« January 23, 2005 - January 29, 2005 | Main | February 6, 2005 - February 12, 2005 »

Thursday, February 03, 2005

「一太郎」特許侵害に関する日経記事

ビジネス編のほうに、「松下電器産業が勝訴 一太郎・花子は特許権侵害?」という記事を書いた。

それにしても、久々に聞く「一太郎」という言葉が、このような形で出てくるとは・・・ 意外だった。

一太郎を販売するジャストシステム社が「2005年3月期業績への影響はない」とコメントしているにも関わらず、JASDAQ市場では、同社株の2月2日の取引値は、前日比100円安(ストップ安)の500円。

ところで、2005年2月2日の日本経済新聞朝刊1面には、「『一太郎』の製造・販売禁止」という見出しで、東京地裁の判決を報じる記事が掲載されている。この記事の中で気になったのは、「判決が確定しても利用者は使用し続けられる」という一文。この「判決が確定しても」とは、今回の、ジャストシステム側による特許侵害があったことを認定した判決が仮に確定した場合のことを指す。そのような場合に、「利用者は使用し続けられる」と言い切る根拠は何かあるのだろうか。松下電器産業の持つ特許の権利範囲に一太郎が触れる限り、その製品を利用者が「業として」用いる場合には、その利用者の行為も特許侵害であるので、とても「使用し続けられる」とは言えないような気がするのだが・・・

何かあるのだろうか。

(c) 2005, zig zag road runner.

| | Comments (4) | TrackBack (6)

Tuesday, February 01, 2005

Yahoo! Blog

2005年1月31日、ヤフーが「Yahoo!ブログ」ベータ版の提供を開始した。「Yahoo! JAPAN ID」を取得しているユーザーが、無料でブログを作成することができる。

「Yahoo!ブログ」は、基本的には容量無制限、但し、画像は1ブログあたり2GB(ギガバイト)に制限されている。

先行している無料ブログサービスの、例えばFC2ブログ(http://blog.fc2.com/)なども、テキストの容量は無制限、画像は1ブログあたり1GBとなっている。

たいていのブログでは画像はそれほど多用されず、テキスト情報が主であることを考えると、上記のデータ容量は事実上はほぼ制限がないと考えてもよい。

それと比べると、例えば、テキストも含めて30MB(メガバイト)の容量に制限されているNiftyのCocolog(いちばん下のコース)などは、今となっては非常に窮屈な感じがするものであり、このような制限が一刻も早く撤廃されることが望まれる。

Yahoo!ブログの機能的な特徴としては、下記のようなものが挙げられる。
- プロフィールに「Yahoo!アバター」で作成した自分のキャラクターを表示可能
- 16種類のデザインと16種類の背景を選択し、計256パターンのデザインが可能
- RSS配信に対応
- 気に入ったブログの動向を簡単にチェックできる「お気に入りブログ」機能
- 自分のブログを誰が気に入ったかがわかる「ファン」機能
- 記事の表示制限ができる「公開・非公開設定」機能
- 「Yahoo!ブログ」内の記事をボタンひとつで紹介できる「転載」機能
- 訪問者の記録を見られる「訪問者履歴」機能

(c) 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (4)

Sunday, January 30, 2005

Nikon D2X発売日が迫る

Nikon D2X
Nikonデジタル

Nikon D2Xの関連記事

当初は2005年1月発売とアナウンスされたNikon D2Xであるが、発売日は2月25日に修正されている。

価格情報なども既に上記のリンク先の関連記事で書いたが、Amazon.co.jpでも、商品が掲載された。

Nikon D2X (1240万画素)

定価(メーカー希望小売価格)は税込で63万円だが、実売価格はかなり安めで買いやすい。あと、1ヶ月弱。発売が待ち遠しい。

関連商品も下記の通り。

Nikon WT-2 D2X用ワイヤレストランスミッタ
Nikon D2X用 ファインダースクリーンV型
Nikon AN-D2X D2X用ストラップ


なお、きたむら花堂写真倶楽部 さんの記事によれば、
* D2Xはスタジオ・商品撮りを主眼に置いた味付け
* スポーツカメラマンへのモニター回答は「ISO800までが実用域」
とのこと。
んー、まあ、スポーツ撮影でも、ISO800までいければ、東京ドームくらいの明るさならばF2.8のレンズで1/250秒くらいでシャッター切れそう。それより暗いところだとやはりつらいかもしれないが。

(c) 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新選組 ! (NHK)

新選組!

2004年にNHKで放送された大河ドラマ「新選組!」(新撰組)が、DVDで発売される。

言うまでもなく、幕末激動期の京都を舞台に近藤勇(香取慎吾)と土方歳三(山本耕史)が率いる新選組の隊士たちの生き様を描いたドラマである。

近年の大河ドラマの中でも、その話題性などにおいて抜きん出ている。また、脚本家の三谷幸喜が、史実からもある程度自由にストーリーを展開した点はTV放送中から話題になっていた。

徳川幕府が崩壊していく過程と同期しながら、理想に燃える若者武士の集団の葛藤が、見方によっては清々しく、また見方によっては痛々しい。

坂本龍馬(江口洋介)が薩摩と長州の間で新しい時代の到来に向けた信念に基づいて様々な動きを見せていくのに対して、新選組は、不器用とも言っても良い実直さで、これもまた信念に基づいて滅びの美学を見せる。

個人的には、近藤勇および土方歳三のブレーンとして隊を支えてきたにも関わらず、脱走、そして最期を迎える山南敬助(堺雅人)に、最も共感を覚えた。芹沢鴨(佐藤浩市)も良かったが。

DVD-BOXの第壱集は第1話から第27話までを収録、第弐集は第28話から第49話までを収録している。特典映像も含まれるとのこと。

脚本・作: 三谷幸喜
音楽: 服部隆之
テノール独唱: ジョン健ヌッツォ
制作統括: 吉川幸司
演出: 清水一彦、吉川邦夫、伊勢田雅也 他

出演:
 香取慎吾、藤原竜也、山本耕史、優香、オダギリジョー、中村勘太郎、
 山本太郎、堺 雅人、山口智充、小林 隆、中村獅童、江口洋介、石黒 賢、
 佐藤浩市、田端智子、鈴木京香、沢口靖子、野際陽子、田中邦衛、
 野田秀樹、伊東四朗、石坂浩二 他

新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX
新選組 ! 完全版 第弐集 DVD-BOX
NHK大河ドラマ 新選組 ! スペシャル DVD-BOX

Amazon.co.jpのレビューより; 

 これまでの新撰組に対する陰惨なイメージとはかなり違ったアプローチが随所に見受けられる。キャスティングも若者の集団だった隊士たちの実年齢的に近いフレッシュな陣容で、主人公が土方でも沖田でもなく、理想に燃える若者としての近藤勇(香取慎吾)であるあたりも新味だ。
 近藤勇と坂本龍馬(江口洋介)、桂小五郎(石黒賢)らが一堂に会したりする史実から解き放たれた自由度の高さも、いい意味での大河的ではない魅力となっている。ただ、そういったライトなテイストが、中盤以降で次々と粛清されていく隊士たちの痛切さをより引き立たせているのも事実。

Amazon.co.jpのカスタマー・レビューより;


* 新しい切り口に久々にヒットした作品です。幕末は司馬遼太郎が作った美化された史観が強い中、果敢にも挑んだ三谷さんはこれぞという作品を書いてくれました。史実とは関係ないという批判が多かったらしいですが、後々幕末関係の本を読んでいると実は三谷さんの素晴らしい想像力と裏づけされた資料が存在しているのを知り、実は大河の方が、今まで知られている司馬遼太郎の本よりもより事実であると思っています。

* 三谷幸喜さんの脚本、すばらしいと思います。中には史実と違うじゃないかと憤慨されている方もいらっしゃるとお聞きしましたが、大河ドラマは教科書ではありません。エンターティメントなのです。その点で見れば今回の「新選組!」は間違いなく最高傑作だと思われます。
もともと「賊軍」となってしまった新選組を取り扱うのはNGであったと聞きます。それをはじめとしてさまざまなタブーをいい意味で乗り越えてくれてこの「新選組!」は大河ドラマ史上に残る作品であるといえるでしょう。

* 「新撰組!」では、土方歳三役の山本耕史さんが最大のヒット。現代劇で見ると、なんだか気の弱そうで、頼りなげな感じに見える彼が、袴を穿き、腰に刀をさすと、めちゃくちゃかっこいい武士になる。どう見ても、剣の達人にしか見えない。鬼の副長、そして幕末1のプレイボーイ土方歳三が、完璧にはまっているのだ。

* 大河ドラマどころか時代劇や普通のドラマでさえ滅多に見ないのですが、「三谷幸喜」ということで、毎週見てしまいました。そして、ご存知のとおりの期待を裏切らない出来で、1年間しっかり楽しませていただきました。三谷さんの脚本は言うまでもありませんが、特筆すべきはキャストの素晴らしさでしょう。このキャストのセンスが『新選組』のスタンダードと言っても、もはや過言ではない気がします。もう40才以上の役者が近藤勇を演じることは許されないのではないでしょうか? 私は特に、ところどころに相撲ネタとか、本妻と愛人の鉢合わせとか、「三谷幸喜」らしい話も盛り込まれているところが好きです。

* 一人一人が実に生き生きと、ああ、実際に彼らはこうやって生きたんだろうな。と思えるような感触が確かにあった。史実とは違うところもあったかもしれない。当たり前だ。でも、そんな思いを全て吹っ飛ばすような魅力とエネルギーに溢れていた。オープニングからエンディングまで一度も見逃さず、また見逃してたまるものか!!と感じ5分前からTVの前で正座してみているこの興奮は忘れたくない。忘れてたまるものか。値段は高い。けれども絶対にこの作品は買って永久保存したいです。

* ただの多摩の百姓上がりだった近藤勇と土方歳三が自分の信念と力だけを信じて、それでも迷い、傷つきながら抗いがたい時代の波の中でただひたすらまっすぐに生きた、その壮絶さを三谷さんならではの切り口で描いています。新選組は近藤と土方だけではないことがこれを見てよく分かると思います。名もなき青年達の熱い血潮が自分の中に流れていることに深く感動します。

* ある回はドキュメンタリーであり、別の回はミステリーでもあり、コメディーでもある。ああ大河ドラマってこんな事もできるんだ。こんな事もできちゃうんだと1話毎に色んな楽しみと驚きがあります。全体を見ると1話からの様々な出来事が見事に結実して行く最終回までの構成の見事さにはただただ拍手をおくるばかりです。全て見終わったあと又1話から見たくなる。そんな作品です!


ちなみに、雑誌「ザ・テレビジョン」2005年2月4日号で「第43回ドラマアカデミー賞」が発表されている。
13部門中、6部門(最優秀作品賞を含む)において、「新選組!」が選ばれている。

最優秀作品賞: 「新選組!」
主演男優賞: 香取慎吾
助演男優賞: 山本耕史
脚本賞: 三谷幸喜
キャスティング: 「新選組!」
主題歌賞: 「新選組!」メインテーマ (ジョン健ヌッツォ)


(c) 2005, zig zag road runner.

| | Comments (4) | TrackBack (1)

福岡ソフトバンクホークスの新外国人選手

Fukuoka Softbank Hawks

2005年1月30日、プロ野球 福岡ソフトバンクホークスに新しく入団する3人の外国人選手が会見を行なった。

その3人は、トニー・バティスタ内野手(31歳、背番号77)、ホルベルト・カブレラ内野手(31歳、背番号30)、ペドロ・フェリシアーノ投手(28歳、背番号28)。

大リーグ通算214本塁打の記録を持つバティスタは「いつか日本でプレーしたいと夢見ていた。本塁打が何本打てるかは神のみぞ知る。王監督を優勝させるために頑張りたい。」と述べた。また、「メジャーで結果を残してきたスタイルを変えるつもりはない。」と、特徴的なオープンスタンスのバッティングフォームを変えずに日本でプレーすることを表明した。バティスタは、来日初年度としては史上最高の年俸500万ドル(約5億1500万円)の2年契約。

ダイエーから球団を譲り受けたソフトバンクの方針で、選手補強にも充分な資金が使われており、これら3人の選手の年俸だけでかなりの金額にのぼる。

王監督は「昨年までなら手の出なかったような選手が3人も入り、一緒に戦えることを喜んでいる」と語った。

王監督は、先日の発表で、監督 兼 ゼネラルマネージャー 兼 球団副社長と3つの役職を兼務することが発表されている。

また、同日、福岡ソフトバンクホークスは福岡ドームでファン向けのお披露目イベントを行い、満員のファンに新ユニフォームを披露した。

ソフトバンクは、オーナーの孫正義氏が言うように、本当に大リーグチームと対等に戦えるチームを目指しているようである。

その孫正義氏は、「世界一決定戦」の実現への足がかりとして、2月にも渡米して大リーグ関係者とミーティングを行う予定になっている。

(c) 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (7)

[NFL] Championship Games スーパーボウル出場決定

2005年1月23日、NFL各カンファレンスのチャンピオンシップゲームが行なわれた。

* Philadelphia Eagles 27-10 Atlanta Falcons

NFCは、Philadelphia Eagles(東地区優勝、レギュラーシーズン13勝3敗)が、Atlanta Falcons(南地区優勝、レギュラーシーズン11勝5敗)を27-10で破った。

前半終了時点では、14-10とPhiladelphiaが4点のリード。

NFL史上最高の1億3千万ドル(135億円)の10年契約を結んでいるクォーターバックMichael Vickが率いるAtlantaオフェンスチームは、後半5回の攻撃シリーズ中、ファーストダウンを獲得したのは3回だけ。敵陣37ヤードより内側に入ることができなかった。

* New England Patriots 41-27 Pittsburgh Steelers

AFCは、New England Patriots(東地区優勝、レギュラーシーズン14勝2敗)とPittsburgh Steelers(南地区優勝、レギュラーシーズン15勝1敗)の戦い。2004年のレギュラーシーズンゲームでは、この両チームは10月31日に対戦。そのときはPittsburghが34-20で勝利していた。今シーズンのNFL勝率1位チームと2位チームがAFCチャンピオンをかけたゲームでは、New Englandが41-27でPittsburghを圧倒した。

Pittsburghはスタッツ的には、ファーストダウン獲得数、パス獲得ヤード、ラン獲得ヤード、攻撃保有時間のすべてにおいてNew Englandを上回りながら、3回の被インターセプトなどで攻撃を断たれた。


New England PatriotsとPhiladelphia Eaglesは、2005年2月6日の日曜日、18時30分(米国東部時間)開始、フロリダ州ジャクソンビル(Jacksonville)のオールテル・スタジアム(Alltel Stadium)で行われる第39回スーパーボウル(Superbowl XXXIX)で対決する。

ちなみに、今年のハーフタイムショーには、ポール・マッカートニーが出演するとのこと。

日本時間では月曜午前中なので、たぶん私は、仕事を休んでTV観戦することになるだろう。

(c) 2005, zig zag road runner.

| | Comments (2)

サッカー親善試合 日本 4-0 カザフスタン

2005年1月29日、サッカー日本代表チームは横浜国際総合競技場での親善試合でカザフスタンと対戦した。

結果は、日本が4-0で勝利。2月9日のワールドカップ最終予選の北朝鮮戦(埼玉スタジアム)に向けて良いスターとをきった。日本チームは、この後、2月2日には、埼玉スタジアムでのシリアとの親善試合を予定している。

日本の得点は、次の通り。

前半5分、玉田が、ゴール前に上がった浮き球をトラップして切り返し、右足でゴールを決めた。

また、前半11分、松田が、左コーナーキックからのこぼれ球を左足で押し込み、ゴール。

また、前半24分、三都主のフリーキックが相手キーパーの目測ミスを誘ってゴール。

さらに、後半15分、小笠原のスルーパスを受けた玉田が、左足でゴールを決めて、この試合2得点目。

日本代表・ジーコ監督 「体力的にも厳しい時期だが、ボールも回って、選手も軽い感じがした。いいスタートが切れた。みなさんの期待に応えられるようにしたい。」

カザフスタン代表・ティモフェーエフ監督 「我々はシーズンの最初で準備不足だった。前半は日本のスピードについていけなかった。」

(c) 2005, zig zag road runner.

| | Comments (3) | TrackBack (4)

« January 23, 2005 - January 29, 2005 | Main | February 6, 2005 - February 12, 2005 »