« August 14, 2005 - August 20, 2005 | Main | August 28, 2005 - September 3, 2005 »

Saturday, August 27, 2005

第25回浅草サンバカーニバル

2005年8月27日、第25回浅草サンバカーニバルが行なわれた。

タレントでは、マルシア、伊藤淳史、速水もこみち、山内麻美らが出演した。

関連記事:
東京生活日和 | 第25回 浅草サンバカーニバル

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チベットに世界最高地点の鉄道レール

2005年8月24日、「世界の屋根」と呼ばれる中国のチベット自治区内で、海抜5072メートル地点に鉄道レールが敷かれた。鉄道が走行する場所としては世界記録を塗り替え、最高の地点となる。

これまでの世界記録は、1869年に南米・ペルーの海抜4817メートル地点。この世界記録を、136年ぶりに一気に250メートル以上上回る。

また、チベットの唐古拉山駅は、海抜5068メートルで、ここが世界で最も高い場所に位置する鉄道駅となる。

このレールは、青海チベット鉄道(Qinghai-Tibet Railway)の一部。Qinghai(青海省)のGelmud(ゴルムド)と、チベットの首都ラサ(Lhasa, 拉薩)を結ぶ1142キロメートルの鉄道である。平均高度は海抜約4500メートル。1142キロメートルのうち960キロメートルは、海抜4000メートル以上の場所を走る。また、全区間中約550キロメートルは凍土の上を走る鉄道であり、建設も困難を極めた。

全区間の工事の完成は今年中を予定しており、完成後は、凍土区間でも時速100キロメートルで列車を走行させる計画。

2001年6月に開始された工事の総予算は28億ドル(約3千億円)となっている。

鉄道の全線開通は、2007年7月の予定。

現代中国の経済力と技術力の象徴と言えるだろう。


チベット(和書) チベット(音楽) チベット(クラシック)

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ブラッサイ - ポンピドゥーセンター・コレクション展

ブラッサイ

ブラッサイ-ポンピドゥーセンター・コレクション展が、2005年8月6日から9月25日まで、東京都写真美術館の2階展示室で開かれている。

ブラッサイは、1899年にハンガリーのブラショブ(現在はルーマニアに属する)で生まれ、本名はギューラ・ハラス。写真家名「ブラッサイ」は、生誕地の「ブラショブ」に由来する。

絵画などを学んだ後、1932年にフランスに移住。フランスでは、画家、ジャーナリストとして活動。雑誌記事の挿絵を描く代わりに経費削減のために写真撮影を開始したとのこと。その後、本格的に写真表現に傾いていくが、ブラッサイの写真が絵画的であるのは、その時代の写真表現を映しているともいえるし、彼の上記のような経歴が影響しているともいえる。

パリの夜の街のイメージを多く撮っている。

ファッション雑誌「ハーパース・バザー」の撮影も行なっていたとのこと。

1948年フランスに帰化。1978年フランス写真大賞受賞。1984年没。


東京都写真美術館

ブラッサイ写真集成
  岩波書店, 2005年8月24日発売
  アラン・サヤグ (編集), アニック・リオネル=マリー (編集), 堀内 花子 (翻訳)
  (内容紹介)19世紀末ハンガリーに生まれたブラッサイは、ベルリンで美術
  を学び、1924年パリに出て、シュルレアリスムの芸術家たちやピカソ、ミラー、
  ミショーなどと交わり、鋭い特異な目で日常の事物のなかにひそむ非日常的
  なオブジェを活写した.近代写真史に残る作品群をはじめ絵画、彫刻、文章
  などの幅広い仕事を初めて集大成する.

関連記事:
上北沢暗室雑記帳:写真展巡り050820
これはパイプではない: 東京都写真美術館でふたつの展覧会
dean's eye 写真展

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (1) | TrackBack (1)

Thursday, August 25, 2005

Bob James / Ivory Coast

今日聴いたCD。

Bob James(ボブ・ジェームス)のIvory Coast(アイヴォリー・コースト)。

Bob Jamesは、一時期、よく聴いていた。ミュージシャンでもあるが、プロデューサーとしての印象が強い。Bob James自身の制作会社Tappan Zeeがトラブルに巻き込まれて閉鎖し、その後、ワーナー・ブラザーズに移籍してから3作目の作品が、このアルバム「Ivory Coast」。1988年発売。

いわゆるフュージョン。当時のニューヨークっぽさが出ている。

参加ミュージシャンは、
Kirk Whalum (sax.)
Alexander Zonjic
Dean Brown (g.)
Gary King (b.)
Leonard 'Doc' Gibbs (perc.)
Omar Hakim (dr.)
Doc Powell (g.)
Buddy Williams (dr.)
Max Risenhoover (dr.)

収録曲は、
1. Ashanti
2. Rosalie
3. Yogi's Dream
4. Adult Situations
5. Orpheus
6. Moodstar

3曲目の「Yogi」とは、1987年の来日公演(この公演は聴きに行った記憶がある)の後まもなく自殺してしまったドラマーのYogi Hortonのこと。

この「Yogi's Dream」での、Kirk Whalum(カーク・ワルム)のサックスがいい。

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Google vs Microsoft

米国のGoogle(グーグル)は、IT業界の有能な人材を、今、最も積極的に集めている会社であるといえる。

2005年7月には、Googleは、Microsoft(マイクロソフト)の元幹部であるKai-Fu Lee氏を採用し、中国での業務展開の統括責任者としての役割を与えた。

一方、Microsoft社は、この件に関して、GoogleとLee氏の両方に対する訴訟を起こした。訴えによると、Lee氏のこのGoogleでの職務は、Lee氏がMicrosoftでの業務と競合する業務に従事することを一定期間禁止した契約に違反するものであるとのこと。

Microsoftは、本訴訟の代理を法律事務所Preston Gates & Ellisに依頼している。

一方のGoogleは、本件をDorsey & Whitneyという大手事務所に担当させているが、今回新たに、Kekar & Van Nestの5人の弁護士にも弁護団への参加を要請。

両社とも、譲らない姿勢で、法廷での闘争に力を入れている。


関連記事:
Microsoft sues over Google hire (July 19, 2005)
マイクロソフト、グーグルを提訴--主要研究者の引き抜きをめぐって
Google taps legal muscle for Microsoft case (July 24, 2005)
グーグル、強力な弁護団を結成  マイクロソフトとの訴訟で

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, August 24, 2005

荒木経惟 「青ノ時代」と「去年ノ夏」

本屋で見つけた。

荒木経惟の新しい写真集。「青ノ時代」(死に向かう生)と「去年ノ夏」(生に向かう死)。2冊同時刊行とのこと。2005年8月発売。

「青ノ時代」のほうは、昔見たような懐かしい写真。「写真時代」に掲載されていたような。つまり、青の時代=写真時代。

「去年ノ夏」は、色使いが荒木の最近の作品風。着色されている。

両方とも、女性写真が多い。縦長変形判。2冊揃えて持っておこうと思う。

青ノ時代 荒木経惟

  去年ノ夏 荒木経惟


2005年9月には、アラーキーマニアの米国人・トラヴィス・クローゼ監督が撮るドキュメンタリーDVD「アラキメンタリ」も発売される。

[DVD]アラキメンタリ


DVD:荒木経惟

関連記事:
マトリョーシカ・コミュニティ: 本当は苦手な色

検索語:Araki Nobuyoshi, Nobuyoshi Araki, 荒木経惟, アラーキー, 青の時代, 去年の夏, 写真集

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, August 21, 2005

Googleが新株公開によって40億ドル調達へ

2005年8月18日、米国・Googleが、新たな株式公開により40億ドル(4400億円)を調達することを発表した。

SECに対して、新株公開に向けた申請書を提出済み。

新規公開する株式は一般普通株1,415万9,265株で、市場時価(285.10ドル/株,8月17日終値)換算で約40億ドルとなる。

新株の証券引受人は、Morgan Stanley, Credit Suisse First Boston, Allen & Companyの3社。これら3社は、投資家の需要が多い場合には最大60万株の株式を追加販売できるとのこと。

2004年夏の株式公開時に、Googleは、約2,460万株を発行して約20億ドルを調達した。当時に比べて株式時価は約3倍となっている。Googleは現在、優秀なソフトウェア技術者を大量に採用して、検索技術およびその応用ビジネスを開発中。米国のIT業界の中でも、今、最も前向きな投資をしている会社のひとつといってよい。

インターネット検索に関連付けた広告の市場は今後もまだまだ伸びると予想されており、Googleは、積極的な投資によって収益を獲得していこうとしている。

GoogleからSECへの提出文書

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ファイドン・アトラス 世界の現代建築

ファイドン・アトラス 世界の現代建築

THE PHAIDON ATLAS of Contemporary World Architecture

たまたま書店で見付けて気に入った。
大作である。ページ数809ページ。サイズは、見開き45cm×62cm。重さが6.6kg。

現代建築を知るには、この本は良い。

1998年以降の1052の最新建築物(75ヶ国)を、豊富な写真と図面で紹介している。
写真の数は5500以上、図面の数は2000以上。
写真の質も、非常に高い。
部屋に居ながらにして、これらを鑑賞できる。
保存用資料としても、価値の高い本。

2005年04月28日の発売。

Amazon.co.jpより;

6.6kgの大型現代建築作品大全集

本書は1998年以降に建てられた1,052の建築作品を75ヵ国から収載した建築作品集です。世界中の建築作品を見開き45cm×62cmの大きな紙面に合計5,500枚もの豊富な写真と2,000枚を超える設計図面で紹介しております。さらに建物の特質や制作背景などの解説と共に、所在地や面積、コスト等の情報も記載しました。

選ばれた建築作品は住宅、商業施設、公園や空港など、あらゆる種類に及びます。特に個人住宅は世界各地より236軒を収録しました。また、レンゾ・ピアノやリチャード・マイヤーなど世界的に著名な建築家の作品から、新進気鋭の建築家の作品までを幅広く収載しました。それらはすべて革新的な価値を認められたものばかりであり、各国の文化に基づいた多様性や建築家の創意にあふれた独自性を見ることができます。

・世界を6地域(オセアニア、アジア、ヨーロッパ、アフリカ、北アメリカ、南アメリカ)に分け、地域ごとにインデックスカラーを決めて分類しました。
・建築作品の所在地を示す2種類の地図を掲載しました。
・各建築作品は1ページまたは1/4ページ、あるいは見開きで紹介しています。
・世界のさまざまな地域にある同一建築家による別の作品を地域別インデックスカラーで記載し、参照しやすくしました。
・巻頭に本書の詳しい見方と世界情勢と建築に関するデーターを収録、巻末には建築物種類別索引、建築物索引、建築家索引と所在地索引を収録しました。

日本人建築家 青木淳・有馬弘之+UrbanFourth・安藤設計・安藤忠雄建築研究所・磯崎新アトリエ・伊東豊雄建築設計事務所・入江経一・EDH 遠藤設計室・遠藤秀平・岡田哲史・河西立雄・岸和郎+ K.ASSOCIATES/Architects・岸上克康・北川温建築都市研究所・隈研吾建築都市設計事務所・黒川紀章建築都市設計事務所・小嶋一浩+ 三瓶満真・坂本一成・菅正太郎・鈴木了二建築計画事務所・スタジオ宙一級建築士事務所・妹島和世建築設計事務所・妹島和世+西沢立衛/SANAA・竹山聖+アモルフ・谷口吉生建築設計
事務所・陶器二三雄建築研究所・内藤廣建築設計事務所・西沢立衛建築設計事務所・長谷川逸子・建築計画工房・原広司+アトリエ・ファイ建築研究所・坂茂・古谷誠章・槇総合計画事務所・山本理顕・米田明・吉松秀樹+アーキプロ(略敬称)

収録作品種 個人宅236 オフィスビル:91 美術館・博物館:69 大学:59集合住宅:45 国際空港:4 複合住宅施設:26 政府機関:20 駅:16 教会:15 アートギャラリー:39

参考:
キーワード検索「世界の現代建築」


© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 14, 2005 - August 20, 2005 | Main | August 28, 2005 - September 3, 2005 »