« July 3, 2005 - July 9, 2005 | Main | July 31, 2005 - August 6, 2005 »

Saturday, July 16, 2005

Star Wars エピソード3: シスの復讐

Star Wars, Episode 3: "Revenge of the Sith"(スターウォーズ エピソード3: シスの復讐)が2005年7月9日から日本でも公開されている。

先週、前売り券を買いに行ったら、3種類の図柄のチケットがあった。ちょうど3人で観にいく予定なので、各図柄1枚ずつ買ってみた。

エピソード1と2とをちゃんと観てから3を観たほうが良いという人が多いので、以前に買ってあった1と2のDVDを引っ張り出してきた。

特に急ぐつもりもないので、「シスの復讐」を観るのは8月に入ってからになるだろうか。

--

ところで、いろいろ売られている。

スターウォーズ(おもちゃ&ホビー)
スターウォーズ(和書)
スターウォーズ(音楽)
スターウォーズ(ゲーム)
スターウォーズ(ソフトウェア)


ダースベイダーボイスチェンジャー

1/7 ダース・ベイダー (完成品)

マイクロドロイド R2-D2

オビ=ワン・ケノービ ライトセーバー

スター・ウォーズ トリロジー DVD-BOX

スター・ウォーズ クローン大戦 VOLUME ONE

スター・ウォーズ エピソードIII シスの復讐

エピソード3 キャラクター&クリーチャー


ジャンル別ランキング

フィギュア

1位
ベーシック フィギュア R2-D2

2位
ベーシック フィギュア C-3PO

3位
ベーシック フィギュア ヨーダ スピニングアタックバージョン

4位
ベーシック フィギュア グリーバス将軍

5位
ベーシック フィギュア クローン・トルーパー


マスク&ライトセーバー

1位
ダース・ベイダー ボイスチェンジャー

2位
オビ=ワン・ケノービ ライトセーバー

3位
ルーク・スカイウォーカーライトセーバー

4位
アナキン・スカイウォーカー ミニ・ライトセーバー

5位
オビ=ワン・ケノービ ミニ・ライトセーバー


スタチュー

1位
ダース・ベイダー

2位
ダース・ベイダー(1/7)

3位
バイカー・スカウト オン スピーダバイク

4位
C-3PO

5位
ハン・ソロ (1/5, エピソード4)


CD

1位 スター・ウォーズ エピソード3:シスの復讐 サントラ

2位 スター・ウォーズ・トリロジー サントラ

3位 スター・ウォーズ エピソード 2 クローンの攻撃 サントラ ジャンゴ・フェット絵柄

4位 エピソード1 ファントム・メナス ロンドン交響楽団

5位
ウクレレ・フォース スター・ウォーズ ベスト・カバーズ
[ウクレレによるスターウォーズテーマ曲のカバー オススメ


書籍

1位
エピソード3 キャラクター&クリーチャー

2位
スター・ウォーズ ビジョナリーズ 新たなる伝説

3位
スター・ウォーズ エピソード3快適副読本

4位
STAR WARSエピソード3シスの復讐写真集

5位
スター・ウォーズ エピソード3 クロスセクション
[マニア向き,オススメ]

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0)

Friday, July 15, 2005

Japan-USA Bowl 2005

2005年7月14日、東京ドームでアメフトのJapan-USA Bowl。

Team Japanは、Xリーグの選手を中心に、学生選手やNFLE選手(早稲田出身の波木健太郎)も加えて構成。

2007年の第3回ワールドカップ(神奈川県川崎市)に向けてのナショナルチーム強化を目的とした試合。今回のメンバーがそのまま2年後のワールドカップ出場メンバーとなるわけではないが。

対するTeam USA Hawaiiは、ハワイ大学出身者など、ハワイ在住選手からなる選抜チーム。一部、NFL経験者もいる。このゲームのためにトライアウトを行なって編成された。

NFL経験があるのは、
* DB/RB #40 Isaac White (元・Kansas City Chiefs)
* DL #95 Ta'Ase Faumui (元・Pittsburgh Steelers)

試合は、第4Qに日本が逆転して勝利。

日本代表クラスの選手が、ほぼ互角のレベルの相手と国際試合の経験をつめるという意味で、的確な企画だったと思う。

次のワールドカップで米国が出てくるとしたら、日本の課題のひとつは守備のタックル力かな。このゲームでも、システム的には止めているはずなのに、セカンドエフォートで10ヤードくらい前進される場面が何度もあったような気がする。一発で仕留めないと厳しい。

試合結果(Xリーグのサイト)

関連記事:
Japan-USA Bowl 2005、日本が逆転勝利

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (3)

Tuesday, July 12, 2005

今日のプロ野球 阪神50勝

2005年7月12日(火)のゲーム。セ・リーグは、

阪神 7-5 ヤクルト
中日 11-2 読売
横浜 3-0 広島

阪神タイガースは、3-4と1点ビハインドで迎えた7回表、2死満塁から代打・片岡がライトへのツーベースヒットで3者生還、逆転。これが決勝点となった。阪神の先発投手・井川は、被安打14ながら勝利投手に。今日も、7回2死から登板したウィリアムスがセットアップして、9回 久保田がクローズするというパターン。

これで阪神タイガースは、50勝目。

パ・リーグのほうは、3位・西武から5位・日本ハムまでのゲーム差が1.5で、依然として、6位・楽天以外のすべてのチームが、プレーオフ進出を狙える位置にあるという、面白いんだか面白くないんだかよくわからない状況になっている。

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (1) | TrackBack (9)

WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)

2005年7月11日(米国時間)、米国・大リーグ機構(MLB)と大リーグ選手会が、野球の国別対抗戦「ワールド・ベースボール・クラシック」(World Baseball Classic)の大会要項を発表した。

この発表によると、1次予選は4チームずつ4組に分かれてリーグ戦を行う。日本を含むA組(アジアラウンド)は2006年3月3日(米国時間)に開幕する。

さらに、各組上位2チームずつ、計8チームが2組に分かれて3月13日から15日までに2次予選リーグを行う。

そして、2次予選リーグの各組上位2チームずつ、計4チームが準決勝に進む。

準決勝は3月18日、決勝戦は3月20日に行なわれる。

参加国16ヶ国の予選組み分けは下記の通り。但し、日本のプロ野球選手会が開催時期に難色を示しているため、日本は現時点では条件付参加国と位置付けられている。韓国チームはWBCへの参加を正式に表明している。

A組: 日本、韓国、台湾、中国
B組: 米国、カナダ、メキシコ、南アフリカ
C組: キューバ、オランダ、パナマ、プエルトリコ
D組: 豪州、ドミニカ共和国、ベネズエラ、イタリア

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Sunday, July 10, 2005

阪神タイガース、ナゴヤドームでも勝ち越し

阪神タイガースは、「鬼門」と言われるナゴヤドームへ乗り込み、3連戦。

7月8日(金) 阪神 3-0 中日
7月9日(土) 阪神 2-3 中日
7月10日(日) 阪神 2-0 中日

3連勝とはいかなかったものの、2勝1敗と勝ち越し(9カード連続勝ち越し)。8日(金)と10日(日)は、どちらも継投による完封リレー。

7月10日(日)は、先発・安藤(6イニングス・4勝目)-ウィリアムス(1イニング)-藤川(1イニング)-久保田(1イニング・15セーブ目)というリレーで、中日打線を3安打無四死球に抑え、打者29人で片付けた。

特に、2点のリードをもらって7回裏に登板したウィリアムスはが中日のクリーンアップトリオ福留-ウッズ-立浪を三者連続三振とするなど、7回以降のリリーフ陣は、中日打線を9人で仕留めるパーフェクト・ピッチング。

何か、本当に強いチームの勝ち方。いつまで続くのかが、阪神ファンにとっては常に不安ではあるのだが。それでも、1985年の優勝時の山本和之よりも、今のウィリアムス、久保田といったあたりは、数倍信頼度が高いような気はする。

阪神は、7月に入ってからは7勝2敗、通算49勝31敗3分の貯金18となり、勝率6割1分3厘まで上がった。

2位の中日に8.0ゲーム差。その下に3位ヤクルト、4位横浜、5位読売と続いているが、いつの間にか2位中日から5位読売までのゲーム差が3.5ゲームとなっており、このあたりがややダンゴ状態になってきた。

今週の阪神は、12日(火)~13日(水)に千葉マリンスタジアムでの対ヤクルト2連戦。先日の対ヤクルト3連戦で3連勝した阪神にとっては、とりあえず、1勝1敗以上がノルマか。

パ・リーグのほうでは、16で連勝の止まった福岡ソフトバンクホークスが、西武に連敗。楽天が、当初よりはやや強くなってきている(依然最下位には変わりないが)。

--

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (1) | TrackBack (7)

« July 3, 2005 - July 9, 2005 | Main | July 31, 2005 - August 6, 2005 »