« 阪神タイガース、開幕以来7カード連続の勝ち越し 藤川10連続セーブ | Main | 阪神は、2位・中日との直接対決へ »

Sunday, April 20, 2008

新・都市論TOKYO / 隈研吾, 清野由美

Kengo Kuma and Yumi Kiyono

先日買った本。最近の東京のいわゆる再開発には、全く魅力を感じていなくて、典型的には、六本木ヒルズ、ミッドタウン、表参道ヒルズなどであるが、本来、東京が持っていたエネルギーを感じさせることもなく、何かの創造の場という空気もなく、単に、ユニフォームな価値観での消費が、主体的に、これらの再開発のための資金的な背景の役割を担っているとしたら、それはあまり面白くないなぁ、などと考えていたのだが、どこかの書評で読むと、この本にはそういうことが二人の著者の議論の形で書かれているらしいということを知り、それで買った次第。まだ読んでないけど。町田が取り上げられているとか。歌舞伎町は管理される街になったとか。そんなことが書かれているらしいので、ぜひ、ちょっと読んでみるとともに、歌舞伎町(そういえば、最近、行ってないなぁ)や町田(そもそも着目してなかったので全く行ってなかったなぁ)などもフィールド探索してみようかななどと考えている。

新 TOKYO 隈

新・都市論TOKYO (集英社新書 426B)

Amazon価格 ¥ 756
人気ランキング 2271 位

© 2008, zig zag road runner.

|

« 阪神タイガース、開幕以来7カード連続の勝ち越し 藤川10連続セーブ | Main | 阪神は、2位・中日との直接対決へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 新・都市論TOKYO / 隈研吾, 清野由美:

« 阪神タイガース、開幕以来7カード連続の勝ち越し 藤川10連続セーブ | Main | 阪神は、2位・中日との直接対決へ »