« 2008年5月15日 猛虎、ラッキーセブンに目覚めて逆転勝ち | Main | アマゾンが中南米向けサイト(Amazon for Latin America) »

Saturday, May 17, 2008

終盤追い上げを受けヒヤヒヤしながら、8点取っておいてよかったなー、というゲーム

北陸で勝ち越して甲子園に戻ってきた阪神タイガースは、2008年5月16日が、開幕からちょうど50日目、で、ちょうど40試合目。

対戦相手のヤクルトは、機動力野球、ということで、今季の阪神にとってはやや苦手な相手。対戦成績も3勝3敗と、追いつかれてしまっている。リーグ交流戦に入る前に、ここ甲子園で、少なくとも2つは勝っておかねばならない状況。

先発投手の安藤は、好調なピッチングを続け、7回終了までで被安打4で無失点。

一方の阪神の打線のほうは、4回の裏の8番からの攻撃で、9番・投手・安藤も含めて、5者連続安打で4点を取るなど、7回を終ったところまでで8得点。

つまりここまでで、8-0で阪神がリード。

安藤はこのまま完封ペースかな、と思われたが、8回に集中打を浴び2失点。それでも8-2なので、9回も安藤は続投。しかし、ユウイチのヒット、武内のヒットと、塁にランナーをためたところで次打者の衣川にスリーランホームランを打たれて、あっというまに8-5と3点差にまで迫られる。

こうなっては岡田監督は、安藤をマウンドからおろし、江草をリリーフとして送り込む。江草は何とか後続を抑えて、結局最終スコアは、阪神8-5ヤクルト。

ヒヤヒヤものでした。下駄を履くまではわからない、とは言い古されたことではあるが。ああ、途中で緩めずに8点取っておいて良かったな、という試合だった。打席に立つ機会のなかった江草を除いては、全員安打の阪神。中でも、4打点をあげた新井や、5打数3安打の金本や、連続試合ヒットの続いている赤星のバッティングが目立った。

これで、阪神タイガースは27勝12敗1分。勝率は.692まで上がってきた。もし次の試合で勝てば、勝率.700に復帰。


123456789Total
ヤクルト0000000235
阪神10240100x8


2008年5月16日: 第50日、第40戦、ホームゲーム、27勝12敗1分、入場者数43,145人、通算入場者数645,525人(ホームゲーム/16試合)、704,333人(ビジターゲーム/24試合)


© 2008, zig zag road runner.

|

« 2008年5月15日 猛虎、ラッキーセブンに目覚めて逆転勝ち | Main | アマゾンが中南米向けサイト(Amazon for Latin America) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 終盤追い上げを受けヒヤヒヤしながら、8点取っておいてよかったなー、というゲーム:

» タイガース3連勝!新井神話は続く! [虎と馬とあれこれ]
初回にいきなり新井がタイムリー!新井がタイムリーを打てば負けない!今日も楽勝や!と思っていたら、追加点が面白いように入る入る!最後は先発の安藤がスタミナ切れ?を起こしたのかアップアップ。江草の緊急登板でなんとかゲームセット。ちょっと後味が悪かったけれど、これで3連勝!あしたも勝つで〜 Amazon.co.jp ウィジェット...... [Read More]

Tracked on Saturday, May 17, 2008 06:55

« 2008年5月15日 猛虎、ラッキーセブンに目覚めて逆転勝ち | Main | アマゾンが中南米向けサイト(Amazon for Latin America) »