« 阪神タイガース 4連勝 | Main | 関本! 代打サヨナラhome run ! »

Saturday, April 29, 2006

Intelの憂鬱?

インテルの業績が芳しくないようである。

打開策となるのか、同社は、今後開発サイクルを縮め、2年毎に新アーキテクチャを投入していくことを発表した。従来は4年~6年毎に投入していた新チップと新しいマイクロアーキテクチャを、今後は2年ごとに出していくとのこと。

そして、CNET Japanの記事「インテル、チップの開発サイクルを短縮-2年ごとに新アーキテクチャ投入へ」によると、「そのために、同社は複数の設計チームが平行して開発を進め、交互に新しいマイクロアーキテクチャを投入する体制を敷く」そうである。

アイデアとしては面白いが、そのようなことがうまくいくのだろうか。やや不思議である。

複数のチーム(例えばAチームとBチームの2チームとしよう)が開発していくとき、Aチームの開発成果はその次の世代のAチームの開発にスムーズに引き継がれるだろうが、Aチームの開発成果はBチームの開発に問題なく引き継がれるのだろうか。

両チームの開発する製品間でも、控えめに言っても何らかの互換性が必要である。

設計情報の共有の仕組みやロジックシミュレーションのツールを上手に作って使いこなせば、不可能とは言い切れない。が、実際は、どうなのだろうか。

興味深い。

Intel (www.intel.com))

© 2006, zig zag road runner.

|

« 阪神タイガース 4連勝 | Main | 関本! 代打サヨナラhome run ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Intelの憂鬱?:

« 阪神タイガース 4連勝 | Main | 関本! 代打サヨナラhome run ! »