« 岩田が完投勝利 阪神が読売を粉砕 | Main | 粘り勝ち 阪神、サヨナラ押し出し四球で、読売に連勝 »

Saturday, April 26, 2008

公的機関のサービス

仕事で、役所に書類を提出することがたまにあるが、役所の仕事のしかたというのは、やはり役所中心で、ユーザのほうを向いていない。

それでも、最近は、日本の役所の中にも「ユーザ・フレンドリー」という言葉があるらしく、「ユーザのため」の規則改正や法改正などが行なわれることもある。

但し、そのときの「ユーザのため」というのは、なお、彼らが考えるところの「ユーザのため」の域を出ておらず、本当にユーザのためにならないどころか、却って面倒になってしまう場合もある。

それは、ひとえに、ユーザの考えや意見を聞いていないというところに起因する。知恵を絞って唯我独尊的に考えるよりも、望みを聞く、という簡単なことが、彼らにとってはやはり難しいのだろうか。

などということを、イントロム社長日記の記事「ネットビジネスで働く者としての誇り」のなかにある「お役所の書類などは、正直言って、『本気でこれでいいと思っているのでしょうか?』と思うくらいに分かりにくい」という文を読んで、考えてしまった。

国民に不便を強いるということは、国民の生産性を落とし、それは国そのもののためにもならない。つまり、国の機関は国のためにならないことをしている?

彼らの最後の砦は、独占。それが仮に崩れたら、彼らも変らざるを得ないと思うのだが。

© 2008, zig zag road.

|

« 岩田が完投勝利 阪神が読売を粉砕 | Main | 粘り勝ち 阪神、サヨナラ押し出し四球で、読売に連勝 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 公的機関のサービス:

« 岩田が完投勝利 阪神が読売を粉砕 | Main | 粘り勝ち 阪神、サヨナラ押し出し四球で、読売に連勝 »