« September 2, 2007 - September 8, 2007 | Main | February 3, 2008 - February 9, 2008 »

Sunday, September 09, 2007

阪神タイガース、今季初の単独首位

阪神タイガースは、破竹の9連勝。1位だった読売との直接対決で、金曜、土曜と2連勝してついに1位のポジションに。

今季は、開幕以来、初の単独首位。

2007年9月7日(金)のゲームは、最終スコア8-7という接戦。決勝点は9回表の代打・桧山のソロホームランだけど、その前の、8回までの8点はすべて単打と四死球をつなげてあげた得点。つまり、13安打(12単打と、1ホームラン)、6四球、1死球。
対する読売は、なんとすべてがホームランによる得点で、7ホームラン(ソロホームランが6本と、ツーランが1本)。今シーズンの両チームの通算ホームラン数は、この日のゲームの終了時点で、阪神の94に対して読売は1.8倍の170。
両チームの点の取り方が対称的で、その典型のような試合だった。

一方、2007年9月8日(土)のゲームは、1回表、先頭打者である阪神・鳥谷の初球ホームランで試合開始。最終スコアは2-1で、それらすべてがソロホームランによるもの。阪神の先発投手・安藤は、今シーズン4試合目の登板で、5回までは読売打線をパーフェクトに抑えるピッチング。阪神の決勝点は、葛城のホームラン。

日替わりでヒーローになる選手がいるという、今の阪神の強さ。2日間で、かなり異なる勝ち方を見せてくれた阪神タイガースだった。

それにしても、一時期は首位から12ゲームほど離されていた阪神が、夏以降は大きく連敗することもなく、そしてこの8月30日からの9連勝(9月に入ってからは、黒星なしで7勝)で、1位に。今年からはセリーグもプレーオフ形式で優勝を決定する方式ではあるが、長いペナントレースの戦い方としては、絵に描いたような巻き返しのドラマが展開されている。

© 2007 zig zag road runner.


関連記事:
I tea life 篆刻と刻字の部屋  スポーツニュース速報 裏:枕草履 モスクワ駐在日記 My First T-Blog akisanの日記         

関連キーワード:
首位 阪神 巨人 阪神首位奪取 タイガース・ファン 9連勝 投手戦 しびれる 藤川 久保田 読売 安藤 東京ドーム 祭

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« September 2, 2007 - September 8, 2007 | Main | February 3, 2008 - February 9, 2008 »