« June 18, 2006 - June 24, 2006 | Main | July 2, 2006 - July 8, 2006 »

Friday, June 30, 2006

ネットでの予想ゲーム

英国の街角を歩いていると、いたるところに「ブックメーカー(bookmaker)」の店を見つけることができる。

ブックメーカーって、・・・ 製本屋ではなく、賭けをできる店である。
ご存知のように、英国では、この種の賭けは合法であり、新聞などにも多くの広告が出ている。
賭けの対象は競馬やサッカーなどといったスポーツが多いが、それだけでなく、選挙や天候など、あらゆるものが対象になり得る。

ところで、投票人気に応じてオッズが刻々と変化していくのは当たり前だが、英国の多くのブックメーカーの特徴は、プレイヤー(賭ける人)が賭けた時点のオッズが適用されること。これは、状況が刻々と変化していくものを対象として賭ける場合には、フェアなやり方といえるかもしれない。

インターネットが一般家庭などにも普及し始めた頃、ちょうど英国から日本に私は引っ越してきたのだが、インターネットをつかってこのような賭け(というより「予想」)ができたら楽しいのにな・・・ と思っていた。

ネットだと、いろいろと複雑な予想の仕方も可能だし。

今では、ネット上にいくつかの予想サイトがある。

それぞれに特徴があるのだけど、ここ→予想ネット http://www.yosoo.net/top.phpの特徴は、やっぱり貯めたポイントをキャッシュに変えられることだろう。

そして、予想ネットモバイル(http://www.yosoo.net/mb_yosoo.php)もオープンしたようである。

モバイルのオークションなんかも結構今はホットになっているようだし、こっちの予想ネットモバイルでどこででも予想を楽しむというのもいい気がする。

なんか、聞くところによると、モバイル独自の新たな新展開もあるとのこと。まだ秘密だけど。

ケータイって中毒性があるけど、中毒にならない程度に、この予想ネットモバイル、やってみようかな。

© 2006, zig zag road runner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, June 27, 2006

池田果菜子(いけだかなこ)さん誘拐事件

速報

明治学院大学 4年。
2006年6月26日午後、渋谷区鉢山町(?)で事件発生。
2006年6月27日未明、被害者無事保護。容疑者も拘束される。


関連ブログ記事:
ちょくブログ あなたの隣の怪奇談 銀河の野良暮らし  

© 2006, zig zag road runner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, June 25, 2006

今週の本 - book preview

本の広告にISBNコードが入っている場合があるが、あれが入っていると、買おうとしたときに非常に便利。

ISBNコードを広告に記載しているのは、筑摩書房や日経BP社など、一部のみ。新聞の書評欄にもISBNコードが入っていたらなぁ。

今週気になった本は以下の通り。

* 全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術

* フラット化する世界

* 日本の個人主義

* モナ・リザと数学 ダ・ヴィンチの芸術と科学

* ミュージアム・マーケティング

* ミッションマネジメントの理論と実践

* Q&A ストック・オプション会計の実務ガイド

* 大学生の論文執筆法

* 和魂米才の発想法 日本流でも米国流でもない企業経営

© 2006, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

和魂米才の発想法/木村剛

和魂米才の発想法 日本流でも米国流でもない企業経営/木村剛・著

広告のコピーで「『国家の品格』では、日本の明るい未来はない!」と書かれている点だけが気になった。それはいい。いかなる具体的な形を作れるかが問題である。

今週の本(2006/6/25)

渋沢健のオルタナティブ投資日記

© 2006, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大学生の論文執筆法

大学生の論文執筆法/石原千秋・著

最近の大学ではちゃんとした論文の書き方も教えないのかと思うほど、文章の書けない人たちが社会に出てきていることに危機感を持つ。感性で語ることだけではなく、しっかりと論ずることも重要。

© 2006, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Q&A ストック・オプション会計の実務ガイド

Q&A ストック・オプション会計の実務ガイド/あずさ監査法人・編

日本の企業にも多く取り入れられたストックオプション制度であるが、主として会計的観点からその見直しが始まっている。この本が発売されたのは2006年5月であり、時機的にも、参考になりそう。

© 2006, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ミッションマネジメントの理論と実践

ミッションマネジメントの理論と実践 経営理念の実現に向けて/田中雅子・著

経営理念をいかに体現化するか。価値観が多様化する現代であるからこそ理念の体現化は重要であるし、企業の構成員ひとりひとりがそれを求めていながら理念の理解というものは直線的には進まないということも感じる。巨大化する組織の中でどういうモチベーションが有効であるのか、指針になりそうな本。

© 2006, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ミュージアム・マーケティング(Kotler)

ミュージアム・マーケティング
フィリップ コトラー(Philip Kotler)・著, ニール コトラー(Neil Kotler )・著

博物館、美術館などといった組織における経営と戦略。公的資金だけに頼るわけにいかなくなりつつある今、非営利組織も、経営と無縁ではない。

© 2006, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

モナ・リザと数学 ダ・ヴィンチの芸術と科学

モナ・リザと数学 ダ・ヴィンチの芸術と科学
ビューレント アータレイ・著

名画に仕掛けられた数学。フィボナッチ数、黄金比、シンメトリー、透視法。

© 2006, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本の個人主義/小田中直樹

日本の個人主義/小田中直樹・著

日本においてはいまだに、個人の自由と責任ということが正しく認識されていないと考えざるを得ない。この本は、「そもそも自律した個人とは幻想に過ぎないのか。」と問う。「戦後思想の苦闘を糸口に個人主義のアクチュアルな意義を問う刺激的論考。」とのことで、面白そう。

© 2006, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

フラット化する世界 The World Is Flat

フラット化する世界(上)/トーマス フリードマン・著
フラット化する世界(下)/トーマス フリードマン・著

少し前から気になっていた本であるが、今日(2006年6月25日)の日本経済新聞に今井賢一氏が書評を書いている。今井氏の書評では、「ミドルクラス」に焦点が当てられている。日本の強さは、かつて、ミドルクラスの強さによると言われた。ミドルクラスの役割を積極的に評価した点は、この本のポイントの一つか。著者は「国民が希望を抱く国には中流階級がいる」というジェーリ・ヤンの言葉を紹介する。また、「インドにイスラム教徒が多いにもかかわらずビンラディン派が出ないのは、インドの民主主義によって彼らの多くはミドルクラスになっているからだ」という事実を挙げる。そして、「ミドルクラスは、収入の多寡ではなく、心の持ちようだ」と言うとのこと。「フラット化する世界」が、最大多数の最大幸福を生み出すための重要な概念のような気がする。

© 2006, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術

全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術
ジョセフ シュガーマン・著, 金森重樹・訳

「この本の英語版が日本で5万円もの高値で売買。幻の名書が初めて日本語で読める!」とのこと。そして、「シュガーマンが莫大なコストをかけて身につけ、彼のセミナー受講者が大金を払って学んだ、売るための文章術とマーケティング上の貴重なノウハウが、本書を読むことによって周囲の誰よりも早く身につくだろう。」とのこと。文章自体が持つ集客力と販売力。広告、宣伝、プレゼンに応用可能らしい。訳者はあの金森重樹氏。たぶん適役。

© 2006, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nikon D2Xs 発売へ

Nikon デジタル

2006年6月29日に、Nikonがデジタル一眼レフカメラ「D2Xs」を発売。

昨年出たD2Xの後継機種。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D2Xs

主な特徴は次の通り。

1) 大容量のリチウムイオンバッテリーを採用したことにより、1回の充電で約3800コマ撮影可能。これは、D2Xの150%弱。

2) クロップ高速撮影時のファインダー表示を改良。D2Xではクロップ撮影用の枠がファインダーに表示されていたが、D2Xsでは、クロップ高速撮影時には、ファインダー視野の撮影範囲外を液晶表示で半透過として撮影範囲を明確にするとのこと。

機能的にも性能的にもD2Xのマイナーチェンジにとどまっている。

メーカー希望小売価格は設定されていない。つまり、オープン価格。Nikonがこのクラスのカメラをオープン価格で出してくるのは初めてではないか。その点においては時代の流れを感じる。

本日現在、amazon.co.jpでの税込販売価格は459,800円。ここからさらに還元があることを考えれば、安い。

プロだけではなく、アマチュアにも充分手が届く価格。20万円前後クラスのデジタル一眼レフを使うカメラマンは、おそらく次のステップとしてこのD2Xsのようなカメラが欲しくなるはす。

昨年D2Xを買った私としては、今回のD2Xsはそれほどすぐに飛びつく必要もない。どこかのタイミングで台数を増やすときに買うかもしれないが。それにしても、D2Hは買わなくて正解だった。

Keywords: SLR digital camera, Nikon, D2X, D2Xs

関連ブログ記事: 渋柿かじって サイアム・スポーツ・フォト   

© 2006, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ウィンブルドン・テニス選手権のネット配信

2006年6月24日(土)の日本経済新聞の記事によると、オール・イングランド・ローン・テニス・アンド・クロケット・クラブ(The All England Lawn Tennis and Croquet Club)がインターネット事業を強化し、ウィンブルドン選手権などの試合を生中継でも見られる有料のネット配信サービスを開始するとのこと。

インターネットによる映像コンテンツ配信は、配信技術そのものに特に困難な点はないが、今後、いかに魅力的なコンテンツが配信されるか、また、配信事業者がいかに利用者を囲い込むかが、ビジネス的な成功の鍵になってきそうな気がする。

Keywords: the Internet, contents delivery service

関連ブログ記事:SEVEN DAYS IN SUNNY JUNE 海底より

© 2006, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 18, 2006 - June 24, 2006 | Main | July 2, 2006 - July 8, 2006 »