« ノーベル経済学賞はノーベル賞ではない? | Main | GoogleとSalesforce.comの業務提携 »

Monday, April 30, 2007

井川、救援投手で登板し勝利

大リーグデビューしたものの、四球、失点が多いなど、なにかとパッとしなかったニューヨークヤンキースの井川投手だが、先発ローテーションを外されたのが偶然に良い機会を生み、無失点で勝利投手となった。

2007年4月28日(現地時間)のレッドソックス戦、1回無死一・二塁の場面で井川に出番が回ってきた。というのも、ヤンキースの先発カーステンズが、先頭打者の打撃直撃を受け、続投不能となったため。

井川はブルペンでは一球もなげられず、マウンド上で急遽肩を作ることとなったが、開き直って打者一人一人に向かっていったのがよかったのか、7回途中まで、無失点(被安打2)の好投。そのまま勝利投手となった。

井川は、そんなに長く投げるとは考えていなかったようであり、その力の抜き加減がちょうど良かったのかもしれない。

© 2007, zig zag road runner.

|

« ノーベル経済学賞はノーベル賞ではない? | Main | GoogleとSalesforce.comの業務提携 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 井川、救援投手で登板し勝利:

« ノーベル経済学賞はノーベル賞ではない? | Main | GoogleとSalesforce.comの業務提携 »