« 映画 アサインメント(アイダン・クイン ほか) | Main | 30歳という年齢について - 過去・現在・未来 »

Monday, October 16, 2006

映画 エージェント・コーディ(Agent Cody Banks)

今日見た映画。

映画 エージェント・コーディ(Agent Cody Banks)

何も考えずに楽しめるスパイ・アクション娯楽もの。

主人公のコーディ・バンクス(Cody Banks)は、高校生。しかし、彼は、CIAが1000万ドルをかけてひそかに育成したエージェント。

日常の高校生活をおくるコーディのもとに、ある日、美人の教育係ロニカ・マイルズ(Ronica Miles)が表れて、彼に初めてのミッションを与える。そのミッションは、転校して、ナタリー・コナーズ(Natalie Connors)のボーイフレンドになること。ナタリーの父は、重要なナノテクを開発する研究者だった。

女性と接することが苦手なコーディであったが、何とか、ナタリーの心をつかむ。ところが、目立ちすぎたために、コーディは作戦から外されることに。そんなとき、コナーズ博士の成果を軍事利用することをたくらむ地下組織が、娘のナタリーを誘拐したことを知る。

コーディは、ナタリーを助けるために、カナダのカスケード山脈にある秘密基地に、ロニカとともに忍び込む。そして・・・・・・

製作総指揮は、マドンナ。

監督のハラルド・ツワート(Harald Zwart)は、007シリーズのような感じにしたかったとのこと。

個人的には、様々なデザイン(コスチューム、小物、基地など)を楽しんだ。

コーディ・バンクスを演じたのは、フランキー・ムニッズ(Frankie Muniz)。アクションシーンを卒なくこなしている。
相手役のナタリー・コナーズには、ヒラリー・ダフ(Hilary Duff)。かわいい。女優であり歌手。
コーディを教育・監視するCIAのロニカには、アンジー・ハーモン(Angie Harmon)。魅力あるオトナの女性を演じていて、この映画の中で最も目立っている。ちなみに、Angie Harmonは、元・野球選手(マイナーリーグ)、その後プロのアメリカンフットボール選手(New York Giants→St. Louis Rams; コーナーバック)となった、ジェイソン・シーホーン(Jason Heath Sehorn)の2人目の妻。

Jason Heath Sehorn

2003年、米国・カナダ、Metro Goldwyn Mayer (MGM) Pictures作品。

DVD(特別編)には、メーキングフィルムや、未公開シーンなどが多く含まれていて、こちらも楽しめる。

エージェント・コーディ 特別編
エージェント・コーディ 特別編

Most Wanted / Hilary Duff


関連ブログ記事:
○o。1日いっぽん映画三昧。o ○ シネストック The child sky’s cinema world It's a wonderful cinema MOE'S -TAVEAN-    

© 2006, zig zag road runner.

|

« 映画 アサインメント(アイダン・クイン ほか) | Main | 30歳という年齢について - 過去・現在・未来 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画 エージェント・コーディ(Agent Cody Banks):

» 「エージェント・コーディ」 [It's a wonderful cinema]
 2003年/アメリカ  監督/ハラルド・ズワルド  出演/フランキー・ムニッズ      ヒラリー・ダフ  15歳のCIAエージェントが大活躍するお話。主演は「マイ・ドッグ・スキップ」のフランキー・ムニッズ。共演はアイドルのヒラリー・ダフ。  ティーン向けの映画だろうけど、面白かったなあ。私こういうの好きなんだよな。それなりにお金かかってそうなアクションです。小道具とか、007を踏襲してて、ちょっと嬉しくなったり。  コーディを演じるフランキー・ムニッズがまだまだ少年顔なの... [Read More]

Tracked on Tuesday, October 17, 2006 01:51

» エージェント・コーディ Agent Cody Banks [The child sky’s cinema world*]
はぁぁ。自分SWオタなのかな・・・。記事のタイトルにもろ『コマンダー・コーディ』って打って10秒ぐらい気付かなかった(笑)分らない人はイィです・・・。むしろ羨ましいです(自爆)ちゃんとあ行に入ってるよね…?か行に入れそうになったよ…。 一見普通の高校生、コーディにはCIAのエージェントだという、家族にも言えない秘密があった。さまざまな訓練を受けたコーディは何でもできるエリート・スパイだったが、たった一つ女の子にだけは声を掛けることができなかった。そして彼の最初にのミッションはよりによってある女... [Read More]

Tracked on Wednesday, October 18, 2006 20:13

« 映画 アサインメント(アイダン・クイン ほか) | Main | 30歳という年齢について - 過去・現在・未来 »