« 阪神 東京ドームでの初戦を制する 安藤・連勝、今岡・勝ち越し本塁打 | Main | 神は妄想である/リチャード・ドーキンス 読書ノート No.0 »

Sunday, April 06, 2008

阪神は読売に連勝 開幕以来3カード連続で勝ち越し決定

2008年4月5日(土)、阪神タイガースは、前日に続き、東京ドームで読売ジャイアンツと対戦。

阪神の先発投手・岩田は、捕手・野口のリードもあり、8回1失点の好投。

読売の先発投手は、昨季ヤクルト投手としてセ・リーグ最多勝となったセス・グライシンガーの今季2度目の登板。

阪神は、5回表、投手・岩田を助けたい野口のライトへの犠牲フライで1点を先制。

そして、7回表には、内野安打で出塁した平野を二塁に置いて、「アニキ」金本が特大ツーランホームランで加点し、読売を突き放す。金本のこのホームランは、通算1998本目の安打で、この試合での記録達成はならなかったものの、通算2000本安打まであと「2」と迫った。

最後は、阪神 抑えの藤川が、9回裏の読売打線の主軸 クリーンナップトリオを、小笠原・セカンドフライ、ラミレス・三振、李・三振と見事に討ち取り、ゲームセット。

試合時間 2時間34分で、阪神が勝利した。阪神3-1読売。

これで、阪神は、開幕以来、横浜、広島、読売と、3カード連続での勝ち越しが決定。同日の試合でヤクルトが敗れたため、7勝1敗でリーグ単独首位に立った。

岩田は2勝目、藤川は早くも5セーブ目。

3月~4月の阪神タイガースの戦いぶりは、金本が攻守に圧倒的な存在感を見せる一方で、新井、フォード、平野といった移籍加入組が日替わりで活躍するなど、読売の大型補強連発に比べれば地味といわざるを得ないが、ツボをおさえたオフの選手補強戦略がピタリと当たっている。人気選手をも放出しながらもしっかりとしたチーム作りができているといえるだろう。

第9日、第8戦、ビジターゲーム、入場者数44,470人、通算7勝1敗、通算入場者数 101,619人(ホームゲーム/3試合)、138,552人(ビジターゲーム/5試合)。


関連ブログ記事:
ろーばOL Essay
アトラクティブ 社長日記
たかゆきの徒然日記

© 2008, zig zag road runner.

|

« 阪神 東京ドームでの初戦を制する 安藤・連勝、今岡・勝ち越し本塁打 | Main | 神は妄想である/リチャード・ドーキンス 読書ノート No.0 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 阪神は読売に連勝 開幕以来3カード連続で勝ち越し決定:

« 阪神 東京ドームでの初戦を制する 安藤・連勝、今岡・勝ち越し本塁打 | Main | 神は妄想である/リチャード・ドーキンス 読書ノート No.0 »