« March 18, 2007 - March 24, 2007 | Main | April 22, 2007 - April 28, 2007 »

Friday, March 30, 2007

資生堂パーラー Shiseido Parlour/伊勢海老とアワビのスペシャルカレーライス

資生堂パーラー Shiseido Parlour 銀座本店
東京都中央区銀座8丁目8-3
東京銀座資生堂ビル4,5階

2007年3月某日。

ランチタイムに資生堂パーラーの銀座本店へ。
この店に入るのは初めて。
ちょっとしたイベントのついでに、知人が行きたいというので、一緒に行くことにした。
12時ちょっと前に店に入ったのだが、12時が近付くにつれて見る見るうちにテーブルが埋まっていく。さすがは、「資生堂」ブランド。高級版大衆食堂?

内装は、オレンジ色を基調とする壁や、窓にかかった白いレースのカーテンなど。
真っ白なテーブルクロスには、資生堂のマークが刺繍されている。
客層や流れている音楽などの雰囲気も相まって、非常にコンサーバティブな雰囲気が充満している。

メニューを見て何を食べるか悩んでいたのだが、私がカレー好きなのを知っている同行者が、「伊勢海老とアワビのスペシャルカレーライスを食べてみたら?」と勧める。

ここでもまたわざわざカレーというのも何だかなあとは思いながら、伊勢海老とアワビのカレーというのが滅多に食べる機会がないような気がして、それを注文することにした。あと、なんとなく、このお店の自慢料理っぽい気もしたから。

調理室から持ち出してきて、テーブルのすぐ横でウエイターの方が調理の最終段階を行なってくれる。
鉄板に薄くバターをひいて、伊勢海老とアワビを軽く焼きあげる。最後には、ラム酒でフランベ。

大き目のお皿の上の主役は、丸ごと一匹の伊勢海老とアワビ。ライス(普通のジャポニカ米)は隅っこのほうで肩身が狭そう。

カレーソース(ルー)は、日本のカレーでもインドのカレーでもなく、これは独特のもの。多分、魚介ベースのスープを使っていると思う。あまり辛くはなく、何かの苦味が適度に利いているのが特徴。カレーライスというよりは、魚介料理の印象。

珍しいものを食べたという意味で、満足。量的にも満足。トライしてみた価値はあった。

また、たまに食べに行きたくなるかもしれない。

帰ってから調べてみたら、「一万円カレー」として、ある筋では有名らしい。

10,500円(税込み)。但し、サービスチャージ10%がかかるので、それを加えると11,550円。

[foods][curry][銀座]

© 2007, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Soup Curry 心

Soup Curry 心 ザ・ダイヤモンド店
神奈川県横浜市西区南幸1-4
B1F ザ・ダイヤモンド内

2007年3月某日。

「スープカレー」という文字を街中で最近良く見るようになった気がしたのだが、聞いてみると、2~3年前から流行っていたらしい。特に、札幌で。

この店の名前は、「心」。「こころ」と読む。
ここも、元々は札幌からスタートしたお店。
首都圏や関西圏などに店舗展開している。FCも募集している。

今回、初めてで、食べたのは横浜駅地下街のザ・ダイヤモンド店 。

メニューの中から選んで食べたのは、「14種の野菜のスープカレー」。
辛さを選べるようになっている。0から100まで。
ただ、普通は0から5の範囲を選ぶようである。
3が中辛とのことなので、4を選ぶ。程よい辛さ。

31以上は「マニアック」とのこと。4でこの程度の辛さだったら、
31以上とか、まして100とか、どんな味なのか想像もつかない。想像する気もないけど。

想像したとおり、 スープの味がベース、というようりスープの味を前に出してきている。
鶏がらでとっているのかなぁ。
野菜の味がスープに出ていて、美味しい。
野菜に、スープカレーのルーの味が絡まる感じもまた、美味しい。

ライスが付いてくるが、白米か玄米かを選ぶことができる。
ライスの量も選べる。
玄米を選択してみる。モチモチして歯ごたえが良い。

一緒に食べに行った人と、米は、白米で食べるべきものか否か、議論。
僕は、いろんな米を食べてきているので、玄米は玄米で嫌いではない。
その人は、玄米を食べている僕を見て不思議そうな顔をしている。
いわゆる米どころで生まれ育った人にとっては、不思議なのか。

非常に、カジュアルな感じの食べ物。

980円(税込み)。

[foods][curry]

関連ブログ記事:気ままなOLの日記 マッキーの秘密日記  

© 2007, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, March 29, 2007

やまと 二丁目本店

やまと(Yamato) 二丁目本店
東京都中央区銀座2丁目6-1
中央銀座ビルB1F

2007年3月某日。
豚肉創作料理の店。
以前、ある経営コンサルの人にディナーで連れて行ってもらった。ランチで行くのは初めて。
ホントは、隣の天龍に行こうと思ったのだが、ランチタイムでサラリーマンが長蛇の列。
そこで、この「ヤマト」に入った。
食べたのはランチメニューの「肩ロースのカツカレー」。
何で、豚肉料理の店でカレーを注文してしまうのだろう。
まあいい。好きだから、カレー。
脂がのったロースを揚げたてで食べるのはおいしい。
豚料理店のカレーということで、カレーそのものに大きく期待することはなかったが、
カレールーは、甘ったるさがなくピリッとしていて悪くない。
豆が入っていたのが特徴的。
サイドには豚汁が添えられていた。

900円(税込み)。

[foods][curry][銀座]

© 2007, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, March 28, 2007

アライドアーキテクツの「エディタコミュニティ」

本日(2007年3月28日)のニュースリリースより。

アライドアーキテクツ、ブログで参加するコミュニティ「エディタコミュニティ」をスタート
http://japan.cnet.com/release/story/0,3800075553,00016910p,00.htm

エディタコミュニティ(http://community.edita.jp/)

CNETの記事:
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20345953,00.htm

一言で言うと、ブログサービス提供業者の枠を超えて、ブログ開設者間のコミュニティを構築しようというもの。

従来も、トラックバックやコメントといった機能はブログサービス提供業者の枠を超える手段としては存在していたが、さらにそれを推し進めようとするものであるといえる。

共通の興味や話題について、つながる場として活用できる。

また、お気に入りのサイト単位でも交流の場を作れるとのこと。

概要は、次の通り。

「エディタコミュニティ」は、登録ブロガーがマイページを保有することができ、そのマイページに自分のブログや好きなサイトを登録することが可能です。その結果、ブロガー同士が自由に繋がることが可能となり、インフルエンサーとして強い影響力を持つブロガー同士がより活発に交流することを可能となります。

さらに、トピック毎に集ったブロガーは、コミュニティ内でタイトル、カテゴリー、キーワードを指定後に「エディタマガジン」作成を選択すると、コミュニティ参加者のブログ記事から構成されるクチコミメディア(CGM)「エディタマガジン」が作成されます。この機能により、コミュニティに参加したブロガーは、特定のテーマに関するポータルサイトを簡単に共有することが可能となります。

このエディタコミュニティを提供するのは、アライドアーキテクツ株式会社。

本社所在地:東京都渋谷区広尾1-5-13
設立:2005年8月30日
資本金:1億1,305万円
代表者:代表取締役 中村壮秀
従業員数19名(2007年3月現在)


ところで、この代取の中村壮秀さんという方、どこかで聞いたことのある名前だなと思っていたら、ご本人のブログ(http://nakamedia.com/blog/2007/03/post_bdeb.html)を見て納得。ゴルフダイジェストオンラインを作った方でした。

なんか、いいかも。これ。

関連記事:
Heart Attack    

© 2007, zig zag road runner.

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Sunday, March 25, 2007

大相撲春場所、大関・白鵬が優勝

予定調和的要素を排除したガチンコの対決というのは、意外と、こうなるのが自然なのかもしれない。

今日(2007年3月25日)は、大相撲春場所の千秋楽。週刊現代の大相撲八百長報道を受けて、ピリピリした展開になった今場所であったが、今日の結果は、その影響も微妙に受けていたような気もする。

初日、2日目と連敗した横綱・朝青龍は、その後、12連勝して、12勝2敗と盛り返していた。12勝目は、土曜日に大関・白鵬との対戦であげた白星だった。土曜日に12勝2敗同士で並んだ朝青龍と白鵬、優勝慣れしているという点では、朝青龍のほうが有利かと思われた。

白鵬は、土俵際で待つ間、じっと目を閉じて瞑想しているかのような姿勢をとる。「静」の気迫を感じる。

今日の取り組みでは、白鵬が琴欧州をすくい投げで破って、13勝目。そのまま、朝青龍と千代大海との対戦の結果を待つ。

朝青龍は、もし優勝すれば、今の相撲の優勝制度が出来て以来初めてとなる、初日、2日目の連敗からの優勝。それをやってのけても不思議ではない強さを持っている。一方で千代大海は、7勝7敗で千秋楽を迎えており、朝青龍にとっても気を抜けない相手。どういう取り組みになるのか、と思う間もなく、立会い直後、朝青龍が変化を見せて千代大海をはたき込み。場内ブーイングの中、朝青龍は、懸賞金を手にすると表情を変えることなく支度部屋に戻っていった。つまりは、非難覚悟で勝ちにきたわけである。

13勝2敗同士で、優勝決定戦。

白鵬は、相変わらず、落ち着いた表情の中で何かを考えている。塩を持った朝青龍を待たせたまま蹲踞の姿勢を長時間維持したり・・・ どういう戦いになるのか。朝青龍は、いくら勝ちたいとはいえ、いくら昨日不利な展開を強いられたとはいえ、千代大海に対してとった戦術は、もう決定戦では取れない。制限時間が近づくにつれて、両者の顔がだんだんと険しくなる。

そして、時間いっぱい、立会い、その瞬間、何と、白鵬は少し腰を引き気味にすると、前のめりに突っ込んでくる朝青龍の体をグッと下に押した。朝青龍の体は残って立ち直ったのだがその前に、一瞬、朝青龍の左手が土俵を掃いていた。行事が軍配を上げる。白鵬は、その瞬間、小さなガッツポーズ。白鵬の2度目の優勝が決まった。

朝青龍は、怒らず、微笑んで、そのままの表情で花道を引き上げていった。報道陣に対しては「こんなもんだよ」。

白鵬は、NHKによる優勝インタビューで、あの立ち方をいつ考えたのかと聞かれて「とっさに」と答えていたが、私には、どうも、あの長い瞑想の間の葛藤の末、その手を使ってでも勝ちに行くことを決断したように思えてならない。朝青龍の優勝へのこだわりを目の前で見せられた以上、自分もそうあるべきであると。

© 2007, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« March 18, 2007 - March 24, 2007 | Main | April 22, 2007 - April 28, 2007 »