« ヤフーはマイクロソフトからの買収提案を拒否 | Main | 山崎エリナ写真展 »

Thursday, February 14, 2008

オバマ氏優勢 - 米国・大統領選挙2008

Barack Obama

米国・民主党の大統領選指名争いで、バラク・オバマ氏が、スーパー・チューズデイ以降に立て続けに勝利し、ついに、予備選代議員の獲得数においてヒラリー・クリントン氏を逆転したとのこと。

まあ、たしかに、勢いを感じるのは、オバマである。広い層の支持を集めそうでもある。クリントン氏は、政治的手腕はあるのかもしれないが、やはり、以前に夫のビル・クリントン氏が大統領をしていたことは、マイナスに働くと考えざるを得ない。新鮮さにおいてマイナスイメージがある。

ところで、新聞の扱いなどは、民主党のオバマ対クリントンばかり報じていて、共和党は小さい扱い。大統領選本選で民主党が勝つことは、もう既定なのか? そして、まだ1年近く任期の残っているブッシュ現大統領は、急速に影が薄くなりつつあるが、もうレイムダック(lame duck)状態なのか?

バラク・オバマ氏のサイト: http://www.barackobama.com/

© 2008, zig zag road runner.

|

« ヤフーはマイクロソフトからの買収提案を拒否 | Main | 山崎エリナ写真展 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference オバマ氏優勢 - 米国・大統領選挙2008:

« ヤフーはマイクロソフトからの買収提案を拒否 | Main | 山崎エリナ写真展 »