« November 6, 2005 - November 12, 2005 | Main | November 20, 2005 - November 26, 2005 »

Thursday, November 17, 2005

クーリエ・ジャポン(COURRiER Japon)講談社から創刊

クーリエ・ジャポン(COURRiER Japon)という新しい雑誌が、本日(2005年11月17日)、創刊される。
昨日のTVでコマーシャル・フィルムが流れていた。
「反米」がキーワード? フランスだから? ちょっと変わっている。
1回見ただけで、結構効果のあるCFである。

クーリエ・ジャポン(COURRiER Japon)

編集長の古賀義章(こがよしあき)氏は、1964年生まれ。
講談社の社内「新雑誌企画賞」に応募したことが、この雑誌が生まれたきっかけだったとか。
出来上がった雑誌の創刊号をめくると、フライデーの袋とじがはさまっていた、という変な夢を見たとか。
そういったことが、古賀氏のブログ記事に書いてある。

古賀義章氏のブログ記事:
2005.11.16 創刊まであと1日。今晩、クーリエのCFが流れます……。

関連記事:
鈍想愚感: 講談社
卵色日記 la vie en oeuf:
COURRiER JAPON クーリエ・ジャポン11月17日創刊

Amazon.co.jp:

日本人特派員による記事には、どうしても日本人の見方が反映されます。日本という色眼鏡をはずし、世界各国のそれぞれの見方をそのまま伝えることは、きわめて重要なことだとクーリエ・ジャポン編集部は考えています。政治、経済、社会での重大ニュースを中心に、旅、面白話、流行、スポーツなど、ワールドワイドなホットニュースを厳選し、月2回、第1、第3木曜日にお届けします。

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, November 15, 2005

クライアントのOSの統計

アクセスログ解析で、クライアント側のOSの統計を取ってみた。
2005年11月14日、ユニークな訪問者が2054件。
それらの内訳は下記の通り。
項目は、左から、順位、件数、占有率、OS。

01位 1423件 70.1% Windows XP
02位 0271件 13.3% Windows 2000
03位 0133件 05.5% Windows 98
04位 0092件 04.5% Windows ME
05位 0091件 04.4% Macintosh
06位 0013件 00.6% Windows NT
07位 0008件 00.3% -AskJeevesJapan
08位 0005件 00.2% Windows NT 5.2
09位 0003件 00.1% Linux
10位 0002件 00.09% Windows 95
    0008件 00.3% その他少数派

Macintoshは4.4%で、まあこんなものか。
Linuxが0.1%というのは、思ったより低い。
Windows95やWindows98も、まだある。
7位の「-AskJeevesJapan」って何だろう。専用端末みたいなものか、あるいは収集ロボットか。
あと、記事の内容によって、訪問者のOSのシェアも変わったりするのだろうか。

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, November 14, 2005

「奥様は魔女(Bewitched)」のタバサって(Tabitha)

以前に「奥様は魔女」というTVドラマがあった。
日本でも近年リメイクされたが、ここで言っているのは、米国のオリジナル版。
あのドラマに、タバサという女の子(サマンサの娘)が出てきていて、
このドラマ自体は1960年代に制作されたものだと思うが、
確か、1970年代だったか(それも、もう30年近く前か)、
ランナウェイズ(The Runaways)というロックバンドのヴォーカルの
シュリー・カリー(Cherie Currie)という人が小さいときにタバサ役を演じていたということを聞いた。
ラジオなどで言っていたと記憶している。
年齢的にもちょうど合うので、それを今日まで信じ込んでいたのだが、
どうやら、違うらしいということが、判明した。
シュリー・カリーは、タバサを演じたことはないと自ら否定していたらしい。
さらに、いろいろ見ていてわかったことは、タバサを演じた子役は、三代いたとのこと。
また、さらに驚いたことには、それぞれの代に2人ずつのタバサ役がいた(つまり、
二人一役ということ)とのこと。

二十数年間誤解したままというのも凄いが、その誤解がまた解けるということも凄いと感じた日だった。

関連サイト:
http://www.therunaways.com/
http://www.cheriecurrie.com/
http://www.bewitched.net/
http://www.geocities.jp/emit_inc/tv/america/bewitched.html

奥さまは魔女 5th Season DVD-BOX

奥さまは魔女 6th Season DVD-BOX

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

愛の嵐 Il Portiere Di Notte シャーロット・ランプリング

映画「愛の嵐」をDVDで見た。シャーロット・ランプリングが演じる妖しいルチアが印象に残った。ラストシーンは、悲劇的ながら、美しさを感じる。

愛の嵐


[DVD]ポニーキャニオン PCBE-51394

タイトル:愛の嵐
  イタリア語タイトル:Il Portiere Di Notte
  ドイツ語タイトル :Der Nachtportier
  英語タイトル   :The Night Porter
監督:Liliana Cavani(リリアーナ・カヴァーニ)
製作:Robert Gordon Edwards(ロバート・ゴードン・エドワーズ)
製作総指揮:Joseph E. Levine(ジョセフ・E・レヴィン)
原作:Liliana Cavani(リリアーナ・カヴァーニ), Barbara Alberti(バルバラ・アルベルティ)
脚本:Liliana Cavani(リリアーナ・カヴァーニ), Italo Moscati(イタロ・モスカーティ)
撮影監督:Alfio Contini(アルフィー・コンティーニ)

1973年:イタリア・Lotar Film

出演者:
Dirk Bogarde(ダーク・ボガード)
 - マックス(Maximilian Theo Aldorfer)役
Charlotte Rampling(シャーロット・ランプリング)
 - ルチア(Lucia Atherton)役


物語の舞台は1957年のウィーン(ヴィエナ)、ホテルでポーターとして働くマックス(マクシミリアン・アルドルファ)は客の中に見覚えのある顔を見つける。歌劇の公演でこの地を訪れた指揮者とその妻ルチア。ルチアの顔を見るなり、封印していたはずの過去が甦る。それは、ルチアにとっても同じだった。

マックスは、かつて、ナチスの親衛隊員としてユダヤ人のルチアに接した。ルチアは、支配される身としてその倒錯的な関係に入っていった。

マックスもルチアも、過去を思い出したくないのだが、呪縛から逃れることができない。やがて、ルチアの夫は次の公演地に向かうのだが、ルチアはこの街に残る。

ホテルの部屋での再会。マックスはルチアに向かって「Tell me what to do」。その後ルチアは、ホテルをチェックアウトすると自らマックスの部屋に向かう。

夫からの捜索願が出されるが、ルチアは、愛と破滅とを選択する。そして、マックスも、仲間を裏切る道を選ぶ。

映画は、過去のシーンを織り込むように挿入しながら進んでいく。モーツァルトの歌劇「魔笛」が演じられるシーンとかぶさるように並行する過去シーンが印象的である。

原作・脚本・監督は、リリアーナ・カヴァーニ。イタリア人の女性監督である。1936年生まれだから、幼少時代に第二次世界大戦を経験したはず。学校で映画を学んだ後、テレビ映画の監督などを経て、劇場用映画"Francesco D'Assisi"(1966年)以降、多数の劇場用映画を手がけた。この「愛の嵐」は、ヒット作となったが、ユダヤ人団体からは抗議を受けたとのこと。後年には、谷崎潤一郎の「卍」(まんじ)を原作とした「ベルリン・アフェアー」(高樹澪が出演)という作品も手がけている。ところで、この「愛の嵐」のストーリーは、何らかの事実がもとになっているらしい。カヴァーニ監督がテレビ番組の取材の中で出会った実話から、作品を作ったとのこと。そう思うと、人間の不思議さがさらに感じられる。

映像は衝撃的で、強烈である。イタリア映画らしいというか何というか。

ルチア役を演じたシャーロット・ランプリングは、1946年生まれとのことだから、当時で27歳。現在は59歳。英国人で、ハーロー・ポリテクニーク卒業後、モデルとなり、さらに女優になったとのこと。

シャーロット・ランプリングの出演作品は、下記の通り。比較的最近の作品では、「スイミング・プール」に女流作家役として出ていたのが印象に残っている。
ナック(1965年)
ジョージー・ガール(1966年)
長い長い決闘(1968年)
ターゲット・ハリー(1968年)
夏の日の体験(1969年)
地獄に堕ちた勇者ども(1969年)
さらば美しき人(1971年)
アサイラム・狂人病棟(1972年)
愛の嵐(1973年)
蘭の肉体(愛の肉体)(1974年)


未来惑星ザルドス(1974年)
地獄のキャラバン隊(1974年)
フォックストロット(1975年)
さらば愛しき女よ(1975年)
オルカ(1977年)
男と女のアヴァンチュール/紫のタクシー(1977年)
スターダスト・メモリー(1980年)
評決(1982年)
ヴィバラビィ(1984年)
トレンチコートの女(1985年)
美しさと哀しみと(1985年)
マックス、モン・アムール(1986年)
マスカラ(1987年)
エンゼル・ハート(1987年)
パリスbyナイト(1988年)
D.O.A.(1988年)
ブガッティ・ロワイヤルの女(1989年)
ハマーアウト(1991年)
夢見る小説家(1993年)
巴里に天使が舞いおりる(1993年)
ザ・プライバシー(1996年)
鳩の翼(1997年)
まぼろし(2001年)
スーパーファイアー(2001年)
フォース・エンジェル(2001年)
スパイ・ゲーム(2001年)
デブラ・ウィンガーを探して(2002年)
スイミング・プール(2003年)
ゴッド・ディーバ(2004年)

ところで、どうでもいいことだが、DVDのパッケージにある「無修正ノーカット版」の文字、これ全然必要ないと思うのだが。セールスのためなのだろうか。

関連記事:
WHAT'S FASHIONABLE 愛の嵐
明日の相場をよみきるには 映画 愛の嵐
a spoon of happiness フェティシズム
はてなダイアリー 愛の嵐-無修正ノーカット完全版-

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (1) | TrackBack (0)

千葉ロッテ、初代アジアチャンピオン

コナミカップ アジアシリーズ2005の決勝戦が2005年11月13日に東京ドームで行なわれ、千葉ロッテマリーンズ(日本)が、サムスンライオンズ(韓国)に5-3で勝利。初代のアジアチャンピオンの座についた。

ロッテは、3回表に1-1と同点にされたが、その裏、ベニーのレフト前タイムリーヒットで勝ち越し、その後も加点した。サムスンは、9回表に連続ヒットで3-5と2点差まで追い上げ、さらに得点圏にランナーを置いて粘りを見せたが、あと一歩及ばなかった。

最優秀選手(MVP)にはロッテのベニー・アグバヤニ(Benny Agbayani))外野手が選ばれた。ベニーは、興農(台湾)戦での2本のホームラン、チャイナスターズ(中国)戦での逆転3点二塁打、決勝戦での勝ち越し打など、攻撃面での勝負強さを見せ、千葉ロッテの優勝に貢献した。

ロッテは、予選第1戦と決勝戦とサムスンを相手に連勝。あらためてその強さを再認識させられた。シリーズ全般を見て、日本と韓国と台湾とでは、現時点では日本の実力が少しだけ上のような気がするが、その差は小さなもので、今後は良いライバリーになっていくのではないかと思う。インターネット上では、一部、アジアシリーズの意義に疑問を投げるような声も見られるが、とりあえずこのシリーズが来年以降も定着していくことを望む。オリンピックなどでも国際試合は見られる(少なくとも2008年の北京大会までは)が、クラブチーム同士の戦いは、また違った面白さが感じられる。そして、アジアシリーズが定着し、いずれは他の国・地域などにも働きかけて、いつか真の「ワールドシリーズ」を観戦できることを夢見ていたいと思う。

関連記事:
プラマイゼロ。 ロッテ初代王者に
見物人の論理: アジア・シリーズは、続けていくことに意義がある
DAN'S room:ボビー(≠オロゴン)
ソウルに通いながら、こう考えた。: コナミカップ アジアシリーズ2005
スポーツ・トリビューン(SPO-TRI):千葉ロッテがアジアチャンピオンに。MVPはベニー・アグバヤニ。
君に会う日を夢見て……:アジアシリーズをさらに盛り上げるには?? - livedoor Blog(ブログ)
マイペース: アジアシリーズ総括

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (1) | TrackBack (5)

Sunday, November 13, 2005

城山未帆(しろやまみほ,Miho Shiroyama)

城山未帆。美帆ではなく未帆。

明日(2005年11月14日)発売の週刊ポスト(11月25日号)を、まだ発売されてないが見てみた。
グラビア4ページ分。
25歳のはずだが、25歳には見えない。
かなり若く見える。写真の撮り方による。
きれいな写真である。

城山未帆 写真集

2005年12月25日には、新しいDVD「ESCAPE JOURNEY 逃避行」がフォーサイド・ドットコムから発売される。

城山未帆のプロフィール
生年月日:1980年5月2日
星座:牡牛座
出身地:東京都
身長:162cm
サイズ:B.81cm,W.57cm,H.81cm,S.23.5cm
血液型:A型
趣味:英会話
特技:ピアノ、水泳
好きな食べ物:イタリアン、お寿司
好きな女優:アンジェリーナ・ジョリー
所属:文化通信株式会社

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (3)

アジアシリーズ 決勝は、ロッテvsサムスン

アジアシリーズ第3日の第2試合は、サムスンライオンズ(韓国)が興農ブルズ(台湾)に4-3でかろうじて逃げ切り勝ち。アジア4ヶ国の実力差はそれほど離れていないのか? とにかく、これで、11月13日の決勝戦は、千葉ロッテマリーンズ(日本)対サムスンライオンズ(韓国)に決定。

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (4)

« November 6, 2005 - November 12, 2005 | Main | November 20, 2005 - November 26, 2005 »