« 終盤追い上げを受けヒヤヒヤしながら、8点取っておいてよかったなー、というゲーム | Main | HMV新宿East (新宿・ルミネエスト6F) の憂鬱 »

Tuesday, July 01, 2008

アマゾンが中南米向けサイト(Amazon for Latin America)

本屋が多角経営して衣類や化粧品を売ると言うのは、あまり良いビジネスモデルとは考えられなかった。少なくとも1995年頃までは。

本と、アパレルと、化粧品では、客層も違えば、販売者に要求される商品知識も違えば、広告/マーケティング方法も違うはず。と考えられていた、少なくとも1995年頃までは。

今や(2008年だが)、それを成功させている巨大企業が存在する。代表格は、言うまでもなくAmazon.comである。店頭で販売する販売員は必要ない。本と化粧品という従来は全く違うカテゴリーの商品と考えられていたものが、同じ受注システム、同じ物流システムに乗ることが可能であるというその点において、経営資源やビジネスプロセスを共有することが可能となり、それにいち早く気付いていたAmazon.comは、完全にマーケットリーダーとなった。今では、Amazon.comの米国サイトでは、ダイヤモンドも売っていると言う。

同時に、Amazon.comは、国際化も進めてきた。英国、ドイツ、日本などで早い時期から独自サイトを立ち上げ、2004年には中国でも、Joyo.comを買収する形で、ビジネスを始めた。このような地理的な拡張も、当然と言えば当然の話であり、米国で通用するビジネスモデルは、少なくともいわゆる先進国ではそのまま通用する。

そして、次なるテリトリーの拡張に関する記事が、英国のフィナンシャルタイムズに掲載された。販売する品種の多様化がほぼ天井に達してきたので、再び地理的拡張に戦略を切り替えたと言うことか。

Amazon launches contact site for Latin America customers - June 30, 2008.
http://www.ft.com/cms/s/0/a28c9e76-463c-11dd-9009-0000779fd2ac.html

そう。ラテンアメリカ向けのサイトである。天然資源の勝ちが高まり、中南米諸国の国力が相対的に高まり、かつインターネット接続人口が増えつつあるこの地域に焦点を絞ったとのこと。いよいよ、Amazon.comがAmazon流域に進出である。

いずれ、インドやロシアなどにも進出していく可能性もあるだろう。

© 2008, zig zag road runner.

|

« 終盤追い上げを受けヒヤヒヤしながら、8点取っておいてよかったなー、というゲーム | Main | HMV新宿East (新宿・ルミネエスト6F) の憂鬱 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アマゾンが中南米向けサイト(Amazon for Latin America):

« 終盤追い上げを受けヒヤヒヤしながら、8点取っておいてよかったなー、というゲーム | Main | HMV新宿East (新宿・ルミネエスト6F) の憂鬱 »