« October 9, 2005 - October 15, 2005 | Main | October 23, 2005 - October 29, 2005 »

Saturday, October 22, 2005

日本シリーズ開幕

いよいよ、本日(10月22日)から、プロ野球 日本シリーズの開幕。
対戦チームは、言うまでも無く、阪神タイガース(セントラル・リーグ)と千葉ロッテマリーンズ(パシフィック・リーグ)。

予告先発投手は、阪神が井川慶、千葉ロッテは清水直行。

どういう試合になるのか。

開催地の千葉マリンスタジアムは、ちょうど、東京モーターショウの開催されている幕張メッセのすぐ近く。

JR京葉線の海浜幕張駅あたりは、自動車マニアと阪神ファンと千葉ロッテファンとで、混むんだろうな。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Wednesday, October 19, 2005

福留佑子(ふくどめ ゆうこ, Yuko Fukudome)

福留佑子(ふくどめ ゆうこ)のブログ「毎日アイドル修行」がスタート。

生年月日は、1989年(平成元年)3月2日。

テレビ出演予定は下記の通り。
* TX系「黄金騎士GARO」第3話
 O.A.: 2005年10月21日(金)25:30~ 
* TBS系ドラマ30「ママ!アイラブユー」長倉美香・役
 O.A.: 2005年11月28日(月)~2006年1月27日 13:30~14:00

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Tuesday, October 18, 2005

古田敦也 ヤクルト監督に就任

プロ野球 ヤクルトスワローズの古田敦也捕手(40)が、2005年10月18日、球団側から要請されていた監督就任を受諾した。

古田選手は、同日、現役続行も表明。来年は、プレイイングマネジャーとして指揮をとる。

古田選手自身のブログ記事でも、「これから我々スワローズも日本一を獲れるような強いチームにしていきたいと
思います。今後も皆さん、宜しくお願いいたします。」と述べられている。

本ブログでも何度か書いてきたが、古田氏は、ヤクルトファンのみならず他球団のファンからも支持されている球界の貴重な人材。今後の活躍も期待したい。

関連記事(古田選手のブログ):
So-net blog:古田敦也公式ブログ:緊急更新

関連記事(zig zag road):
古田敦也(2005年1月15日)
古田2000本安打(2005年4月24日)
古田敦也選手がサインの「押し売り」(2005年5月15日)

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (2)

千葉ロッテ パ・リーグ優勝

千葉ロッテマリーンズは、パシフィック・リーグのプレーオフ第2ステージ、2連勝の後、2連敗。

第5戦目は、序盤、福岡ソフトバンクホークスに2点のリードを許すが、6回表に福浦のタイムリー二塁打で1点を返し、さらに8回表には里崎の二塁打で一挙逆転。そのまま3-2で千葉ロッテが勝利。

第2ステージの5試合は、すべて2点差以内。特に第2戦から第5戦までの4試合は、すべて1点差の接戦だった。

千葉ロッテは、1974年(昭和49年)以来、31年ぶりのリーグ優勝。
もちろん、31年前は、千葉ロッテマリーンズではなく、ロッテオリオンズ(だったはず)。

これで、10月22日からの日本シリーズは、阪神タイガースと千葉ロッテマリーンズとの間で戦われることになった。なお、日本シリーズの勝者が、KONAMI CUP アジアシリーズ 2005に出場する。

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (1) | TrackBack (6)

Sunday, October 16, 2005

パ・リーグのプレーオフについて(Pacific League)

プロ野球 パシフィックリーグのプレーオフについて。

今年(2005年)のプレーオフ、第1ステージで西武ライオンズが敗退したことで少しホッとしている。また、第2ステージで福岡ソフトバンクホークスが3連敗!、とはならずに持ちこたえて、2勝2敗のタイまで来たことで少しホッとしている。

仮に、リーグ戦レギュラーシーズンゲームは負け越しで3位の西武が、プレーオフを勝ち上がって優勝、ということになっていたら、著しく白けていただろう。

また、リーグ戦レギュラーシーズンゲーム2位の千葉ロッテが、福岡ソフトバンクに対して3連勝しても、かなり白けていただろう。

現在のプレーオフの制度は、確か2004年のシーズンから。

6チームで長期のレギュラーシーズンゲームを戦ってきて、チーム数で50%にあたる3チームに、プレーオフという短期決戦での優勝のチャンスが与えられるというのは、あまりにもレギュラーシーズンの重みが小さくなってしまう。

また、レギュラーシーズン1位のチームに(下位チームと5ゲーム差をつけない限りは)、ホームタウン開催以外のアドバンテージが与えられないというのも、レギュラーシーズンの首位争いの面白みを減らしてしまう。

プレーオフを残すにしても、何らかの改善は必要だと思われる。例えば、下記のように。

プレーオフは、レギュラーシーズンゲームの1位チームと2位チームが5回戦で戦う(3位チームの出場資格をなくす)。但し、1位チームには、(レギュラーシーズンゲームでの下位チームとのゲーム差に関係なく)プレーオフ1勝のアドバンテージが与えられる。レギュラーシーズンで2位チームの勝率が5割を下回った場合にはプレーオフを行なわず、1位チームが優勝。

これくらいで、ちょうど、レギュラーシーズンゲームとプレーオフとのバランスが取れるような気がする。


関連記事:
プレーオフってなんだろう? それもこれもそんな一日/ウェブリブログ
大酒飲みの日常:プレーオフって・・・・・
徒然日記:プレーオフってどうなの? - livedoor Blog
平太郎独白録 : 原理原則を無視したパシフィック・リーグのプレーオフ制度。
40歳で、迷う… プレーオフってどうなの?

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ソフトバンク、ズレータ(Zuleta)の2本塁打でタイに

0勝2敗、3戦目も9回裏を迎えて4点のビハインド。

そんな絶体絶命のピンチから、福岡ソフトバンクホークスが這い上がってきた。

3戦目を劇的な逆転サヨナラでものにしたのに続き、2005年10月16日のプレーオフ第2ステージの第4戦。
福岡ソフトバンクホークスは、継投で苦しみながらも、フリオ・ズレータ(Julio Zuleta, 1975年3月28日生まれ, パナマ出身)の2本のホームラン(2回裏に同点に追いつく1号ソロと、4回裏に一気に逆転する2号ツーラン)で勝利を得た。

守備では、無死1・2塁のピンチで登板した投手・吉武が、ロッテの送りバントを自身のフィールディングで3塁封殺するなど、3打者を抑えて無失点で切りぬけたのが光っていた。

これで対戦成績は2勝2敗。福岡ソフトバンクホークスが逆王手。

リーグ戦2位の千葉ロッテマリーンズとの優勝をかけた戦いは、プレーオフ最終戦に持ち越された。

福岡ソフトバンクホークスは、第5戦に勝つか引き分ければ、パ・リーグ優勝となる。

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (7)

地震

本日16時06分頃。

東京都で震度3か4くらい。

P波とS波の時間差は、3秒ほど(?)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サンスポの誤報

プロ野球パシフィックリーグ、プレーオフ第2ステージ第3戦では、福岡ソフトバンクホークスが9回裏に4点差を追いつき、さらに10回裏のサヨナラ勝ち。対戦成績を1勝2敗とし、なんとか首の皮がつながった形。

ところで、日本シリーズを控えているセントラルリーグの覇者阪神タイガースの選手を取材したサンスポ記事では、「ソフトバンクがまさかの3連敗で、リーグVをおとした」と断定されている。

9回裏で4点差だったらもう決まりだろうと、見切り発車したのだろうな、たぶん。

記事「金本“決戦モード”突入!敵の捕手&配球を勉強しまっせ」より引用(2005年10月16日15時45分時点);
(http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200510/tig2005101602.html)

鳥谷「やることをやるだけ」

シリーズの話題は宮崎では封印する。教育リーグ参戦中の鳥谷はシリーズ対策について「決まってから決めますよ。まだミーティングとかもあるでしょうし、それからいろいろと考えたいです」

プレーオフでは第1ステージを戦わなかったソフトバンクがまさかの3連敗で、リーグVをおとしたことについて、「ここまで間隔が空いて真剣勝負はこれまでなかったんでどうなるか。やることをやるだけです」。もう1日宮崎に残り、シリーズ前合宿に臨む。


関連ブログ記事:
Birth of Blues:サンスポがホークス3連敗と捏造報道 (スナップショット保存済)
メモ帳: 「第1ステージを戦わなかったソフトバンクがまさかの3連敗」
悠 々 日 記 - ソフトバンクが3連敗でリーグ優勝を逃したってホントl?
dAys oF cLIck: 番組の途中ですが
ソフトバンクがリーグVを逃したそうです。 - クマちゃんのぼーげんブログ

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (2)

James Blunt / Back to Bedlam

James Blunt、この人、新人のようであるが、英国では既にかなり売れている。数週間に渡ってアルバムチャート第1位。既に200万枚以上販売?

少し聴いただけだが、ギターと歌がかなり良い。

日本盤発売は2005年12月の予定だとか。待ちきれないので英国盤を買ってしまいそう。

Back to Bedlam / James Blunt

2005年10月24日から、米国&カナダツアーを行なう予定。Jason Mrazのオープニング・アクトでスケジュールされているが、一部、単独(?)ライブもある。

日本でもライブやってほしい。

James Blunt Tour Schedule

10/24 Supporting Jason Mraz, Fillmore Auditorium - Denver, CO
10/26 Supporting Jason Mraz, Soma - San Diego, CA
10/29 Supporting Jason Mraz, The Joint - Las Vegas, NV
10/31 Cafe Campus - Montreal, QC
11/01 Headline Dates, World Cafe Live - Philadelphia, PA
11/02 Hope supports, Bowery Ballroom - New York, NY
11/03 Hope supports, Bowery Ballroom - New York, NY
11/04 Headline Date, Paradise Rock Club - Boston, MA
11/05 Supporting Jason Mraz with Tristan Prettyman, The Wiltern LG - Los Angeles, CA
11/06 Supporting Jason Mraz with Tristan Prettyman, The Wiltern LG - Los Angeles, CA
11/07 Supporting Jason Mraz with Tristan Prettyman, The Fillmore - San Francisco, CA
11/08 Supporting Jason Mraz with Tristan Prettyman, Warfield Theatre - San Francisco, CA
11/10 Supporting Jason Mraz with Tristan Prettyman, Hult Center for the Perf. Arts - Eugene, OR
11/12 Supporting Jason Mraz with Tristan Prettyman, Roseland Theatre - Portland, OR
11/13 Supporting Jason Mraz with Tristan Prettyman, Paramount Theatre - Seattle, WA
11/14 Supporting Jason Mraz with Tristan Prettyman, Commodore Ballroom - Vancouver, BC
11/26 Supporting Jason Mraz with Tristan Prettyman, Copley Symphony Hall - San Diego, CA

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (2)

« October 9, 2005 - October 15, 2005 | Main | October 23, 2005 - October 29, 2005 »