« October 2, 2005 - October 8, 2005 | Main | October 16, 2005 - October 22, 2005 »

Friday, October 14, 2005

為末大 ハードルの奥の深さ(Tamesue, 400m hurdles)

本日放送されたTV朝日のスポーツ番組「NANDA!?」に陸上の為末大選手が出演していた。

為末選手の専門は400メートルハードル。

体育の授業でハードルを跳んだことはあるが、そのときは前傾姿勢で跳んで横から足を抜く、程度にしか考えていなかった。

ところが、為末選手が番組中で語っていたところによると、いろいろと奥が深い。

たとえば、跳んでる間、足が地面に着地するまでの間は身体の力を抜いている(そこで力を入れても意味がないから、らしい)とか。また、ハードルを越えた瞬間に、次のハードルまでの距離感をつかむとか。その距離感というのが非常にセンシティブなもので、そのときに追い風か向かい風かによって次のハードルまでのストライド幅がずれてくるとか。それを成り行きにまかせていると減速しなければならなくなるので、そうならないようにストライド幅を調整するとか。そこでのズレとは、1ストライドあたり(つまり一歩あたり)1センチメートル程度だとか。

かなり、テクニカルな競技なんだな。

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, October 12, 2005

ノーベル経済学賞(ゲーム理論 応用)

2005年10月10日、スウェーデンの王立科学アカデミーが、2005年のノーベル経済学賞の受賞者2人を発表した。

今回受賞するのは、米国人のトーマス・シェリング(Thomas C. Schelling, メリーランド大学名誉教授, 84歳)と、米・イスラエル国籍のロバート・オーマン(Robert J. Aumann, ヘブライ大学教授, 75歳)。

両氏とも、ゲーム理論の大家であり、ゲーム理論の応用に貢献した業績が受賞理由。賞金は1千万クローナ(約1億5千万円)であり、両氏が折半して受け取る。

シェリング氏は、「対立の戦略」(1960年)を発表。対立状態にある二者(たとえば、二国)においては、実際に武力を行使するよりも、武力行使をちらつかせ続けることのほうが、最終的には優位に立てることを数理モデルの分析によって示した。

オーマン氏は、紛争当事者(たとえば、二国)の相互理解を通じた共通認識に基づく紛争回避が、最終的には双方の利益になることを数学的に証明した。

両氏の業績とも、国際関係や企業間競争にストレートに適用可能なものであり、戦略論の基礎となり、かつ単なる思想ではなく科学になっている点で価値が高い。

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (1)

安原直樹 東京タワー [写真集]

東京タワー (Tokyo Tower)

安原直樹 の写真集「東京タワー」を見た。

東京タワー/安原直樹

新風舎/ISBN: 4797472685/2005年07月発売

帯には「このタワーこそが東京の守護神だ」とある。そう、守護神。

富嶽三十六景という浮世絵のシリーズがある。言うまでも無く、葛飾北斎の描いた富士山の風景である。「三十六景」といいながら、実際には10枚多く、全部で46景である。このシリーズは、いろんな場所の、いろんな角度の、いろんな色の富士山を描いている。

つまり、安原直樹の「東京タワー」は、北斎の富嶽三十六景の東京タワー版である。

光の中、闇の中、ふりそそぐ光、照らす光、白い光、赤い光、ピンクの光。

あまりにも当たり前のように存在しているために、見慣れてしまっているが、この写真集であらためて見ると、東京タワーは異形(いぎょう)である。

関連ブログ記事:
雑貨屋さんとことこ。: 東京タワーの写真集!!

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Tuesday, October 11, 2005

Truth Study Center / Wolfgang Tillmans [写真集]

Wolfgang Tillmans の新しい写真集が、2005年9月30日に出版されている。タイトルは「Truth Study Center」。

Truth Study Center / Wolfgang Tillmans

2004年秋の東京・オペラシティ(初台)での写真展「Freischwimmer」で展示されていた写真も収録されている。書店で売られていたのは無修正版。

Tillmansは、上記の写真展の成功などもあり、かなり現代の写真界に影響を与えていると思われる。

keyword:ヴォルフガング・ティルマンス

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, October 10, 2005

X League 高田鉄男が試合デビュー

アメリカンフットボールのXリーグ 西地区に所属する松下電工インパルスには、今年から立命館大学出身のQB高田鉄男が所属している。

チームメンバーとして登録されたのが締切りぎりぎりの7月末。松下電工は、クラブチームではなく、同社従業員をメンバーとする企業チームであるが、高田は一旦やめたフットボールを再開するために、今年春から勤務していた保険会社を退職して松下電工に参加したとのこと。

第2節のファイニーズ戦では、終盤に出場して、1シリーズのみQBを努めたらしい。パスは記録されていない。

第3節の2005年10月8日、長居球技場での松下電工インパルス 対 イワタニサイドワインダースの試合でも、少しだけ高田が出場。2回のパス試投で、うち1回成功、10ヤード獲得。さらに、自身の1回のラッシングでも5ヤードを獲得している。

また、ライスボウルで、彼の姿を見ることができるのだろうか。

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Yahoo! エリア検索開始

2005年10月11日から、Yahoo!が、新サービス「ヤフー!エリア検索」を開始するらしい。

この「エリア検索」を用いると、住んでいる街など地域を限定して、そこにある飲食店・病院・映画館・レジャー施設などの「地元情報」を簡単に見つけられるとのこと。開始日の10月11日時点では、全国の約900万件の情報を無料で検索できるようにするとのこと。

特定地域に特化した検索結果を利用者に返すサービスは、Yahoo!のライバルであるGoogle(グーグル)が、「Google Local (ベータ版)」として既に実施済み(http://local.google.co.jp/)。

両社の競争がさらに激化しそうである。

Yahoo!
Google

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (4)

平成電電の民事再生法適用申請

通信ベンチャーの平成電電株式会社(東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアタワー19F; 代表取締役 佐藤賢治)が、2005年10月3日、民事再生法適用を申請した。事実上の経営破綻。

同社は2003年に「直収電話」と呼ばれる割安な固定電話事業に進出したが、計画した収益を獲得できず、資金繰りに行き詰った。

同社のサイトでは、10月3日付のニュースリリース(http://www.hdd.co.jp/news/news20051003_2.html)で、「多額の設備投資を実施したにもかかわらず、NTTからの回線切替手続きが極めて煩雑であったことや、他事業者の直収電話サービスへの参入や値下げによる競争環境の激化等により、計画していた契約数の増加を実現できず」と、収益低迷の理由が述べられている。

負債額は1200億円。主として設備投資に使われた資金。

この経営破綻において特徴的なことは、多額の設備投資資金を有する事業のために、多数の個人から資金を調達していたこと。同社代理人の弁護士は、「約1万9000人から計490億円を調達していた」と表明しているらしい。ひとりあたり数百万円出していることになる。

日本経済新聞などでも、頻繁にこの会社の広告を見かけた。通信事業の利用者を募る広告よりも、高利を謳い文句に資金を集める広告のほうが多く記憶に残っている。典型的な、ハイリスクハイリターンの香りのする広告だった。

普通に考えれば、公共的性格の強い大規模な事業を行なうためには、銀行からの融資や、株式発行によって資金を調達することが多いと思われるが、何故か、この会社は、個人からの直接調達の手段を選んだ。新聞広告や説明会の開催などにもそれなりのコストをかけていたと思われる。

平成電電側は、「スポンサーを得て再生に全力を尽くす」としている。また、一般投資家からの資金の取り扱いについては「スポンサーに委ねるので未定だ」と述べており、債権者との協議が難航する可能性もある。

個人投資家がこの会社に資金を提供したことは、ハイリターンを求めてのことであり、自己責任の原則からすると、特段の救済を受けるということは考えにくい。但し、平成電電側の資金の募集のしかたが全く適切であったかどうかは、議論の余地があるだろう。

なお、平成電電の経営破綻の影響で、ヘラクレス上場の2社(ドリームテクノロジーズとオープンループ)が、同じく10月3日、平成電電に対する債権が取り立て不能か取り立て遅延になる恐れがあると発表した。

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (1) | TrackBack (1)

« October 2, 2005 - October 8, 2005 | Main | October 16, 2005 - October 22, 2005 »