Nice

Sarah Connor (サラ・コナー)

今日聴いたCDは、Sarah Connor (サラ・コナー)のNaughty But Nice(ノーティー・バット・ナイス)

Naughty But Nice(ノーティー・バット・ナイス)

サラ・コナーは、日本でのデビューは2004年。
今回のこのアルバムは、2005年5月18日に日本盤発売。本国ドイツでは、2005年3月21日にリリース済み。

1曲目はシングルにもなった「Living To Love You」。いきなり、濃いコクのある声で始まるバラード。
この曲は、ドイツでは、シングルチャート3週連続1位を記録。

他にも、アニメ映画「ロボッツ」(米国では2005年3月11日公開、日本版は2005年8月6日に公開)の主題歌の「From Zero To Hero」(邦題は「ヒーロー」)。アップテンポな曲。この曲もシングルになっている。この曲も、シングルチャート初登場で第1位。

サラ・コナーは、主題歌を歌っただけでなく、このアニメの声優も務めたとのこと。

他にも、多彩な曲を歌いこなしている。

このサラ・コナーの声の特徴に、ハマル人はハマルはず。

日本盤のCDは、「ロボッツ」のクリップビデオ付(CD Extraフォーマット)。


関連ブログ記事:
歌唄いメセナ:Sarah Connor 「Naughty But Nice」
every pop: Sarah's New Album
→「元NATURALのメンバー Marcと結婚している」とのこと


© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (2) | TrackBack (1)

« May 29, 2005 - June 4, 2005 | Main | June 12, 2005 - June 18, 2005 »