« セ・パ交流戦終了 | Main | Nikon D2Xs 発売へ »

Sunday, June 25, 2006

ウィンブルドン・テニス選手権のネット配信

2006年6月24日(土)の日本経済新聞の記事によると、オール・イングランド・ローン・テニス・アンド・クロケット・クラブ(The All England Lawn Tennis and Croquet Club)がインターネット事業を強化し、ウィンブルドン選手権などの試合を生中継でも見られる有料のネット配信サービスを開始するとのこと。

インターネットによる映像コンテンツ配信は、配信技術そのものに特に困難な点はないが、今後、いかに魅力的なコンテンツが配信されるか、また、配信事業者がいかに利用者を囲い込むかが、ビジネス的な成功の鍵になってきそうな気がする。

Keywords: the Internet, contents delivery service

関連ブログ記事:SEVEN DAYS IN SUNNY JUNE 海底より

© 2006, zig zag road runner.

|

« セ・パ交流戦終了 | Main | Nikon D2Xs 発売へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ウィンブルドン・テニス選手権のネット配信:

« セ・パ交流戦終了 | Main | Nikon D2Xs 発売へ »