« October 15, 2006 - October 21, 2006 | Main | November 12, 2006 - November 18, 2006 »

Friday, November 03, 2006

New England Patriots vs Minnesota Vikings (NFL, Week 8)

NFL第8週のマンデーナイトゲームをTV観戦。
New England Patriots vs Minnesota Vikings

前半は、New England 17-0 Minnesota

第3Q 10分36秒残 Minnesotaがパントリターンタッチダウンで、7点をあげる。
第3Q 9分03秒残 TDパスが決まり、New England 24-7 Minnesoaと突き放す。
Warren Moonがゲストとしてインタビューを受けていた。
New Englandが敵陣10ヤード以内まで攻め込むが、ここでレシーバーがファンブルし、攻撃権喪失。
しかし、New Englandの守備が良い。
再度攻守交替して、第3Q 0分05秒残に、QB Tom Bradyの今日4本目のTDパスが決まって、New England 31-7 Minnesota

第4Qに入ってのMinnesotaの攻撃、QB Johnsonのパスがインターセプトされて、14分22秒残から、またNew Englandの攻撃。Johnsonは、ここでベンチに下がり、その後の攻撃シリーズには出てこない。

その後は両チーム一進一退で、このまま31-7で、New Englandが勝利。Minnesotaのオフェンスチームは無得点に終わった。

New England Patriotsはこれで6勝1敗。次週(第9週)は、7戦全勝のIndianapolis Coltsと対戦する。


関連ブログ記事:
ち~こっさんのいろいろ観戦記
Pats Life


© 2006, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (2)

「働く株主」 アイシーピー 石部将生氏・穐田誉輝氏

もの言う株主より、働く株主。このコンセプトに妙に納得してしまった。そういう投資スタイルのベンチャーキャピタリストもあり得る。というか、自分でできる分、強そう。既成の枠にとらわれる必要はない。

CNET Japanの座談会形式の記事。
http://japan.cnet.com/column/vc/story/0,2000062139,20297447,00.htm

ここに登場するのは、下記2人。

石部将生 氏
1989年日本合同ファイナンス(現・ジャフコ)入社。光通信を経て、1999年アイピーシー設立。
現在、アイシーピー取締役、デザインエクスチェンジ代表取締役など。

穐田誉輝 氏
1993年ジャフコ入社。1999年アイピーシー設立。2000年カカクコム取締役に就任、代表取締役を経て、現在は取締役相談役。

© 2006, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Pittsburgh Steelers vs Atlanta Falcons (NFL, Week 7)

Pittsburgh Steelers vs Atlanta Falcons
NFL第7週、ジョージアドームでのゲーム。

1Q 7:45残 ATL QBマイケル・ビックのパスをPIT ポラマルがインターセプト。
ここからの攻撃、Pittsburghのオフェンスチームはタッチダウンにつなげ、Pittsburgh 10-7 Atlantaと逆転。
次のPittsburghの攻撃シリーズでも、QB ロスリスバーガー(Roethlisberger)のTDパスが決まり、Pittsburgh 17-7 Atlantaとリードを広げる。
Pittsburghのセーフティ ポラマルのパスディフェンスが冴えるなどして、Atlantaの攻撃はその後も不調。
ここで、前半のモメンタムを完全に逆転させるプレー。ロスリスバーガーのファンブルで、Atlantaは好位置での攻撃機会。この攻撃がTDパスにつながり、Atlanta 14-17 PittsburghとAtlantaが追い上げる。
この後のAtlantaのキックオフはオンサイドキック成功(2Q 4:45残)。
ここから、マイケル・ビックのパスが決まり始める。
3rdダウン7ヤードから、TDパスが決まり、Atlanta 21-17 Pittsburghと逆転(2Q 2:04残)。
この後、Pittsburghは、パス主体のはやい攻撃で、所要時間59秒でTD。Pittsburgh 24-21 Atlantaと再逆転(2Q 0:58残)。
後半、3Q、Atlantaは、RBのダン(Dunn)のランでTD。Atlanta 28-24 Pittsburghと再逆転。
後半のプレー中に、ロスリスバーガーが怪我で退場、控えのQBのバッチ(Charlie Batch, #16)が出る。
そのバッチからWRのハインズ・ウォード(Hines Ward, #86)へのロングパスが決まる。ウォーズはパスキャッチ直後にスパイクの片方が脱げていたが、そのまま走り、追うDB陣をかわしてTD。Pittsburgh 31-28 Atlanta。
ビックからクランプラー(Crumpler)へのこの試合3本目のTDパスが決まり、再逆転。Atlanta 35-31 Pittsburgh。
ここまでで両チームあわせて6回の逆転。
4Q 6:24残、Atlantaのアンダーセン(Morten Andersen, K, #5, 43歳)のFGで、Atlanta 38-31 Pittsburghと、7点差。
4Q 3:19残、バッチからウォードへの2本目のTDパスが決まり、38-38と同点。
4Q 0:30残、ケイナン(Michael Koenan)が56ヤードのFGを決めたかと思ったが、そのスナップの直前に、Pittsburghのカウアーヘッドコーチがタイムアウトを要求していた。再度のFGは、失敗!、だがPittsburghのポラマルがランニング・イントゥ・ザ・キッカーの反則で5ヤード罰退。次のFGはAndersenが蹴ったが、距離が届かず、38-38の同点のまま。
オーバータイムに突入。
最後はアンダーセン、32ヤードのFGを決めて、Atlanta 41-38 Pittsburgh。

© 2006, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, November 02, 2006

NTTが、Lモードサービスの新規受付停止へ

NTT東西地域会社(東日本電信電話および西日本電信電話)が、「Lモード」のサービスの新規受付を2006年11月30日をもって終了することを発表したとのこと。

ITmedia News:「Lモード」新規受け付け終了

この「Lモード」とは、「i-mode」の固定電話版として2001年に登場した(2001年って、たったの5年前なのだが、まだそんな時代だったっけ?)のだが、いまどき、要らないサービスの筆頭に来てもおかしくはない。

新規受付は停止しても、サービス自体は2009年までは続けるとのことで、今すぐサービスをやめたとしても社会全体にはそれほど影響はないと思われるが、いろいろと導入したときの経緯などもあって、スパッと一気にサービス停止には持っていけないのだろうな、と想像する。


関連記事:
NTT東西、Lモード撤退は「検討中」(2006年9月19日)

関連ブログ記事:
ICHINOHE Blog
manabiBlog

© 2006, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 15, 2006 - October 21, 2006 | Main | November 12, 2006 - November 18, 2006 »