« 甲子園での今季初戦、阪神が接戦をものにする 金本の2000本安打はおあずけ | Main | セ・リーグ 3試合 雨天中止 »

Wednesday, April 09, 2008

中日にも連勝 独走態勢に入る阪神タイガース

2008年4月9日(水)、阪神タイガースは、宿敵・中日ドラゴンズを甲子園に迎えての第2戦。

中日の先発投手は、左投げのチェン。

阪神は、初回の攻撃、赤星、平野と二者連続三振を取られながら、3番・新井のヒットをきっかけに、1点を先制。

3回には、四球でためたランナーを置いて、鳥谷のタイムリー二塁打で1点追加。

結局、これら2点が、阪神の得点のすべて。

阪神側の投手は、下柳(7イニング)-久保田(1イニング)-藤川(1イニング)とつなぐ完封リレー。しかも、被安打は2。

スコア2-0で阪神が勝利。

苦手意識が先行しがちな中日に対して、2連勝という結果は、阪神にとっては大きい。

これで、阪神は、開幕から、横浜、広島、読売、中日と、4カード連続での勝ち越しが決定。

通算成績も9勝2敗となり、同率2位の中日およびヤクルトに2.5ゲーム差をつけた。

本塁打数は、セ・リーグ6チーム中で最少。打率も、6チーム中4位。決して打線が爆発しているわけではないが、先発投手から久保田-藤川につなぐパターンが確立されているのと、1点差あるいは2点差の接戦をものにしているところが、大きい。

なお、阪神・金本は、本日、3打数1安打1四球と、ヒットが出ず、通算2000本安打は、さらに明日以降のゲームに持ち越しとなった。


第13日、第11戦、ホームゲーム、入場者数38,560人、通算9勝2敗、通算入場者数183,675人(ホームゲーム/5試合)、182,684人(ビジターゲーム/6試合)。

© 2008, zig zag road runner.

|

« 甲子園での今季初戦、阪神が接戦をものにする 金本の2000本安打はおあずけ | Main | セ・リーグ 3試合 雨天中止 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 中日にも連勝 独走態勢に入る阪神タイガース:

« 甲子園での今季初戦、阪神が接戦をものにする 金本の2000本安打はおあずけ | Main | セ・リーグ 3試合 雨天中止 »