« February 20, 2005 - February 26, 2005 | Main | March 6, 2005 - March 12, 2005 »

Friday, March 04, 2005

里谷多英とライブドア

2005年3月3日発売の週刊文春の記事によると、フリースタイルスキー・モーグルの選手で、長野オリンピック金メダリストの里谷多英(フジテレビ・人事部所属)が、2月7日夜から翌8日未明にかけ、六本木のクラブで泥酔して暴れるなどしたため、店側の通報によってかけつけた警察官に連行され、8日昼頃まで麻布警察署に拘置されていたとのこと。

結婚後、競技から離れていた里谷選手は、2005年から復活。2月6日のワールドカップ デュアルモーグルで2位を取り、来年のトリノオリンピックに向けて期待が高まっていただけに、翌日の夜の出来事は、本人のスポーツ選手としての自覚の足りなさ、だけでは済まされないほど重い出来事だろう。

全日本スキー連盟(SAJ)がどのように処分するのか注目されていたが、3月4日、同連盟の村里敏彰競技本部長が明らかにしたところによると、里谷選手を3月16日からの世界選手権(フィンランド・ルカ)に派遣することを見送るとのこと。この世界選手権で上位に入賞していればトリノオリンピックへの出場権が得られることになっていた。

勤務先のフジテレビも、3月4日から8日まで5日間の謹慎処分とした。

それにしても、2月8日事件当時は、ライブドアの堀江貴文社長が、同日早朝の取締役会(転換社債発行決議)とニッポン放送株取得(時間外取引の市場に売り手がいればという前提だったが)に向けてぐっすり寝ていたと思われる時間帯。

この数時間の間に、フジテレビを揺るがす2つの大きな出来事が、同社経営陣の知らない場所で起こっていたことになる。

里谷多英

ザ・モーグル ブラボースキー (2005)

(c) 2005, zig zag road runner.

| | Comments (1) | TrackBack (10)

Sunday, February 27, 2005

中村紀洋にビザ発給 3月2日練習開始/L.A. Dodgers

米国大リーグ(MLB)のロサンゼルス・ドジャース(Los Angeles Dodgers)とマイナー契約した中村紀洋 内野手(元・近鉄バファローズ)は、米国政府からのビザ発給が遅れていたことにより、2月24日から開始されている練習には参加できていない。

米国入国に関しては、メジャー契約の場合にはスポーツ選手などを対象にした「P-1ビザ」が迅速に発給される。しかしながら、中村選手は、マイナー契約であるために、短期労働者扱いの「H-2Bビザ」を申請しており、米国政府側でのこの承認に予想以上の時間がかかった。

そして2月26日、ようやくビザが取得できたことをドジャース側が確認し、中村選手は3月1日に現地(フロリダ州・ベロビーチ)入りして、3月2日からキャンプに参加できることになった。但し、3月2日にはドジャースのオープン戦の初戦が予定されている。仮に中村選手がこのオープン戦に出場できたとしても、守備メンバー間の連携やサインプレーなどの練習ができておらず、また言語の問題もあり、チームの一員としてプレーすることはかなりのハンディキャップを負うと想像する。

野手でまだキャンプ地に到着していないのは中村選手だけ。トレーシー監督も、「飛行機から降りたばかりの選手をすぐに試合に使うことはできない。それはほかの選手にフェアではない。」とコメントしており、中村選手には、練習を通しての実力評価を早急に受けることが、メジャー登録への鍵となる。

なお、ドジャースの三塁手は、昨年までのベルトレーがFA権行使によって抜け、その穴埋めとしてシカゴ・ホワイトソックス(Chicago White Sox)からバレンティン(35才/プエルトリコ出身/年俸350万ドル)が移籍してきている。このバレンティンはメジャー14年目のベテランで、過去5年間はシカゴに在籍。5年連続25本塁打を打っており、2004年は、打率「.216」、本塁打30本の記録。このバレンティンが居るため、トレーシー監督は、2月中旬の記者会見で、中村紀洋を一塁手として使う案にも言及している。

中村にとっては、守備負担が比較的小さい一塁手としてメジャーに残れる可能性があることは、もしかしたらラッキーかもしれない。

関連記事:
中村紀洋、ドジャース(Dodgers)入り (2005年2月6日)

(c) 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Apple iPod shuffle 512MB/1GB

Apple iPod Shuffle

6GB ドライブ搭載の新・iPod mini や、より容量の大きい iPod Photo 30GB / 60GB なども良いが、手軽ですぐに入手できるのは、Apple iPod shuffle。512MBタイプと1GBタイプがある。特に、512MBタイプは、税込みで10,980円(2005年2月27日現在)と安価。M9760G/Aは、専用のアームバンド。


Apple iPod shuffle 512MB M9724J/A
Apple iPod shuffle 1GB M9725J/A
Apple iPod shuffle Arm Band M9760G/A

その他のApple製品は、こちらから → Apple総合

(c) 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

失敗学/畑村洋太郎(Yotaro Hatamura)

失敗学 畑村洋太郎

失敗学のすすめ 畑村洋太郎・著
決定版 失敗学の法則 畑村洋太郎・著
強い会社をつくる失敗学 畑村洋太郎・著

2005年2月26日(土曜)の日本テレビ系番組「世界一受けたい授業」では、畑村洋太郎教授が、「失敗学」について語っていた。その内容は;

失敗には、良い失敗と悪い失敗がある。

良い失敗とは、チャレンジによって未知との遭遇が出来、そしてその結果としての失敗の原因を究明できるような失敗である。

科学の世界では、良く知られている世界の三大失敗がある。

第1は、米国の吊り橋・タコマ橋の崩落。この橋の崩落から徹底的に学んだことにより、その後の橋は「箱構造」が採用され、その結果として類似の崩落は一切起こっていない。
第2は、第二次世界大戦当時の米国・リバティ船の溶接の不具合。
第3は、ジェット機・コメット号の機体の金属疲労による不具合。

また、2004年10月の新潟県中越地方地震で、新幹線が脱線する事故が起こったが、あれほどの大地震で新幹線乗客らに怪我人が一人も出なかったのは、1995年の阪神淡路大震災の教訓が生かされているから。つまり、阪神では、高速道路の橋脚(橋桁)の破壊により被害が広がった。その後、JRは、橋脚の補強を行なっていたので、新潟の地震では震源地の真上に構築されていた高架線が一切崩れなかった。それにより、比較的軽微な被害で済んだ。

これに対して、悪い失敗とは、無知(知ろうとしないこと)による失敗、不注意による失敗。

成功を喜ぶだけでなく、失敗と上手に付き合うことが重要である。

リーダーは、どのような失敗が起こるかを仮想演習し、その対策を頭の中で考えておくことが必要。

と、まあ、こんな感じで、面白く、かつ実際に役に立つ。


ちなみに、上に書いたタコマ橋の崩落の写真は、The Tacoma Narrows Bridge Disasterのサイトで見ることができる。


なお、特定非営利活動法人 失敗学会のサイトは、http://www.shippai.org/
「この法人は、市民、企業、行政、教育機関に対して失敗原因の解明および防止に関して教育、会合の主催、コンサルテーション提供、インターネットからの情報発信を通して、経済的打撃を起こしたり、人命に関わったりするような事故・失敗を未然に防ぐ方策を提供することを目的とする。」
Professor Yotaro Hatamura / The Association of Study of Failure

また、科学技術信仰機構による失敗知識データベース構築の事業も、畑村氏が統括しておられる。
詳しくは、http://shippai.jst.go.jp/に記載されている。


なお、畑村氏の著書ではないが、下のような本も、1995年10月26日に出版されている。

Learning from Failure: The Systems Approach
Joyce Fortune, Geoff Peters 共著

© 2005, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (3)

« February 20, 2005 - February 26, 2005 | Main | March 6, 2005 - March 12, 2005 »