« 野茂英雄 伊達公子 松井秀喜 | Main | 中日にも連勝 独走態勢に入る阪神タイガース »

Wednesday, April 09, 2008

甲子園での今季初戦、阪神が接戦をものにする 金本の2000本安打はおあずけ

2008年4月8日(火)、阪神タイガースが、公式戦では今季初めてホームグラウンドの甲子園球場(新装!)に登場。

中日ドラゴンズとの1位・2位対決となった。試合開始前の時点では、1位・阪神と2位・中日の間のゲーム差はわずかに0.5。

そして、ここまで通算1999本の安打を記録している阪神・金本にとっては、地元での2000本安打達成がかかる中日との3連戦である。

試合は接戦。

先制したのは5回表の中日ドラゴンズ。

阪神タイガースは、7回裏に新井の決勝打などで3点をあげ、逆転。

9回、クローザーの藤川は1点を取られたものの中日攻撃の後続を断ち切り、結局、阪神3-2中日でゲームセット。

阪神の先発投手アッチソンは、2試合目の登板だったが、7回を1失点と、先発の役割を果たし、2勝目をあげた。

藤川は、6個目のセーブ。

これで阪神は、今シーズン8勝2敗となり、勝率8割に復帰した。

金本は、3打数無安打、1四球という結果で、2000本安打達成は、明日以降の試合に持ち越しとなった。

第12日、第10戦、ホームゲーム、入場者数43,496人、通算8勝2敗、通算入場者数 145,115人(ホームゲーム/4試合)、182,684人(ビジターゲーム/6試合)。

--

他球場では、セントラルリーグの同率最下位同士の戦いとなった、横浜と読売の試合(横浜スタジアム)が、延長12回引き分けとなった。また、パ・リーグでは、北海道日本ハムファイターズが、7点差を挽回し、東北楽天ゴールデンイーグルスに逆転勝ち。

© 2008, zig zag road runner.

|

« 野茂英雄 伊達公子 松井秀喜 | Main | 中日にも連勝 独走態勢に入る阪神タイガース »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 甲子園での今季初戦、阪神が接戦をものにする 金本の2000本安打はおあずけ:

» 4/8_○阪神3−2中日 (甲子園開幕:ナマ觀戰!) [仙丈亭日乘]
待ちに待つた甲子園開幕戰! 7囘裏の逆轉劇に歡喜! [Read More]

Tracked on Saturday, April 12, 2008 23:32

« 野茂英雄 伊達公子 松井秀喜 | Main | 中日にも連勝 独走態勢に入る阪神タイガース »