« February 17, 2008 - February 23, 2008 | Main | April 6, 2008 - April 12, 2008 »

Saturday, April 05, 2008

阪神 東京ドームでの初戦を制する 安藤・連勝、今岡・勝ち越し本塁打

阪神タイガースは、広島から東京ドームに移り、2008年4月4日(金)、今季の読売ジャイアンツとの第一戦を迎えた。

先発投手・安藤は、1回裏、先頭バッター・高橋由のソロホームランで一点を先制されるが、この被弾の結果「より低めにという意識が持てた」という安藤は、その後の巨人打線を、7回まで3安打に抑えた。8回と9回は、江草と久保田がそれぞれのイニングをパーフェクトピッチング。

一方、阪神打線は、2回表に3安打で1点を返し同点。さらに、4回表には今岡のソロホームランで勝ち越し。その後もフォードのホームラン(4回表)や鳥谷のホームラン(8回表)などで加点し、最終スコア6-1で勝利した。

安藤はこれで2勝0敗。5点差があったため、久保田にはセーブはつかなかった。

第8日、第7戦、ビジターゲーム、入場者数42,412人、通算6勝1敗、通算入場者数 101,619人(ホームゲーム/3試合)、94,082人(ビジターゲーム/4試合)。

==

ヤクルトスワローズはこの日、中日に勝利し、通算6勝1敗で阪神と並んで首位。中日は4勝2敗1分で3位。読売は1勝6敗で単独最下位。

© 2008, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Friday, April 04, 2008

カリフォルニア州法 チップの管理職への分配禁止

世界各地にはいろいろと面白い法律がある。

2008年4月3日(木)の日経新聞夕刊第3面に掲載されたニュースによると、米国・カリフォルニア州の法律では、飲食店等で客が置いていったチップを管理職に分配するのが禁止されているらしい。

スターバックスの店員が、スターバックスはチップを管理職にも分配していたとして、同社をを訴える裁判を起こし、同州地裁で勝訴したとのこと。

チップと言えども、積もればその額はバカにできるものではなく、判決では、利子などを加えた1億0600万USドル(日本円で、106億円)を、スターバックスが店員らに支払うように命じたとのこと。


このニュースとは直接関係ないが、クレジットカードで払ったチップが、ちゃんと店員に渡っているのかどうかが、前から個人的には気になっていたのだが、このニュースから推測する限りは、その心配はなさそう。


© 2008, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

開幕以来の阪神の連勝がストップ

今シーズン開幕以来続いていた阪神タイガースの連勝が5でストップした。

2008年4月3日(木)の対広島カープ戦、阪神は3回表までに2-0とリードしたが、その後広島に逆転され、最終スコアは広島4-2阪神。

広島にとってのビッグイニングとなった5回裏は、打者8人、4安打(石原の二塁打を含む)、1四球、1犠打。この回、広島は3点を獲得した。

阪神のトップバッター・赤星は、1回表と3回表、いずれも先頭打者として出塁し、それら2度ともホームベースを踏んで2得点をあげた。

阪神の負け投手は、杉山(0勝1敗)。

第7日、第6戦、ビジターゲーム、入場者数13,968人、通算5勝1敗、通算入場者数 101,619人(ホームゲーム/3試合)、51,670人(ビジターゲーム/3試合)。

© 2008, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Thursday, April 03, 2008

佐藤優 × 西木正明 | 対談記事 「悪徳」こそ情報戦を制する最大の武器である

雑誌「諸君!」5月号(2008年4月1日発売、文藝春秋社)の特集「総力特集 日本インテリジェンス非常事態宣言」の中の西木正明氏と佐藤優氏による対談記事「『悪徳』こそ情報戦を制する最大の武器である」が面白い。


日本人が全体としてナイーブであることは、昔から言われていることであるが、それは、根本的な何かに基づくものであり、そう簡単には変えられないのではないか、と思わざるを得ないのだが、対談内容自体は、いろいろ書かれていて面白い。というか、内容の怪しさにも深みがある。

佐藤優がメディアに登場するときの肩書きは長らく「起訴休職外務事務官」となっていたのだが、この記事では「起訴休職外務事務官・作家」として紹介されている。まあ「作家」で間違ってないだろう。しかし、「起訴休職外務事務官」こそ、この人特有のアイデンティティであり、肩書き自体がレトリック的でもあり、そう簡単に手放せないのだろう。単なる秀才であるわけでなく、宗教観など、人間に対する理解の深さが、この人の武器なのだろう。


関連ブログ記事:
インテリジェンス 武器無き戦争


© 2008, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (1)

阪神タイガース 開幕5連勝

2008年4月2日(水)、阪神タイガースは、広島カープとの3連戦の2戦目。

阪神の先発投手・下柳は、広島・シーボルのタイムリーヒットで先制点を許すが、2回表、阪神・鳥谷の逆転ツーランホームランで2-1。最終スコア4-2で阪神が勝利。

これで、阪神は、開幕から5連勝。

第6日、第5戦、ビジターゲーム、入場者数14,912人、通算5勝0敗、通算入場者数 101,619人(ホームゲーム/3試合)、37,702人(ビジターゲーム/2試合)。

==

セ・リーグ各チームの勝敗は次の通り。阪神5勝0敗、中日4勝0敗1分、ヤクルト4勝1敗、横浜1勝4敗、広島0勝4敗1分、読売0勝5敗。
読売は、開幕4連敗の球団記録(1958年,2005年,2008年)を更新し、開幕5連敗の新記録。

© 2008, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (3)

Wednesday, April 02, 2008

阪神タイガース 開幕4連勝

2008年4月1日(火)、阪神タイガースは広島へ移動し、カープとの3連戦。

5-3で阪神タイガースが勝利し、開幕からの4連勝。

勝ち投手はアッチソン(1勝0敗)。藤川は早くも3セーブ目。

金本が第2号ホームラン(初回の先制スリーランホームラン)。

第5日、第4戦、ビジターゲーム、入場者数22,790人、通算4勝0敗、通算入場者数 101,619人(ホームゲーム/3試合)、22,790人(ビジターゲーム/1試合)。

--

セ・リーグの他の試合。
読売は、東京ドームで中日と対戦し、上原を先発投手に立てるが破れ、開幕からの4連敗。読売ジャイアンツの開幕4連敗は球団ワースト記録とのこと。
横浜は、ヤクルトと対戦し、大差を跳ね除け逆転勝ち。今季初白星。


関連ブログ記事:
焼肉.萬友苑

© 2008, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (3)

Monday, March 31, 2008

藪恵壹投手が3年ぶりにメジャー昇格

元・阪神タイガースの藪恵壹 投手(39歳)が開幕メンバーの25人に入ったことを、米国・大リーグのサンフランシスコ・ジャイアンツが発表した。
藪投手にとっては、3年ぶりのメジャー昇格。

==

阪神タイガースは、2008年3月31日(月)はゲームなし。
第4日、ゲームなし、通算3勝0敗、通算入場者数101,619人(ホームゲーム)。

© 2008, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, March 30, 2008

読売は、開幕3連敗(対ヤクルト)

プロ野球、セントラルリーグ。読売ジャイアンツは、ヤクルトスワローズを相手に開幕3連敗。ラミレスやグライシンガー(いずれも、昨シーズンはヤクルトでプレー)を補強したことが、裏目に出ている。ヤクルトの高田監督や宮本主将は、メディアの取材に対しても、読売には絶対勝ちたい旨を公言。第2戦目に読売の先発として登板したグライシンガーに至っては、元・同僚選手から「見慣れた球筋」とまで言われている。戦力的にそれほど豊富ともいえないヤクルトが、ここまで読売に対する勝利にこだわるのは、やはり主力選手をさらわれた形になっていることが大きな要因。読売は、毎年毎年、「大型補強」を繰り返しており、「大型」に偏った補強について戦力的なアンバランスは従来からも指摘されてきたが、それにも増して、このヤクルトのように「読売だけには負けたくない」という敵を作ってしまっていることの不利がある。もちろん、同じリーグで戦う以上は元々敵であることには変りはない。しかしながら、相手チームが読売に対する強い敵対心をテコにして一致団結していることの作用はそれ以上に大きいということに、チーム編成戦略上、読売首脳部は気付いているのだろうか。

© 2008, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

阪神タイガース 開幕3連勝

2008年3月30日(日)、阪神タイガースは、開幕カードの対横浜3連戦の第3戦(京セラドーム大阪)を、7-0で勝利。

復活を目指す先発投手・福原が、9回を投げきり、幸先の良い完封勝利。

この日の打線では、広島から移籍の新井が3打数3安打(1四球)5打点と爆発。1回裏のタイムリーヒットに加え、さらに、4回と6回にもタイムリーヒットを放ち、それぞれ得点に絡んだ。

これで阪神タイガースは開幕から3連勝。同じく3連勝した東京ヤクルトスワローズ、および2勝1分の中日ドラゴンズと並び、同率首位。

==

第3日、第3戦、ホームゲーム、通算3勝0敗、入場者数33,945人、通算入場者数101,619人(ホームゲーム)。


関連ブログ記事:
ウルトラ日記
元・甲子園の売り子が株で Let's スイング!

© 2008, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (1)

人類の文明を途絶えさせないための手段

<メモ>
人類の文明を途絶えさせないための手段

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヤクルトスワローズ small baseball

東京ヤクルトスワローズは、神宮球場で読売ジャイアンツを迎えての開幕。

「スモールベースボール対ビッグベースボール」というキャッチフレーズまで作って、主砲ラミレスやエース投手グライシンガーが移った先の読売に敵意をむき出し。

宮本も、「みんなでセ・リーグを引っ掻き回そう」と、チームメートを発奮させているとか。

そして、開幕第1戦・第2戦の結果は、ヤクルトが2試合連続の逆転勝ち。

元読売選手だったヤクルト高田監督もうれしそう。

© 2008, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

阪神タイガース開幕連勝

開幕戦に続き、阪神は横浜に勝利。

この試合でも、金本が、ホームランを含み、攻守にわたっての大活躍。9回には、レフトフェンスに激突しながら難しい飛球をキャッチし、1点差ゲームの白星に大きな貢献。

抑えのピッチャー・藤川は、2試合連続セーブ。

第2戦、第2日、ホームゲーム、通算2勝0敗、入場者数33,915人、通算入場者数67,674人。

関連ブログ記事:
阪神タイガース2連勝/えり~なの小悪魔日記

© 2008, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008年開幕戦 阪神は横浜に勝利

プロ野球の季節。

一足先に開幕していたパシフィックリーグに続き、セントラルリーグも2008年3月28日に開幕。

阪神タイガースは、京セラドーム大阪で横浜ベイスターズと対戦。

4回裏の金本のタイムリー三塁打などで、阪神が逆転し、4-2で勝利。
金本は三塁打の際に全力疾走。足の故障は完全に治ったようである。

第1戦、第1日、ホームゲーム、1勝0敗、入場者数33,759人、通算入場者数33,759人。

© 2008, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 17, 2008 - February 23, 2008 | Main | April 6, 2008 - April 12, 2008 »