« October 19, 2008 - October 25, 2008 | Main | November 2, 2008 - November 8, 2008 »

Wednesday, October 29, 2008

最近気になった本

書籍:高血圧は薬で下げるな! /浜 六郎
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4047100161/
書店で気になって手にとって見た本だが、Amazonのカスタマーレビューを読む限りでは、この本の主張だけをまともに信じないほうがよいのかな? 医学は専門外なので、そのあたりの判断も難しい。

書籍: デキる上司は褒め方が凄い/日本語力向上会議
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4047101494/
まあ、こういう本も気になってしまう。ところで、日本語力向上会議っていう著者名なのだが、こういう、著者の個人名が前に出てないのはあまり好きじゃないな。今年の7月に出たばかりなのにランキングが20万位台(本日現在)というのも、低すぎる気がしたり。

© 2008, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

リチャード・ドーキンスがロンドンバスに出す広告

Prof Richard Dawkins drives support for London's first atheist bus advert

URL:
http://www.telegraph.co.uk/news/newstopics/religion/3229106/Prof-Richard-Dawkins-drives-support-for-Londons-first-atheist-bus-advert.html

Richard Dawkins。いろいろやってる。まだ目が離せない。

© 2008, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

逆から考えてみる

世界中の株や債券や外貨やコモディティや不動産などが
ほぼすべて同時に下がっているという状況。

こんなときは、あわてて動かずに、
買うタイミングが来るのをじっと待っていれば良いのだが、
それで、今さっき、ふと思ったのだが、
世界中のすべての資産の価値がすべて同時に下がってる
ということは、逆に言うと、
日本円の価値が非常に上がっているということ。

ってことは、株で損している分よりも、
円を持っていることによって得している分のほうが、
何倍も何十倍も大きいともいえるわけで(←自分の場合)、
これはもしかしたら、非常に喜ばしいことなのかもしれない。

(でも、その実感はわいていないが)

© 2008, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, October 27, 2008

関西学院大学-京都大学 無敗同士で11月1日に対戦

2008年アメフトシーズンもヤマ場にさしかかってきた。

関西学生リーグ1部のほうでは、全チームが4試合ずつを終え、その結果、関西学院大学ファイターズ、立命館大学パンサーズ、京都大学ギャングスターズの3チームが無敗。但し、京都大学は、甲南大学に引き分けており、3勝0敗1分と、関学および立命館の半歩後ろを行く。

しかしながら、今年は、近年になく京大の意気込みが感じられ、面白い展開になっている。

その中、関西学院大学と京都大学は、11月1日14時から、西京極陸上競技場で対戦。伝統の対戦が楽しみである。

© 2008, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, October 26, 2008

「くりっく365」新システムのスタートは多難?

明日、2008年10月27日(月)に取引所為替証拠金取引(通称:くりっく365)がリニューアルし、新システムがスタートする。

最近のFXブームの中、この新システムの稼動は、長く待ち望まれていた。

しかし、結果的には、最悪のタイミングで新システムのスタートを迎えることになる。

周知の通り、先週後半には為替相場が大荒れ。日本円以外のほぼすべての通貨が急激な大幅安となって週末を迎えている。外貨(円以外)をロングポジションで持っていた投資家の中には、証拠金不足でロスカット強制終了を喰らってしまった人も多いだろう。

新しいシステムでは、様々な機能追加が行なわれるが、何といっても大きな目玉として目論まれていたのが、トルコリラや南アフリカランドなど、いわゆる新興国通貨が「くりっく365」でも取引できるようになること。これらの通貨は、過去数年、高金利通貨としての人気が高く、外貨預金あるいは外債投資の代わりとしてFX取引を行なっていた投資家も少なくない。

しかし、USドルやユーロや英ポンド以上に、これらの新興国通貨こそが、今、急激に下落している。例えば、政策金利16%~17%台で推移していたトルコリラは、2008年8月下旬ではまだ92円台であったのが、10月25日(土)朝(日本時間)の時点では、54円台まで下落。つまり、TRY/JPYレートは、たったの2ヶ月弱で40%以上も下落した計算である。

さらには、あるFX業者(「くりっく365」ではないが)は、顧客に対して次のような趣旨のメールを顧客に対して送付している。
1)TRY(トルコリラ)、ZAR(南アフリカランド)、HKD(香港ドル)、MXN(メキシコペソ)などの新興国通貨の流動性が極めて低下している。
2)10月27日以降、カバー先からのレート配信がなくなり取引不可となる可能性がある。
3)同様に、ロールオーバー不可となり、強制決済される可能性がある。
4)このため、証拠金も引き上げる。大幅な引き上げになる通貨ペアもあり得る。

あっさりと書かれているが、その内容は驚愕に値する。つまり、これらの通貨については、取引システムそのものが機能しなくなる(無くなるに等しい)可能性があると言っている。いくら低レバレッジでポジションを維持しようと思っても、ロールオーバできずに強制決済されてしまう可能性があると言っている(現時点では、あくまで可能性に過ぎないが)。多くの人にとって想定外の事態だろう。

このような中で、くりっく365の新興国通貨取引が無事にスタートできるのか、充分に注意を要することであるし、明日のためにシステム投資をしてきたはずのFX業者が経営的にこの難局をいかに乗り切るのかも、注目すべきだろう。


追記:
更なる情報によると、予定されていた通貨ペアの拡大のうち、一部の通貨ペアの取引は実施除外されているようである。


© 2008, zig zag road runner.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 19, 2008 - October 25, 2008 | Main | November 2, 2008 - November 8, 2008 »