« 関西学院大学-京都大学 無敗同士で11月1日に対戦 | Main | リチャード・ドーキンスがロンドンバスに出す広告 »

Wednesday, October 29, 2008

逆から考えてみる

世界中の株や債券や外貨やコモディティや不動産などが
ほぼすべて同時に下がっているという状況。

こんなときは、あわてて動かずに、
買うタイミングが来るのをじっと待っていれば良いのだが、
それで、今さっき、ふと思ったのだが、
世界中のすべての資産の価値がすべて同時に下がってる
ということは、逆に言うと、
日本円の価値が非常に上がっているということ。

ってことは、株で損している分よりも、
円を持っていることによって得している分のほうが、
何倍も何十倍も大きいともいえるわけで(←自分の場合)、
これはもしかしたら、非常に喜ばしいことなのかもしれない。

(でも、その実感はわいていないが)

© 2008, zig zag road runner.

|

« 関西学院大学-京都大学 無敗同士で11月1日に対戦 | Main | リチャード・ドーキンスがロンドンバスに出す広告 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 逆から考えてみる:

« 関西学院大学-京都大学 無敗同士で11月1日に対戦 | Main | リチャード・ドーキンスがロンドンバスに出す広告 »