« Soup Curry 心 | Main | 金本の振り逃げ、阪神貯金 »

Friday, March 30, 2007

資生堂パーラー Shiseido Parlour/伊勢海老とアワビのスペシャルカレーライス

資生堂パーラー Shiseido Parlour 銀座本店
東京都中央区銀座8丁目8-3
東京銀座資生堂ビル4,5階

2007年3月某日。

ランチタイムに資生堂パーラーの銀座本店へ。
この店に入るのは初めて。
ちょっとしたイベントのついでに、知人が行きたいというので、一緒に行くことにした。
12時ちょっと前に店に入ったのだが、12時が近付くにつれて見る見るうちにテーブルが埋まっていく。さすがは、「資生堂」ブランド。高級版大衆食堂?

内装は、オレンジ色を基調とする壁や、窓にかかった白いレースのカーテンなど。
真っ白なテーブルクロスには、資生堂のマークが刺繍されている。
客層や流れている音楽などの雰囲気も相まって、非常にコンサーバティブな雰囲気が充満している。

メニューを見て何を食べるか悩んでいたのだが、私がカレー好きなのを知っている同行者が、「伊勢海老とアワビのスペシャルカレーライスを食べてみたら?」と勧める。

ここでもまたわざわざカレーというのも何だかなあとは思いながら、伊勢海老とアワビのカレーというのが滅多に食べる機会がないような気がして、それを注文することにした。あと、なんとなく、このお店の自慢料理っぽい気もしたから。

調理室から持ち出してきて、テーブルのすぐ横でウエイターの方が調理の最終段階を行なってくれる。
鉄板に薄くバターをひいて、伊勢海老とアワビを軽く焼きあげる。最後には、ラム酒でフランベ。

大き目のお皿の上の主役は、丸ごと一匹の伊勢海老とアワビ。ライス(普通のジャポニカ米)は隅っこのほうで肩身が狭そう。

カレーソース(ルー)は、日本のカレーでもインドのカレーでもなく、これは独特のもの。多分、魚介ベースのスープを使っていると思う。あまり辛くはなく、何かの苦味が適度に利いているのが特徴。カレーライスというよりは、魚介料理の印象。

珍しいものを食べたという意味で、満足。量的にも満足。トライしてみた価値はあった。

また、たまに食べに行きたくなるかもしれない。

帰ってから調べてみたら、「一万円カレー」として、ある筋では有名らしい。

10,500円(税込み)。但し、サービスチャージ10%がかかるので、それを加えると11,550円。

[foods][curry][銀座]

© 2007, zig zag road runner.

|

« Soup Curry 心 | Main | 金本の振り逃げ、阪神貯金 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 資生堂パーラー Shiseido Parlour/伊勢海老とアワビのスペシャルカレーライス:

« Soup Curry 心 | Main | 金本の振り逃げ、阪神貯金 »