« September 17, 2006 - September 23, 2006 | Main | October 1, 2006 - October 7, 2006 »

Saturday, September 30, 2006

ゲーム差2.0 阪神・中日直接対決

ゲーム差3.0のままで迎えた、甲子園球場での阪神タイガース vs 中日ドラゴンズ 3連戦。

その第1戦目、2006年9月29日(金)、両チームの先発投手は、9月15日のナゴヤドームでの試合と同じ、阪神・下柳と中日・川上。

試合は、阪神が完封リレーで4-0で勝利。

阪神 1-0 中日と1点差で迎えた7回裏、阪神は敵失からチャンスを広げ、2死満塁から代打・今岡が走者一掃のタイムリー二塁打で4-0とした。

これで、両チームのゲーム差は2ゲーム。中日のマジックナンバーは9のまま。ちなみにチーム防御率(シーズン通算)も、中日の3.16に対して阪神は3.18と急接近。

「奇跡」が奇跡でなくなってきたとも言える。

阪神はこれで9連勝。9月には行ってからは17勝3敗で勝率8割5分0厘。8月27日以来の成績は、20勝3敗1分で、勝率何と8割7分0厘。


関連ブログ記事:
甲子園から浜風便り 日記(のようなもの) くみNOTE ガンのちっぽけな主張 レベル48への道 かんり人日記 日々徒然 ぶつぶつ日記 プロスポーツ ウダウダ日記 阪神タイガースな日々      

© 2006, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (7)

Thursday, September 28, 2006

プロ野球パシフィックリーグ、日ハムが1位通過

パ・リーグは、残り2試合の時点で、首位・西武と2位・日本ハムが0ゲーム差。

これで西武の1位マジックが消えて、そして、9月27日のゲームで日本ハムがロッテに勝ち、レギュラーシーズン1位通過が決定。

本来ならばもっと盛り上がっても良いはずの状況だが、それほどまでには盛り上がらない。

その理由は、当然、この後のプレーオフがあるから。

今年のこの状況に限って言えば、パシフィックリーグのプレーオフは、なかったほうが面白かったような気が。

難しいな。

© 2006, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

プロ野球セントラルリーグ

阪神タイガースも勝つが、中日ドラゴンズも勝つ。

9月26日も、9月27日も。

両チームはゲーム差3.0を維持したままで、中日のマジックナンバーがじわじわと減っていく。

中日のマジックは10に。

それにしても、阪神タイガースは、9月にはいってから15勝3敗。
8月27日から数えると、18勝3敗1分で、この間の勝率は8割5分7厘。
但し、この3敗のうちの2敗の相手が中日であることがかなり阪神にとっては痛い。

中日のほうが残り試合数が5試合多い。精神的には、首位にいる限りは、残り試合の多い中日はまだ気が楽だろう。

残り試合、仮に中日が7勝8敗とすると、84勝57敗で、勝率5割9分6厘。仮に阪神が8勝2敗でいくと、85勝57敗で、勝率5割9分9厘。逆転優勝の可能性は、それほど小さいわけではない。阪神と中日の直接対決3連戦(9月29日から10月1日まで)が大きな鍵となるが、ここで阪神がホームタウンの有利さを生かせるか。

© 2006, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« September 17, 2006 - September 23, 2006 | Main | October 1, 2006 - October 7, 2006 »